派遣社員切り&行政支援について愚痴グチ・・・

 
・・・・今日は土曜日ですが、仕事の都合で、山へ行けません。


 警告、以下、テントミータカが、愚痴グチこぼします・・







 ※まぁ、テントミータカブログを読むお客様の動向としては、休日はお外に出ているようで、ブログ閲覧数もがっくり減ります。悪影響は、限定的でしょう(笑)

















 再警告。以下、愚痴グチなので、不快な記事かもしれません、その手の記事が嫌いな方は、スイマセン、読まないで下さい。




























 派遣社員の契約は、仕方がない(法的には問題ない)と思います。利益を追求する企業はボランティア会社ではありません。昔、派遣社員がいなかったときは、労働費削減の手段として減給&ボーナスカット、役職クラスや50代以降の正社員への早期退職勧告、全社員の希望退職などで、乗り切ってきました。今は、それ以前の、そのための派遣契約の行使ですから、私は、派遣をきる企業を責める気にはなれません。

 日本の雇用が大問題になり、あと1ヶ月で社宅を出なければならない、解雇されるという人たちの問題をマスコミは大々的にとり上げています。派遣会社の問題はありますが、契約期間が切れるのは、始めからその人たちには分かっていたはずです。どうして不況になったからといって、急にマスコミはそれを大問題にするのでしょうか。

 不安定な雇用状況はその人にとって大変ですが、企業にも生き残りをかけた戦いがあります。マスコミの言うように「誰でも雇い続けて社宅を与える」ようなことになれば、会社は潰れ、正規労働者共々、皆が職を失います。そういうことを マスコミは報道しません。だから何でもかわいそう、という論理がまかり通ります。

 一体、どこの国で、自分の国の失業者が溢れようというときに、外国人労働者を厚遇するのですか。職を失ったら帰国させるのが一般です。それではかわいそうだというのなら、彼らの労働力によって利益を得た企業が責任を負うべきでしょう。

 職を失うのは誠に気の毒な話ですが、契約期間を過ぎて解雇されるのは、派遣会社から臨時に送り込まれた労働者なら承知のはずです。社宅に入るのも、その会社で働くから社宅であって、その会社と関係なくなった人に居座られては困るでしょう。

 ちょっと待って下さい!公営住宅に入りたくて、何度も抽選に落ちている人が沢山います。苦労してアパート代を払いながら、次のチャンスを待つのです。ところが大分県のある市のように、派遣された会社が業績不振で契約切れ以降は再契約しない、となると市の臨時職員として働かせ、公営住宅に入れるというのです。

 えっ?市営住宅は余るほどあるのですか?。数ヶ月から1年後に、臨時に市の仕事を得た人は、確実に別の働き口を見つけ、市営住宅から出て行くというのですか?多くがまた無職となって居座るのは目に見えています。

 市の仕事をしたい人は、他にもいるのに、 どうして派遣会社から企業に送り込まれ、解雇された人たちだけ、特別待遇するのですか?彼等が市の仕事が終わりとなって「ハイ分かりました」という人は、一体どのくらいいると考えているのでしょうか?。派遣されているのを知りながら文句をいう人たちですよ。キチンとした人は、既に次の生活や寝泊まりする場所など考えていますよ。


 派遣社員の口しか仕事がなくて(求人広告をみても、雇う会社も必死です、求人応募者の年齢は若く(「年齢不問」は当てになりません)&職能の高い人を要求します)。ですから、仕方なく派遣待遇で正社員と同じ仕事をしている人も沢山いるのでしょう。でも、悲しいかな・・・派遣は派遣、アルバイトなんですよ。景気減速不況の時代&雇用危機意識を強く持っていた人は、派遣社員になっていなかったはずです。



・・・20年・9年と続けて二回も勤めていた会社が潰れたという、気の毒な正規雇用の人が身近にいますけどね・・・・・

 今のこういった不景気のことを考えないで、国が企業寄りの姿勢をとり、正規社員と同じ作業労働に派遣社員を使う事を認めたツケ(派遣法改悪)が回ってきたのでしょう。派遣が減った分、次は残った社員への負担が否が応でも増大します(賃金カット&サービス残業など)




