2/21-22、奥日光、前白根山から白根隠山まで往復(一泊二日)詳細

 
 この週末は冬山らしい天気に期待。久しぶりの定番コースを少しひねり、魅惑的な名前「白根隠山」・白錫尾根の様子見を兼ね、栃木県・奥日光へ向かう。


                        奥白根山は立派な山だ
画像




 2009(H21) .2.21(土)雪のち晴れ 

 自宅を未明発。日光市内はまだ降雪中、地吹雪の奥日光に入り、湯元温泉の駐車場に入車。

 ビジターセンター前の派出所に登山届けを提出。今回は装備に悔いの無い様、ワカンとアイゼンをザックにくくりつける。

 AM8:55、駐車場出発。スキー場のリフトは使えないので、歩行に専念。閉鎖中の急斜面スキーコースから登山道に合流。ここで新雪30センチほど。

 この先、前白根山の稜線に出る外山分岐までは急坂の連続なのでアイゼンを装着。既に外気温はマイナス12度。雪の舞う曇天。周囲の積雪は、例年より少ない。油断すると足が抜ける。

 アイゼン装着&休憩中に、後続の快速ペアに追い抜かれる。

 新雪の積雪で脛まで潜りながらも、氷の斜面もあり、三年ぶりの急登に耐える。
画像


 マーキングテープ・赤プレートが完備されているので、迷う事は無い。

 冬でもここは人気コースなので、もっと賑わっているかと予想していたが、今日は先行の人達合わせて計五人の入山と知る。

 (仮名)第一・第二[石楠花坂]あたりで雲が薄くなり、湯元温泉街の建物が見えてきた。

 まだ上空の寒波が残っているようで、少し休憩しただけで体がシンシン冷え込んでくる。休憩用のダウンの中着を着込んで登る。

 外山分岐に到着、先行休憩中の三人にトレースの礼を言い、この先前白根山までは更に雪が深いので、ワカンに履き替える。

 天狗平への冬道は直前一週間分の新雪でワカンでも膝まで潜るが、我慢して冬道で進む。吹きさらしの稜線に出ると、アイスバーンで歩きやすくなる。

 前白根山頂への尾根道はまだ雪雲が残り、轟音とともに地吹雪の強風の中。奥白根山も雲の中、のんびり歩けるものではない。
画像


 今回は既知の奥白根山頂よりも、白錫尾根の一部、白根隠山・白桧山が目的、このあたりで適当に幕営地を探す。快速ペアもこの界隈で幕営の様子だ。

 PM3:00、前白根山山頂(標高2373m)直前斜面にて、掘り込み雪壁形式、幕営地の掘削作業開始。

 PM3:30、この先の強風に躊躇していた単独氏が後続の7名程の団体様と合流、先の五色沼避難小屋へ向かっていく。

 グングン流れる雲。陽が覗くも、快晴とはいえず、まだ寒気の中(外気温マイナス16度)、動いていなくては寒さで凍えてくる。

 明日の好天に期待し、一時間ほどかけて敷地外壁工事、丁寧な作業で敷地完成、テントを広げ、中に篭る。
画像


 寒気は夕方のマイナス16.9度が最高冷え込み、後は徐々に寒気が緩み、明け方はマイナス10度程度で、稜線の強風以外は快適なテント生活。

 日光連山の向こう、宇都宮・鹿沼界隈の街灯りが広く輝く。雪壁付きの掘り込み形テント場とはいえ、稜線であることには変わりなく、一晩中地吹雪気味の天候で、テントが揺れるも冬フライもしっかりしていて、熟睡。






