3/21日向倉山、裏越後三山と雪桜を楽しむ入山日(その一)

 
 はい!さすらい人サン&YamaNekoサン、正解!

 一部の皆様お待ち兼ねの?3/21-22の山行詳細記事ですが、諸般の都合により、詳細は写真ペタペタでご容赦願います。

 雪が硬く締まり、ツボ足でもトットコ歩けました・・・が、急斜面ではワカン・アイゼンがより有効な状況でした。


 少雪の山便りに、意を決して、新潟・中越、奥只見入り。一泊二日で銀山平から日向倉山経由未丈が岳を目論みました。が、いつもの鈍足&3/22朝から雨の予報に、日向倉山山頂で足が止まり、ここでまったりテント泊。翌日、早々に下山。

(ほぼ同行程ですので、二年前の日帰り記事のほうが参考になるかと思います。→コチラ




 2009(H21)3.21(土)快晴

 銀山平の雪の回廊に驚きつつ、登山開始。

 赤崩山(標高1164.8m)のすぐ西のピークへ続く尾根に取り付き、快調に登る。マンサク蕾多し



               振り返れば、銀山平と越後二山(駒ケ岳・中の岳)&荒沢岳の展望


                              銀山平と中の岳
画像




                               中の岳アップ
画像




                              越後駒が岳アップ
画像







             赤崩山経由の快適な尾根歩き(♪「天地人」テーマ曲を鼻歌に)
画像







                             原信の「おはぎ」で休憩
画像





                      行くつもりだった「未丈が岳(標高1552.9m)」
画像








                  今まで真正面だった荒沢岳の位置も、だんだん右手に変わります
画像






                            ブナの枝も白さが増してきました
画像






                                熊棚と駒ケ岳
画像









                             雪桜風景アレコレ

                        左ピークは日向倉山(標高1430.7m)
画像





画像






画像










                  日向倉山山頂(標高1430.7m)へ最後の登りは、雪庇の道
画像





画像





         所用で多忙の為、続き日向倉山山頂の様子&下山の詳細は → コチラ



                           

                                  速報記事は → コチラ








人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







ブックオフオンライン

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE 

この記事へのコメント