新潟・粟が岳(あわがたけ)・・・最近コレばっかり?「再訪の山」シリーズ

 文化の日がらみの三連休は、新潟の山へお邪魔しました。

 【行程】加茂市水源地、粟が岳中央登山道~山頂往復(砥沢ヒュッテ泊)

 飽きずに昨年と同行程ですので、コースタイム等の行程詳細内容をご希望の方は、昨年の記事をご参照されますよう、よろしくお願いします。

          昨年11/17-18の詳細記事は → コチラ


 以下、昨年より、若干、季節が早めの再訪なので、印象に残った風景を中心に写真ペタペタ記事です。
 ※念のため、四季折々、新潟県内の岳人に愛され登山道整備も良く、充分に日帰りできる山です。

                    速報記事は → コチラ

                           砥沢峰への登り
画像






 2008(H20).11.1(土)雨のち曇りのち晴れ

 雨の中、無人の登山口から出発


                               大栃平付近から
画像




                              三段アルミ梯子上
画像




 ・・・誰にも合わない初日の道中。丁寧に整備された登山道の様子を見るにつけても、登山道整備の方々の暖かい気持ちに触れながら歩いている気がして、少しも寂しくありませんでした。



画像



                               粟庭の頭付近から
画像




                            ようやく青空が見えてきました
画像




                 砥沢ヒュッテ手前、ナナカマド。この辺で紅葉の彩りもお仕舞い
画像





                             砥沢ヒュッテからの粟が岳
画像





               無人のヒュッテにお泊りの大荷物を置き、軽装で山頂に向かいます
画像



 急坂ひとのぼりで、北峰着。山頂は砥沢峰から先、三っつめのピークですが、ココまでくれば近いので、何とか頑張れます。
画像






 矢筈山塊の峰々の眺め、先週の御神楽岳の眺めと、嬉しいものです。
画像


画像




                  無人の山頂部(標高1292.7m広場)にて、ブロッケン
画像



  秋の日は短く、ヒュッテへの帰り道も急ぎ足





                           越後白山もくっきり見えます
画像



 こじんまりとして、いつも整理整頓された砥沢ヒュッテ(避難小屋)にて、星空・夜景も楽しみ、熟睡。




***********************************************




 11/2は、下山のみの、超ノンビリ行程。



                    目前の「粟庭の頭」、登山口の貯水池が見えます。
画像





                            またね、粟が岳さん
画像





               米山・弥彦・角田と、周囲の展望が良く、早々の下山が勿体ない気もします。



                               守門岳
画像








                             再び、錦秋の登山道
画像



画像



画像





 誰にも合わなかった昨日と打って変わって、大賑わい。山中、60人ほどの人達と交差しました。

 「テントミータカ」さんですか?」、おそるおそる声をかけてくださった「くるみ」さん、当ブログをご贔屓との事、お声をかけていただき有難うございます。




                          登山口も駐車の車で大賑わいでした。
画像



               下山後のサギ(某プロデューサーじゃなくて「鳥」だよ)&炭焼き記事は → コチラ




 明日の下越地方の天気が冴えないので、中越に移動します。


            栃尾の「あぶらげ」に舌鼓(並んだ甲斐があります
画像


 国道289号線経由、途中で車中泊。


             翌日の 魚沼市(旧小出町)11/3大力山の記事は → こちら






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。






sony style

ブックオフオンライン

アウトドア&フィッシング ナチュラム


この記事へのコメント

2008年11月05日 23:36
ほーんと!青空がのぞいていますね~
我が家の新潟撤退は早まったかな。。。
ブロッケン現象って体験した事ないんです。
いつかは体験したい事のひとつです。
2008年11月06日 01:18
新潟の人間は長野へ出かけ、他県の方が新潟へいらっしゃる(笑)
粟ケ岳は最近は下田からばかり登っていて、いつか加茂から何年振りかで行ってみたいと思いつつ・・・
加茂や三条を通り過ぎて県外へと車を走らせてしまいます。
今度、近くの山へ行こうっと!!
ミータカ様は花に、木々に、虫にそして鳥までも~~~
岩合光昭さんが顔負け~~~
スンゴイです!
2008年11月06日 18:36
今晩は!
越後の山にようこそいらっしゃいました。
粟は大好きな山の1つですが、こうやってミータカさんのレポを拝見するとますますそれを確信します。
だけど、最近ご無沙汰気味、もっともっと登ってやらなくちゃー嫌われますね。
川内の山々を興味深く眺めていました。
もうじき雪に覆われますが、残雪季にはと思いを馳せております。
2008年11月06日 21:01
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

mikko様
 ね?歩き始めは雨でしたが、すぐに止んで、正午前から青空が出ましたよ。この日は寝坊山行で丁度良い日でした。白馬や北岳でのブロッケンは経験しているのですが、私も粟では初めてでした。これからいいことがあるのかなと淡い期待が(笑)。

noritan様
 粟薬師からですよね。残雪期に一回行ったきりで、・・・砥沢ヒュッテが遠いので(笑)。私は来年、粟薬師の方、行ってみよう。

甘納豆様
 甘納豆さんの行きたい山が沢山あって、粟の出番が少ないんでしょうね。「隣の芝生」と下山後のお楽しみもあって、私は谷川岳よりも粟の方が多く歩いています。海が見える山はいいですね~。矢筈いきた~い。
くるみ
2008年11月06日 23:08
は~い、おそるおそる声をかけさせていただきました。小心者なので(笑)
優しい笑顔忘れません。栃尾の油揚げに七谷のお風呂、まるで新潟人ですね。
今が旬のピンクの食用菊(柿の素)もゲットしましたか?シャキシャキの歯ざわりとほんのりほろ苦、秋の味です。
2008年11月07日 12:38
くるみ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 先日は失礼しました。お声をかけていただき有難うございました。怖く無かったでしょう?(笑)。ピンクの「柿の元」ですか!、食べた事がないので次回ゲットしてみますね。また新潟の山でお会いできるかも知れませんね、今後ともよろしくお願いします。