9/28北那須・甲子旭岳(赤崩山)、ついでに藪漕ぎ付きの周回

 
 2008(H20).9.28(日)晴れのち曇り

 【行程】甲子峠(標高1400m)~甲子山(標高1549m)~分岐~甲子旭岳山頂~稜線から坊主沼へのガレ場の下り深い笹藪漕ぎ~坊主沼・避難小屋~新道~甲子山~甲子峠


                      速報記事は → コチラ

      甲子林道通行のリスク&前日の大白森山記事は → コチラ




***********************************************

 旭岳(赤崩山1835.2m)について
 那須連峰の北部縦走路で一際目立つ山が旭岳(赤崩山)である。ピラミダルな山容、山頂付近がガレてアルペン的な風貌を見せ、尾根の西にある反射板(電波用らしい)が目印になっている。・・・この山には基本的に登山道は無い。が、しっかりした踏み跡がある。標識には「旭岳への登山道はありません」と記載してある。あの登高意欲をそそられる山容から、多くのファンが登ることによりいつの間にか道が出来てしまったと理解する方が良いのかもしれない。山頂には大展望が待っている。
 以前、坊主沼避難小屋からガレ場を直登、旭岳南肩の稜線に出る踏み跡があったが、今では、猛烈な藪と変わり、ルートの跡形も無い。

***********************************************



                      南稜線からの甲子旭岳山頂部
画像




 甲子峠から少し戻り、南へ甲子山に続く那須連峰北部縦走路がある。
「注意 旭岳への登山道はありません」と標識に記載され、旭岳登山は自己責任の領域。

 AM6:45標高1400mまだ稜線の雲が晴れない甲子峠に駐車。甲子峠から南へ甲子山の看板を見て登山道へ入る。コチラの登山道も草刈済(甲子山まで)。

 初めのピークから甲子山を眺める。正面にはこれから登る甲子山や旭岳(山頂部は雲の中)が見える。山腹の紅葉はまだまだ。
画像



                            枯れ木のモニュメント
画像


 樹林帯の中を旧来の甲子峠分岐まで進む。甲子山の東斜面をトラバースするような道のり。

 分岐までは大きなアップダウンは無く、笹刈跡も有難く、平坦で歩き易い。

 AM7:33標高1410m甲子温泉からの道を合わせる。峠から甲子山頂まで、登山道は整備されている。

 右に折れここから少しガレた登山道を登る。紅葉はまだまだ、麓は晴れ、小休止。

 AM8:00-08標高1549m甲子山、山頂広場は無人。主図根の石柱。小野岳・二股山も見える。大きな標識と展望図が置かれ、南側には旭岳が大きく聳える。岩肌は赤くガレていて「赤崩山」の別名はここから来ているのだろう。
画像


 よく見ると東側の尾根には道らしき筋が山頂まで続いているのが判る。
画像


 もう一つ先のコル・展望台も静かで居心地のよい場所。ウメバチソウ・ミネウスユキソウを見つけながら、をジグザグ下る。樹林帯に入ると平坦になる。






 AM8:21標高1480m分岐。登山道は2つに分かれる。右が廃道となった旧道、左が坊主沼へ直接向かう新道。旭岳に登るには旧道を進む。
画像


 初めは笹が高く藪がかかり整備されていないものの、迷うほどでもない。歩くに支障はない。
画像





 少し登ると「水呑場看板」、水場は右へ下る(往復15分)。前回(晩秋)は美味しい湧き水が流れていた。今回はチェックせず。
画像





 AM8:45、尾根伝いに土の急斜面を登る、新旧絡まっているロープ数本のザレ場。
画像







 平坦なところに出れば(標高1610m)旭岳・坊主沼旧道分岐にて休憩。左は旧縦走路・右は旭岳への道に分かれる。甲子峠・林道、大白森山の展望がよい。
 真っ赤にペンキで塗られた立ち木が目印、いまや使われていない笹が被る坊主沼への旧道よりも愛好家が歩く踏み跡の旭岳直登ルート入り口の方の道がよくこなれている。
画像







