11/15、高陽山(こうようざん)@西会津町

 

 まだ白い山に入る気分になれず、ゆく秋を惜しみ、会津の里山ハイク二日間。

 
 2008(H20)11.15(土)晴れ

 土曜日は、残雪期に人気の展望の山、福島県西会津町と新潟県阿賀町の県境の山、高陽山(こうようざん標高 1126.5m )へ行ってみる。


                         砂防ダム付近からの高陽山
画像



 福島県西会津町も徳沢駅まで乗り入れるのも、飯豊の弥平四郎口・鏡山の時にしか通らないので、緊張する。

 奥川郵便局から右折、高陽根(かやね)地区の中ノ沢集落入り。要所に明快な「高陽山」の案内板があり助かる。

 消防屯所の先、シーズン中は林道のゲートが閉まっているが、今日は開いている。

 ゆるゆると林道の奥まで車を乗り入れ、砂防ダム付近の少ない空き地に駐車する。

 青空で付近の雑木林の紅葉も見頃。

 標高410m、お湯を沸かし、朝食、テルモスのコーヒーも詰めAM8:30出発。

 数分後、登山口の小さな駐車スペースは二台の車で満車。

 砂防ダムを見て、背の高いススキの中のぬかるんだ山道。

 木の橋を渡り、杉植林地と雑木林の中を進む。

 AM8:50簡易水道施設前にて休憩
画像



 この先の十五夜沢沿いの林の中、紅葉が綺麗、降り注ぐ日差しの中、輝きを増す。
画像



画像



画像






 AM9:15ブルーシートに覆われた水源地、この水を浄水場まで引き地区の水道へ供給している。近くに
熊除け用の釜が吊るしてあるが、音が出ない。
画像




 AM9:21中ノ沢造林組合の立ち入り禁止看板通過。
画像




 ナラの森が切れ、ワラビぼうぼうの伐採地へ出る。



 また杉林が出て、その先はブナの森に変わっていく。


 AM9:50ブナの森にカラ松が混じり、高度を稼ぐごとに木々が落葉して晩秋の様相を見せ始める。
画像





 ブナの森の急坂は、迷う道ではないが、足場は落ち葉と乾燥しきった斜めの道で、アキレス腱が伸びきってしまい、非常に足が疲れる。
画像




 先行者に追いつきそうになるので、途中で、休憩を多めに入れる。

 尤も、一本調子の登りなので、適当なところで休みを入れなくては、足が攣りそうになる。

 
 AM10:30周囲のブナ林も、落葉。青空に、山頂の展望が楽しみ、黙々と歩く。
画像



画像






 斜度が緩み、平坦になってくる。



 AM11:19先客のペアが休む山頂に石祠、二等三角点 、BSアンテナに書かれた高陽山の看板 。
画像


画像



 木の枝の刈り払いからチラッと見える飯豊の白い屏風は大日岳(だいにちだけ)あたりか?
画像





 まだ時間もあるので、さらなる展望を求めて、先のブナ林の方へ藪漕ぎで行ってみよう。


 ・・・が、一漕ぎして行ってみたものの、潅木の中で展望は得られず。


 とはいえ、ひと気のない、落葉したブナ林と潅木、ふかふかの落ち葉の絨毯での昼食休憩も悪くないので、ここで、大休止。

 ※ここでテントミータカ一号、片足が痙攣し、暫し苦痛に耐える。



 AM12:50ラーメンの昼食・コーヒー、テントミータカ一号の足も落ち着き、無人の山頂へ戻り、記念撮影。下山。



 ブナ林の急坂の下山路は、落ち葉と土ぼこり気味。

 乾燥注意報がでていそうなカラカラ道、注意しないと足が滑って危ない。

 ふと、西上州の里山歩きを思い出す道の様子、木の枝や笹につかまりながらの下降。




                           PM1:35杉林に戻る。
画像





 立派なシロスジカミキリ、オヤマボクチの実、タケシマランの実、など観察・・・・




                      沢筋の紅葉を愛でながらゆっくりと下る
画像



画像




                            砂防ダム脇、登山口は、もうすぐそこ
画像



 PM3:10駐車地着。山中、三人と交差。予想よりも静かで、沢筋の紅葉も楽しめて良かった。


 下山後の温泉は、町道で山道を越え、西会津町・野沢の「ロータス・イン」400円にて入浴休憩。




                          翌日は → 会津三島町雨の三坂山(みさかやま標高831.9m)

 

 

 

 
 



 




人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。




ワコール

sony style

アウトドア&フィッシング ナチュラム




この記事へのコメント

2008年11月17日 18:52
テントミータカさんの記事見て、早速登ってきた木地夜鷹山から高陽山が遠望できました。大日岳の手前に端整な三角形の山容が印象的でした。
高陽山は未登の山なので、来年にでも登ってみたいと思います。記事拝見すると飯豊の展望を期待するなら残雪期のほうが良いでしょうね?
2008年11月17日 21:08
SONE様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 そちらの記事で、山座同定も楽しめ、二週連続で登ったような気もして、楽しませていただきました。高陽山は残雪で硬雪、藪が雪ノ下の飯豊の展望が秀逸で、記事も多いですね。鏡山もチラッと脳裏を掠めたのですが、そちらは大賑わいかなと、高陽山にしました。葉っぱが落ちても・・・山頂からの展望はイマイチでしたね(笑)。静かに山麓の紅葉が楽しめましたので、これで良しとします。・・・・残雪期のSONEさんたちの記事を楽しみにしています。
 
2008年11月17日 21:26
高陽山、お疲れさまでした。ここのブナ林は、良いですね。冬に眺めると、黒森山という別名のように、ブナ林によって黒々とした姿を見せています。残雪気は、隣の高森山が大日岳の展望台で素晴らしいですよ。雪山も間近になりましたね。
2008年11月17日 23:18
さすらい人様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 お~っ、高陽山積雪期のプロのコメントですね!。高陽山&高森山トットコ硬雪歩きの課題ですね(笑)。スノーシューの購入予定は遠くて・・・。