2/14雨で予定変更、道端でテント泊な訳です。

 
 2009(H21).2.14(土)雨のち晴れ・・・日光湯元から難儀したズブズブ柔雪。静かな?道路端でテント泊。

 朝自宅を出発するも山が近づくにつれて曇天&雨。日光駅前で大型ザック数人の姿(女峰山かな?)。雨の奥日光、湯元温泉でも天気待ち。昼近くにようやく空が明るくなって雨上がり。湯元の交番に大ザック登山者の姿数名。いつもの駐車場にて準備。ついでにカップラーメンの昼食。

 通い慣れた日光白根山は冬季も人気の山で、恥ずかしがり屋?のテントミータカ隊は、新たな雪景色&静けさを求め、金精峠をめざしましょう。


                         道中、金精山が見守ってくれています
画像









 AM11:37標高1480m日光湯元温泉駐車場出発。
画像


 スノーシューの人達と交差

 AM12:18標高1550m 「切込刈込ハイキングコース」分岐、冬季通行止め中の金精道路着。
画像


 初夏のような暖気と雨の影響で10-20センチ程度の積雪がズブズブ埋まる。スノーシューの跡数人分、金精トンネル方面へ続く。

 ワカンを置いてきた事を後悔しつつ、ツボ足で先へ進む(ワカンでも沈んだろうケド)。

 湯元温泉街・湯の湖・男体山が見える。

 道路の路面、一部雪が解けてアスファルト地肌が覗く。
画像



 金精道路カーブ「石楠花平」、海抜1626m標柱。通過。

                        金精山(標高2244m)が見えてきた。
画像




 「きすげ橋」通過。



                道の縁の雪が結構硬い(除雪溜まり?)ので、ソコを選んで歩く。
画像




 「まさごはし」通過。


                        大真名子・男体山・戦場ヶ原が見えてきた。
画像




                           ダケカンバの林に心ときめく。
画像





 標高1705m地点、道路のカーブ一つ分をショートカットの藪漕ぎ。





 PM3:30標高1780m地点男体山と湯の湖、金精山の見える道端、積雪豊富な法面脇にてテント泊にしましょう。

                    ↑ズブズブ雪に埋まっての歩行に嫌気がさしたとも・・・




 一時間半かけて、立派な雪壁中門付テントの設営完成(付近は各方面からの強風が吹き荒れています)。
画像




 明日の冷え込みを期待して熟睡、外気温マイナス4.6度(テント内マイナス0.4度)
画像

                                    ※↑良い子の皆さんは、真似してはいけません。







                               続きは → こちら

                            速報記事は → コチラ








人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。





より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

sony style

アウトドア&フィッシング ナチュラム



この記事へのコメント

2009年02月19日 00:00
>恥ずかしがり屋?のテントミータカ隊
同じく「恥ずかしがり屋?」のsanae隊も
人気のない時間からテント泊してきました(笑)

霧ヶ峰も同じ様な気温でした(本当に2月か~?)
今年は自分達、雪上テント泊は何回出来るんだろうか?
ミータカ隊は着々と雪遊びを楽しんでますね!
2009年02月19日 22:29
トシちゃん、コメント・ご訪問戴き有難うございます。
 そちらの山行記事で似たような温度でニヤリと・・・。暖かでしたね!。関東南部のほうは天気回復が早かったようですね。三方分山から蛾が岳一泊二日で往復した事があります(赤線引き)。
 奥日光ももうちょっと早めに天気が回復すれば、予定の渋山へ入ったのですが・・・雨の中歩く気がせず。今年は体力以上に財布がヘナチョコなので「雪遊び」ばかり続きますね(笑)。