 二週間前に歩いた甲子トンネル入り口の赤い橋が見えてきた。
画像





 ここからは樹林帯を出て踏み跡は傾斜を増し潅木を掴みながらぐんぐん高度を稼ぐ。やがて草付きのいやらしい急斜面となる。昨夜までの雨のため足場は滑りやすい。登りは何とかなるものの下りは大変だろう。
画像




 AM9:10-15標高1675m山頂直下の展望台お花畑も、ハクサンフウロ・ミヤマダイコンの葉、タカネバラの実・ハクサンシャジンの実、タカネマツムシソウの枯れ花、大峠界隈の高山植物群を彷彿させる秋色の葉っぱ達。
画像




 左右が切り立ったヤセ尾根に取り付く。山頂を見上げながら一歩一歩急坂を登る、坊主沼が眼下に見える。今建替え中の茶色い小屋の脇に青いブルーシートが見える。
画像


 イワツバメが飛び交う。山頂まであと一息。

 草や潅木につかまりながらの最後の急坂。先ほどよりは斜度が緩いので楽だ。シャクナゲの群落の中を登り詰める。
画像




 AM10:10-15、久しぶりの甲子旭岳(赤崩山1835.2m三等三角点峰)山頂。黒羽山の会で付けた山頂を示すプレート。旭岳山頂の展望。南には流石山から三倉山。斉藤山。男鹿山塊。三本槍岳への稜線。北側は雲海になり二岐山。猪苗代湖。
画像




 稜線の紅葉始まり。藪道を南側のハイマツの海を確認して、来た道を戻ろうとも思ったが、紅葉の南側稜線に誘われるように尾根沿い、三本槍方面、極彩色の南稜線を進んでみる。

※注意!南側稜線への道はありません、旭岳山頂部から坊主沼への道はありません、酷い藪漕ぎです。一般的には往路を戻ります。


 ハイマツのトンネルから、なんとなく古い踏み跡が残っている感じがする。藪尾根、タカネバラ他棘の潅木(ヒロハヘビノボラズ?)に注意しないと痛い目に遭う。見事な紅葉、曇天ながらも付近の展望もあり、静かな山頂稜線の途中で休憩。
画像


画像


画像




 振り返ればあっという間に旭岳山頂は高くなってしまった。
画像







 AM11:00標高1735m、古い記憶を頼りに、南稜線から離れ眼下の坊主沼側、ガレ場から藪伝いに笹薮を下りる。あっという間の急降下。
画像




 AM11:06-25標高1710mガレ場で休憩。真上、上部稜線に人の話し声がする。
 古いルートはすっかり藪化。ここまで降りるとと旧道をめざし坊主沼避難小屋への最短薮原を下山するしかない。
画像


画像




 深い笹とダケカンバ藪へ突入。下りなので押し倒せる笹はまだいい、蔓が足に絡んで先に進ませてくれない。予定外の猛烈な藪漕ぎで、綺麗な夏用雨具ズボンも笹の埃・アクで真っ黒になる(藪漕ぎ用ズボンを用意しておけばよかった)。
画像


 数十分、藪と格闘、笹の中に旧道跡を見つけ、一安心。

 AM11:52標高1585m、見覚えのある「旧道新道」看板、分岐着
画像





 AM11:53-12:00標高1580m、工事資材が置かれた無人の坊主沼避難小屋前広場。鐘を鳴らす。昼食・大休止。お湯を沸かす。帰路用のテルモスの紅茶も作る。
画像