 2009(H21) 2.22(日)晴れ

 赤みの少ない日の出を迎え、のんびり起床。今日は軽装で白根隠山・白桧山往復、下山の予定。
画像


 既に気温はマイナス8度程で陽射しもあり、留守中にテント本体出入り口のファスナーも凍りつくことは無いだろう。

 ワカンを装着(結果アイゼンの方がよかった)、行動食とテルモスの紅茶を持って、出発。

 まだまだ稜線の風は強く、油断していると足をすくわれる。

 特に強風の吹き渡る前白根山頂は休む間も無く、下の鞍部へ下り、風の弱い所で定番の奥白根山頂と五色沼の展望を楽しむ。
画像


 新雪と強風で到る所、見事な風紋が楽しめ、写真撮影も楽しい(カメラのバッテリーは胸ポケットで暖めながら使う)。
画像


                         燧ケ岳・荒沢岳(他に会津駒・平が岳など)
画像


 奥白根山頂部の三人の登山者の姿を確認し、テントミータカ隊は、未踏の白根隠山をめざす。

 白錫尾根の一端を歩くのは、今回が初めてで、いつもと一味違う周囲の展望を楽しみながら雪庇を乗り越え進む。
画像



画像



 前白根山頂部に今日の入山者であろう単独者の人影。


 白根隠山山頂部の凄まじい強風は、那須の峰の茶屋並み、しっかり耐風姿勢をとらないと、万が一転倒した時、氷化した雪面斜面から谷間へ吸い込まれかねない。

 上州武尊・谷川連峰が見えるとますます風が強く、この先の白桧山へ向かう意欲も萎縮してしまう。
画像


 AM10:00、広い山頂部の稜線。耐風姿勢で歩を進め、なんとか、山頂(標高2410m)先端部まで至り、ここを今回の山頂と決め、風の弱い場所を探し暫し休憩。

画像


画像



                           行ってみたいな錫が岳
画像




 展望を楽しみ、来た道を戻る。
画像




 奥白根山頂から避難小屋へ戻る三人の姿を確認、前白根山頂部昨日の団体様が下山して行く。



 相変わらず風が強いが、達成感で満ち足りた気持ち、足取り軽く、テント場へ戻る。
画像


 AM11:30、早めの昼食、テント撤収。奥白根登頂組の単独氏と挨拶。



 AM12:25、再び大ザックの身に戻り、テント場を後にする。ワカンで外山分岐まで下降。
画像


 PM1:30、登山者数名で賑わう外山分岐から、馴れた下り坂も一気の下降、あっという間にスキー場最上部。

 使われていないスキー場最上部コースから駆け足で下り(底がアイスバーン、新雪モコモコ30センチほど)。

 緩い斜面のスキー場端をトコトコ歩き、PM2:40、無事、駐車場着。

 さすがに疲れたので、今回は、日光湯元温泉「湯の家」にて入浴(600円)。

 混雑も無い「例幣使街道」鹿沼経由一般道の帰路、途中で牛丼を食べ、無事帰宅。
 テレビ番組「ダーウィンがきた(カジキマグロ)」&天地人「第8回」をリアルタイムで見ることができた。



                     速報記事は → コチラ


           三年前の同季節・同コース・奥白根山登頂記事は → コチラ







人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。



より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

sony style

ブックオフオンライン







 

この記事へのコメント

2009年02月24日 17:33
こんにちは!
雪の中のテント泊なんて、わたしには考えられないっす@@; 
鳥の写真の撮り方アドバイス、ありがとね(^_-)-☆ だけど、ちょ、ちょ、ちょっと待ってね、そんな機能有ったかどうか?とりあえず研究してみますわ。
テントミータカさんの鳥の写真はステキ!可愛いワ(^-^*)
雪山の写真も花の写真も、素晴らしいどす~(^-^) (^-^)/~~~~
2009年02月24日 19:04
みけ様、コメント・ご訪問戴き有難うございます。
 雪山テント泊は趣味的要素も強い「雪遊び」でもあるので、いざとなれば麓の道端でも(笑)。
 鳥写真のコメントですが、何か参考になればと思い、つらつら書いたので、意味不明でしたらどうかお気にせずに。相手はトビモノですから難しいし、できる範囲で楽しめればいい事ですから。
 拙写真楽しんでいただけているようで嬉しいです。私のほうの写真もまだまだ未熟で、気長に続けていければいいかな~と、お気楽に考えています。
2009年02月24日 23:44
今晩は。
冬の白根隠山の状況が判りました。寒さといい、風といい、厳しそう。雪がたっぷりあった方が暖かそうですね。私は、南会津で、路上生活していましたが、夜は冷え込みました。雪山テント泊は、経験不足もあり、自信がないなあ。
2009年02月25日 19:33
さすらい人様、コメント・ご訪問戴き有難うございます。
 いつもの健脚ぶりで秋に錫が岳まで歩かれましたよね。錫が岳は無理でも、白桧山まで行きたかったのですが、すんごい強風で身の危険を感じ、引き返しました。錫が岳までの往復としても、亀足テントミータカ隊は山中二泊三日コースかなとも(笑)。
 二人で一時間かけてあの雪壁ですから、単独でこの山域なら、五色沼避難小屋を使った方がゆっくりできるでしょうね。
2009年02月27日 16:01
厳冬期も高所でテント泊もされて頑張っておられるご様子、安心しました。
秋田界隈は週末はことごとく好天に見放されて毎回の激ブリにはもう飽き飽きしています(笑)
お天気の素晴らしい冬山風景をここで楽しませて頂いてウップンを晴らします。
バイトは明日以降2件の面接です。ご心配お掛けしてます。
2009年02月27日 22:03
やまおやぢ様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 近場の山で高所となると、この界隈で。今週末は北寄りの高気圧の通過で山形秋田界隈、天気が良さそうですよ。私達も南東北の入口辺りへ行こうかなと・・・寝坊したらまた奥日光かも。
 私もヒトゴトでなく、二件面接予約済みです。