2/11、栃木の里山、「芳姫の墓」と谷倉山(やぐらさん)。ちょっぴり手強いミニハイク

 
 2009(H21).2.11…久しぶりの単独里山歩き。栃木市・「星野の里」にて谷倉山(やぐらさん)599.4m。静かなミニハイク。

 星野自然村の奥に鎮座する谷倉山(やぐらさん)標高599.4m。ずんぐりとした三峰山とは正反対のたおやかな雰囲気のこのアンテナ山にも登山道があるだろう。ネットで皆さんの記録を確認し、週半ばの休日は、セツブンソウ撮影とこの小さな山を歩く事にする。


                        山頂部はアンテナ施設の谷倉山
画像



 朝から「星野の里」にて咲き始めのセツブンソウ見物・撮影。数時間後、すっかり体が冷え切ってしまった。
画像

 


 2009(H21).2.11(祝日)曇り
 【行程】星野遺跡公園駐車場から「遺跡たんけん館」寒川コースより途中の小山芳姫の墓に寄る。尾根筋を東へ。 下りは山口沢コースを使い「星の自然村」裏手に出て、駐車場へ戻る。

 ※今回の行程はテープ類・踏み跡はあるが、普通のハイキング道とは言い難い過疎ルート。山の経験のない人が、立派な「芳姫の墓」道標を見て気軽に入ってくるとするなら、ここは充分に危険なエリアです。


 栃木市・星野地区。セツブンソウは咲き初めでロウバイもまだ蕾が多い

 AM10:57標高160m星野遺跡・憩いの森駐車場出発。

                      縄文住居復元園地、背後は三峰山
画像



 曇天の白い空に谷倉山山頂アンテナがみえる。「関係車両以外立ち入り禁止」林道に入る。
画像

 
 AM11:00標高170m地層たんけん館、「栃木市指定文化財遺跡小山芳姫の墓」立派な案内板
画像


画像


 地層たんけん館と林道山口沢線の分岐を左に、草だらけの林道を進む。
画像


 沢沿いに「小山芳姫の墓」への青い案内に従い薄い踏み跡を辿る。

AM11:15標高205m林道終点、「よしひめの墓この先」と書いた木の柱。「芳姫の墓この先570m」看板。
画像


 この先は沢に沿って登山道は伸びているが、途中、沢の中を歩くことになるが傾斜はきつくない。

 沢に土管二つ。「谷倉山」木の表示板
画像


画像



 AM11:24「谷倉山」「芳姫の墓」分岐、多分地図の歩道が示す谷倉山への古道が尾根へと導く小さな木の標識がある。

 今回は山頂よりも先に左手の沢沿いの「芳姫の墓→250m」を進む。

 左の沢を少し上る。「芳姫の墓→150m」、「芳姫の墓→85m」で沢道を離れ、右へジグザグ急坂の道を登る。
画像




 標高360m「芳姫の墓」着。暗い杉植林の中に荒れた墓がある。小さな石仏が祭られている。
画像


 この姫は小山城主11代の義政の奥方で、戦いに敗れて粕尾城にいる義政を訪ねて星野に来たとき食量袋を金袋と間違われ地元民に密かに殺されたという伝説がある。



 物寂しい墓を確認後、杉植林の下草はないので適当に上部尾根をめざす。

 AM11:45標高385m赤マーキングと薄い踏み跡と合流。杉林の中、ほぼ直登の登山道。
画像


 まもなく主脈稜線?北の465峰との小さな稜線鞍部上に出る。大きな杉とトチノキがある。
画像



 AM11:49-12:00標高440m尾根着にて、昼食・休憩(おにぎり&韓国海苔&テルモスのコーヒー)。
画像




 山頂に続く尾根道。今までと違って緩やかな尾根歩きに変わる。「寒沢―谷倉山」木の道標。
画像


画像


 曇天の中、尾根は南側が植林で北側が雑木の落葉樹、明瞭な山道が山頂まで続く。

 男女ペアと交差、奥様「頑張ってください」声をかけられ嬉しくなる。

 AM12:20標高530m笹原の斜面で、「栃木の山」紹介のメイン登山道と合流。テープ類が沢山あり、ここから明るいミズナラとヤマツツジの林。
画像



 木の枝越しに採石現場が見える。お神楽が聞こえる。

 AM12:30-12:35谷倉山標高599.4m山頂は巨大なアンテナ施設。その周囲は人工林なので展望は全然無い。雲が多いので日光方面の展望は期待できないので伐採地の展望台へは行かない。
画像


画像


 施設脇の小広場に、山看板「谷倉山599.4m」と二等三角点を確認する。早々に下山を始めた。
画像


画像


 その先のピークの尾根の分岐にテープがあり「栃木の山」のコースを示す。

 AM12:40標高550m山口沢林道への最短ルートを急降下。下り始めるとすぐに足場も心もとないザレの檜植林と雑木の中の急降下。木々につかまり慎重に下る。踏み跡は薄い。

 PM1:15標高345m急降下を終え、沢水も湧き出る作業道終点着。暫く休憩、植林作業道を平行移動。
画像


 PM1:38林道分岐(メインコース分岐?)山口沢林道終点着。
画像






 PM1:45標高180m「星野自然村」裏手にでる。白梅の木、キセキレイ。
画像


画像



 PM2:07標高150m「小山芳姫のお堂」を参拝。
画像


画像




 お堂から駐車場に戻り、荷物の整理。歩いて来た谷倉山を一望する、彼方に電波塔のアンテナが見えている。
画像


 車内で栄養補給、まっすぐ帰路につく。









人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。





より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

ブックオフオンライン

アウトドア&フィッシング ナチュラム



この記事へのコメント