 小屋内の山看板二つ、蛙バージョンと美しい山バージョンは健在。今は小屋作業の方の宿泊炊事道具で小屋内のスペースは狭くなっている。

 紅葉の兆しも見えない無い坊主沼湖畔(エゾアジサイが綺麗)。
画像


 新小屋工事現場もようやく基礎工事が始まったばかり。これでは年内一杯かかるだろう。紅白吹流しの奥に、旭岳山頂部が見える。

 食後、荷物をまとめ、現役最後の年となるであろう避難小屋に別れの鐘二つ鳴らし、出発。
画像


 通常の縦走路でもある「新道」コースは泥濘が多い道。笹の草刈も無く、歩きにくい事このうえない。工事関係者の往来の為?まめに取り付けられたピンクのリボンが恨めしい。

 小屋新築よりも登山道整備の方が有難いのだけれど・・・。ここの新道歩きは長靴が楽だろう。


 ブナ林の良く残っている支尾根から急坂の下降、ブナ林山腹トラバース、小沢三本を渡る。泥濘が続く。気をつけていても泥に足がはまって泥だらけの靴。


 PM1:45標高1480m、朝の旧道新道分岐に戻る。

 PM2:05-11標高1549m甲子山山頂、甲子温泉からの往復ハイカー一組が休憩中。腰を下ろし小休止。

 甲子山山頂から少し下ったところに近道の目印を見つけ進む。旧甲子峠を通らずにショートカットできる。ぐんぐん下降、堀状の道を見つけて、PM2:30標高1420m甲子山山腹トラバース道と合流。

 甲子峠方面から軽装の数人と交差。相方の足首痛が出てきたので、ゆっくり歩く。

 PM3:15標高1400m甲子峠林道の登山口。車数台あり。荷物の整理・着替え。


 休日の行楽帰路渋滞が予想され、時間調整。「ちゃぽらんど西郷(PM5:00からは400円)」で入浴休憩。信号の少ない山道ルート、甲子道路・那須ボルケーノハイウエイを使う。国道沿いの290円ラーメン(大盛り390円ラーメン)の夜食。

 夜、無事帰宅。






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。






sony style

ブックオフオンライン

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。




この記事へのコメント

2008年10月02日 08:10
甲子山
夏に那須岳登りました。すぐ隣にあったのですね(*^^*)
楽しそうな山ですね~♪紅葉も少し始まっているのですね!
今度 那須岳に行ったら 甲子山へも行ってみたくなりました。
2008年10月02日 17:21
やまと様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 おおっ!この地味山に興味が湧きましたか!。やはり新潟の岳人とテントミータカ好みが似ているのでしょうか?(笑)。甲子温泉側からですと車も安心です。那須岳よりも静かですから、機会がありましたら、ぜひどうぞ。
やまとそば
2008年10月02日 18:10
甲子旭は、7~8年前の3月、積雪期に登りました。
坊主沼は完全に雪の下、一泊の山行でしたが、頂上へのアタック?はピッケルを駆使し、何とか登りきった思い出があります。
甲子方面は、沢登りと何故か積雪期ばかり行っています。
紅葉、始まりましたね~。
土曜日もまた仲間と行ってきます。
りきまる
2008年10月02日 21:39
5年前の秋,甲子温泉から甲子山,旭岳と登り,坊主沼に降りようとヤブ漕ぎしましたが,結局30分ほどで敗退し,往路を戻りました。あのヤブをクリアできるとは,さすがですね。甲子トンネルも開通し,これからは登山者も増えるのでしょうか。静かな環境が保たれると良いですね。
2008年10月06日 17:28
この週末の山の参考にさせてもらいます。
めざせ会津百名山。まだ百名山病から卒業していませんね。
2008年10月06日 19:46
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

やまとそば様
 雪の旭岳ですか!。私達は北那須は秋ばかりです(笑)。雪の季節は、白河高校の悲劇が思い起こされて、どうも・・・。どの山でもあてはまると思うのですが、雪の有る時と無い時では、別山ですね。まして、沢なぞ・・・。

りきまる様
 あの稜線、ヘビノボラズの針は強烈ですね~!!。十ウン年前の記憶を頼りに、強引に下りましたが・・・大変でした。
>甲子トンネルも開通し,これからは登山者も増えるのでしょうか。
地味な山域ですからね~(笑)。一時的には増えても、すぐにもとの静けさに戻ると予想しています。

(続く)
2008年10月06日 19:52
(続き)
さすらい人様
 自己責任(=自業自得)コースですが、踏み跡もはっきりしているので、さすらい人様には、容易なコースだと思います。さすらい人様はピークハンターなのは重々承知しておりますから、まだ、未踏なのは意外にも思っています。今週末、天気が良いといいですね~。私達も日光・那須・会津界隈、また歩こうかな・・・(遠出は混みそうだし~)。