 これからのことですが・・・

 企業・国の制度として、派遣社員に限らず、失業・求職者への職業能力開発(日当付)の教育システム(今ある若年者トライアル雇用の拡大・企業とのタイアップ大いに結構)の確立。

 正社員とパート社員の待遇格差・身分格差のハードルを下げるべき(給料を下げろといっているわけではありませんよ)です。派遣社員の正社員化への支援とフルタイム労働者(正・パートを含む)がワーキングプアに成らない様にする支援だと思います。 また、フルタイム働く意思の有る人を、フルタイム働けるように支援するのがよっぽど意義が有ると思います。(育児所・託児所の整備など)。

 法律的には「派遣だから仕方がない」で終わらずに、もっともっと世論として、今の派遣法の改正(派遣業者が人を集めるて登録させるにしても、その派遣業者の社員として一般企業会社並みの雇用条件を維持する事とか)を求めるべきでしょう。

 国民&領土を守れない国など、国ではありません。





  ※ 1/8その後の派遣村&政治家発言撤回報道の私見記事をアップしました → コチラ






                   言いたい事いわせてもらって・・・・スイマセン
画像






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

sony style

ブックオフオンライン





この記事へのコメント

2008年12月20日 18:58
確かに不愉快に思う方もいるでしょうね。

しかし私もその通りだと思います。契約・
派遣社員は、もともといつ切られるか分か
らないリスクを背負っているわけですから、
自己責任の範囲内だと思います。
切られた瞬間に生活が困難になるというの
は少しおかしな話なのでは。

市の臨時職員の話も、心情的にはわかるけど、
ちょっと違う様な気がします。

例えば、福祉作業所なんかも、この不況の煽
りで仕事が廻ってこなくなり、そこで働く障
害者は賃金が貰えず、一日の食事を数百円で
賄わなければならなくなった方が多いと聞き
ます。
救うべきは、自己責任でリスクを回避する術を
持たない障害者だと思います。

とは言え、ここまで経済が崩れることを誰も予想
しえなかった訳ですから、自己責任というのも酷
な話なんですけどね。
2008年12月21日 13:30
最近、山もブログも遠ざかっています。
様々個人的事情で。
今回のミー様の記事、大きい声では言えませんが、私も賛成するところあります。
私事ですが、娘が東京の専門学校を卒業後、某大手流通業界のIに就職したのですが、関東某県に赴任させられて、辞めて都内に戻ってきた時には派遣しか仕事がなく、しばらく派遣していました。
が、派遣では未来が無いと、派遣⇒契約社員⇒出向先会社の正社員登用試験⇒現会社の正社員と自己努力で「派遣脱却」をしました。
その辺の経緯は「都内一人暮らし」を維持したいと思う「努力」だなぁ~と全く、ダメな親としては感心したものでした。
すみません、個人的話でした。
2008年12月21日 22:20
皆様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 
furyo-ojyaji様
 だらだら文の私の記事をさらっと要約された簡潔なコメント前文、有難うございます。私も見習いたいものです。福祉作業所の事、コメントいただくまで全く考えておりませんです。こういう時だからこそ、優秀な人材を採れるチャンスを張り切っている企業もいるようですよね。
 私は今回の派遣社員本人の仕事・職業に対するリスクのとり方が甘かったと思っています。もっとも、正社員雇用だとしても一ヶ月前の解雇の事前通告があるという事で、会社が潰れてしまうと元も子もなくなっちゃう話ではあります。

(続く)

2008年12月21日 22:22
(続き)

