3/8写真@於呂倶羅山(おろぐらやま)登頂&下山

 
 前日に引き続き於呂倶羅山は、通常は無雪期の半日藪山コースです。ネット検索をかければ、沢山の情報が得られますので・・・・・、今回も「山中の雰囲気のご紹介」に、写真ペタペタで留めます。



                      3/8、山頂手前(中峰付近)からの日光白根山
画像




   

 2009(H21)3/8(日)晴れ

 外気温最低冷え込みマイナス9.6度(テント内マイナス3.2度)、無風快晴の朝。

 ワカン装着、空身で、すぐそこであろう山頂往復に向かいます(ここから往復1:30位)。

画像



画像







                          途中、南アを思わせる黒森
画像







                            山頂への最後の登り
画像






                      於呂倶羅山(おろぐらやま)標高2020.4m山頂   
画像






                             もう少し先へ進んでみましょう
画像






                             皇海山・日光白根山
画像






                             日光白根山と温泉が岳
画像







             黒岩山・帝釈山・会津駒ケ岳方面(このあたりの山座同定に自信なし)
画像







                  ゆっくり貸切の山頂の展望を楽しんだ後、往路を戻ります
画像



画像




画像




画像





 幕営地に戻り、テント撤収。早めの昼食ラーメンで満腹。下山です。

                         幕営地から、中禅寺湖の眺め
画像







 帰路は、昨日のシラビソ蜜枝のホフク前進を避けて、山頂からの山肌の様子&地形図でルートを確認。
「東の肩」直下、涸沼方面のガレ場の脇の林間を急降下して、眼下の山王林道登山口をめざします。

 林間の急降下、雪質はやや脆い感じでしたが、ピッケル&ワカンでやり過ごし、なんとか無事に緩斜面までたどり着きました。



                                 一安心、一服
画像





 上空の送電線施設を目安に、地形図から適当に山王林道への取り付きへと進みます(小さな谷二つトラバース)。
画像



 無事に、日光市・栗山村境(標高1730m)の登山口林道に戻りました。



 小休憩後、昨日より雪の締りが良くなった林道歩き、鼻歌気分で光徳駐車場へ向かいます。



                      峠を越え、男体山側のアンテナ施設脇通過
画像





                           正午過ぎに駐車場着。






 駐車場脇のズミ茂みで食事中のウソの群れを眺めた後、帰路につきます。

 夕方、早めに無事、帰宅。NHK大河ドラマ「天地人」第10回を楽しむ。




                             3/7初日、詳細記事は → コチラ



                             速報記事は → コチラ







人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。






GOLDWIN WEB STORE

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

ブックオフオンライン

この記事へのコメント

2009年03月18日 08:58
おはようございます!
於呂倶羅山、
3月7日の記事を見て途中まででもと15日の日曜日に行って来ました

私達は大岩のピークの360度の大展望に満足して山頂に立つのは技術的にはチョット無理かな?と思って引き返しました。

帰ってから8日の記事を見て頑張って行けば良かったと少し後悔しています。

南アを思わせる黒森の写真、素晴らしいですね。


2009年03月18日 18:09
izumi様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 おおっ!早速お出かけになられましたか。そうなんですよね・・・「藪山」ですから、無雪期のササダニも避けたいし、今時がゆっくり楽しむにはいいのかもしれませんね。
 大岩のピークからの展望も見慣れない角度で楽しめますよね。この先は私達も幕営適地を探しながらで、赤テープがあっても枝がビシバシ辛いものがありました。
 南ア風・黒森の景色がお好みでしたら、他では、男鹿山塊の黒滝山(百村山の先)もいい感じですよ。