12/27-28日光高山、雪山テント泊詳細

 
  
 今更ですが、諸般の都合により、昨年末最後の山歩き記録の詳細をまとめました。

 


                      速報記事・他の写真記事は → コチラ


 2008(H20).12.27-28
 【行程】栃木県奥日光、竜頭の滝上駐車場(標高1350m)~高山(標高1667.5m)往復
                                  (無雪コースタイム、登り1:30、下り1:00)

                     ・・・・↑へなちょこモード全開ですよ(遭難したくないし~)




                       山部3D山看板を見るとホッとします・・・・
画像



******************************************

 2008(H20).12.27(土)雪

 朝自宅で朝食、お湯を沸かし、ポットに詰め込み出発。朝の国道ドライブ。快晴の富士山を背に、雪雲のどっぷりかかる日光へ向かう。

 奥日光・戦場ヶ原界隈は降雪激しく、除雪作業車の往来。登山意欲がそがれる。駐車場にて仮眠、カップラーメンとパンの昼食。行き先の検討会。新雪ラッセルでも何とか雪の中でテント泊のできそうな、「高山」とする。

 標高1350m、「竜頭の滝上」駐車場にて準備。早くも車にツララ。路線バス・除雪車往来。
画像



 AM12:48麓用の車載アルミスコップを持参して入山。新雪ふわふわで、まだ、ワカン・スノーシューも役に立たない雪質。ラッセルといえども蹴飛ばして歩けるので、支障なし。積雪量ふくらはぎ程度。

 AM12:56鹿避けの扉から入場

 PM1:00標高1365m「N36度45分40秒、B139度26分56秒」幹にくくりつけられている看板、GPS用の緯度経度表示で物珍しい(この先、数箇所に表示)

 トラバース道は雪が埋まり、足で探りながらの通行。ここが以前珍しい雪崩事故が起きたところだろうか?

 道は凍っている上に新雪なので、このあたりはアイゼンを使う方が安心だろう。

 PM1:42標高1420m尾根に出る。稜線は、風が強く小さな雪庇も形成されている。吹き飛ばされて尾根の雪は少ない。
画像



画像



画像




 トレースなし、目印テープ類があるので迷う心配もなくいけるところまでと、ずんずん進む。冬の夏も歩いている短いコースなので、このまま突っ込んでも遭難の恐れはない。ラッセルを楽しみ、ハリセンボンのシャクナゲ葉っぱをみて冬山気分を満喫。
画像





 コメツガ類の針葉樹の林が気持ちよい。

 PM2:09「N36度45分34秒、B139度26分31秒」看板
画像



 PM2:34「N36度45分36秒、B139度26分13秒」看板「高山0.9キロ/竜頭の滝1.5キロ」道標。

 PM2:39わかりやすい登山道案内図「高山山頂まで登り20分下り20分」表示。

 最後の急坂は腰までの急坂ラッセル。夏道はジグザグ道で遠回り、適当に山頂を目指す直登のほうが効率が良い。

 PM3:36標高1667.5m高山山頂。久しぶりに山部3D看板とも再会。「N36度45分38秒、B139度25分49秒」看板


 積雪50~80センチ程の無人の雪原、高山山頂。降雪で展望なし。地吹雪が吹き付ける。適当に雪を慣らし設営、古い積雪はなく、柔らかい雪を掘り進むと枯葉の地面が出てくる。

 一時間ほどで冬フライも張り、極楽テント生活。気温最低冷え込みマイナス10,3度、テント内プラス15度で快適。
テントミータカ二号は熟睡で気がつかなかったが、夜中にカモシカがそばに来たらしい。
画像


一晩中降雪止まず、追加20センチ積雪。

*******************************************

 2008(H20).12.28(日)雪

 AM5:00起床、新雪をタップリまぶした大福のようなテント状況。
画像






 AM7:30撤収開始、AM7:54出発。



 昨日のトレースも半分は消えている。視界も悪い。慎重にマーキング類を見つけながら進む。
画像


 AM8:30標高1575mこのあたりから昨日のトレースもはっきり残って迷う心配もなくなる。テルモスの紅茶で一服。

 AM8:50「高山0.9キロ/竜頭の滝1.5キロ」道標、通過。

 AM10:06標高1350m駐車場着。積雪10センチ、大福と化した車。荷物の整理。


 帰路は経費節減のため、温泉入浴無し、雪のいろは坂をノロノロ下る。賑わう290円ラーメンチェーン店で昼飯。

 午後無事帰宅。










人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

sony style

アウトドア&フィッシング ナチュラム



この記事へのコメント

2009年01月04日 10:02
今日も自宅にいております。体重が増えてしょうがないです。
日光も雪が沢山積りましたね。
来週ぐらいはスノーシューに行きたいと思ったりしております。
2009年01月05日 17:50
えいじ様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

 昨年はえいじ様の記念となる年でしたね。私も年末年始は真面目に?歩いていないので、体がなまって、週末三連休の行き先、アレコレ悩んでいます。
 正月の平地からの遠望ですが、日光もぐっと白さを増した。スノーシューの出番でしょうね。楽しんできてください。今年もよろしくお願いします。
2009年01月05日 22:11
明けましておめでとうございます。本日やっとネットが再開通しましたので、遅まきながら新年のご挨拶でした。
昨年はブログでミータカさんと知り合い、大変有意義な年でした。
今年も宜しくお願い申し上げます。
ところで年末寒波が襲来している折にテント泊とは・・・さすが「テント」ミータカさんらしいですね~。
2009年01月07日 17:38
SONE様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。私のほうこそ、貴重な花情報など教えていただいて、楽しみが増えました。
 この記事のテント泊ですが、あまりの激しい降雪に「道端に(テント泊)しようか?」とヘナチョコ発言も(笑)。山頂まで届くつもりも無かったのですが、結構、ツボ足で歩けまして、山頂まで至っただけの事です。耐寒訓練・雪山テント訓練というと聞こえのいい?、「雪山遊び」ですね。