noritan様
 まぁ、こんな事を、声高に言うと人非人扱いされかねない報道の様子です。こちら個人ブログですので、「なんか?」と思いましたので、ぐちぐちと・・・(笑)。
 身近に経験者がいらっしゃたんですね。私も職業訓練に通っていた頃、派遣や業務請負の仕事も考えました。同じ教室に通う「元派遣社員」の方に、様子を覗った事があります。その方の話によると、登録は簡単、仕事は派遣会社が持ってくるので、求職活動は楽。派遣先がない(仕事がない)自宅待機時は無給。それが続き、生活が大変。家族もあり、安定した身分ではないので、自分のスキルをあげて直接雇用の仕事につきたいとの事でした。
 今の行政の関わりかたは、どういった人に対し「生存権」「生活保護」として考え動いているのかどうか?どういった判断基準?が、私にはいまいち不明で。
2008年12月22日 14:44
ご無沙汰でした。
百年に一度の大不況、困ったもんですね。非正規労働者の皆さんには誠にお気の毒、しかもこの寒空の年末なのに・・・。
契約期限切れにより派遣や有期限労働者を解雇した企業を責める声は、あまり聞きません。解雇された人達が、企業の前でシュプレヒコールするのは仕方がないですが。
責められているのは、期限内に解雇した企業ですね。利益は出ているのだから、その一部をホンの少し減らして、満期まで雇用するべきだという声ですね。
2008年12月22日 14:46
続きです。
さはさりなん、しかしこうもたくさんの失業者が世間に溢れれば、犯罪多発などの社会不安は増すばかり。なんとかせにゃならんというのが、今の情勢ではないでしょうか?
どんな事でも、今までもあったんだけど騒がなかった。それが多くなれば騒いだり、対策が図られる。これが世間の浅ましさとでも言うべき現象なんでしょうね。
今回の事ではあまりの数の多さで、次に来るであろう”大きな社会不安”一番心配です。

派遣者を企業活動の調整弁にするだろうという心配は、法制定の時からあったんですね。だから言わんこっちゃない!。 ”過ちを正すに憚る意ことなかれ”、今からでも派遣労働者のセーフティネットを整備しないといけませんね。
企業城下町的な自治体を中心に財政悪化に陥り、役所の臨時職員たち(全国で50万人)の解雇に動き出す可能性だってあります。
こんな非常時に、KY総理を戴く日本は全く不幸です。やるべき手はたくさんあるのに、いたずらに時間ばかり経過していく・・・。

2008年12月22日 14:48
続の続きです。こんな長いの書いたの、初めてです。
どこで区切ったか、分からなくなりました。ダブっていたらごめんなさい。

派遣者を企業活動の調整弁にするだろうという心配は、法制定の時からあったんですね。だから言わんこっちゃない!。 ”過ちを正すに憚る意ことなかれ”、今からでも派遣労働者のセーフティネットを整備しないといけませんね。
企業城下町的な自治体を中心に財政悪化に陥り、役所の臨時職員たち(全国で50万人)の解雇に動き出す可能性だってあります。
こんな非常時に、KY総理を戴く日本は全く不幸です。やるべき手はたくさんあるのに、いたずらに時間ばかり経過していく・・・。

しかし、現実に足元に社会不安の心配を抱え込む自治体が、臨時雇用とはいえ動き出した事は画期的な事だし、一部企業が採用に踏み切っていくのも捨てたもんじゃないと思っています。
しかし、これらは緊急避難的なこと。この後の安定的な制度作りこそ、国の役割だと思います。 長文にて失礼しました。
2008年12月22日 16:46
山いろいろ様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。以下、議論ではなく私の感じたままにつらつらと・・・。
>契約期限切れにより派遣や有期限労働者を解雇した企業を責める声は、あまり聞きません。
 ・・今のマスコミ報道が偏っているのだと思います。期間終了でも期間途中でもひっくるめて「派遣解雇」→「派遣労働者が気の毒」と声高に報道されているように感じまして。大分の自治体や売却予定の雇用促進住宅への一時入居の対策も、いかにも美談のように報道されています。
 彼らを働かせるな、といっているのではありません。職を失う厳しい実情は十分に理解しています。が、市のお眼鏡に適わなかった人は、同じ派遣労働者でも何の恩恵も受けていないのです。
 また雇用促進住宅廃止決定済み住宅の既居者へは退去通知が送られてきている現在、その方達への配慮はどうなっているんでしょう?。

(続く)

2008年12月22日 16:46
(続き)
 我慢して、歯を食いしばる努力を重ね、物言わぬ頑張り屋さんは置き去りです。不公平とは思いませんか?。真面目な順番待ちは悲劇となってきています。日本人の美徳でもあった、順番待ち、キチンと並ぶという基本的な姿が、壊されようとしている気がします。・・・今の「マンガ太郎」さん&政府には期待できないな~。