3/1北那須・甲子旭岳(赤崩山)の雄姿を満喫、下山(二日目)

 
  無雪期の甲子旭岳登頂ルート・東側の尾根を観察してみると、最後の岩場のツメ山頂部急坂が、アイスと岩のミックス。ロープが必要な上級者コースに見える。

 へナチョコのテントミータカ隊は、自信のないルートからの登頂は考えない。のんびり写真撮影で景色を楽しもう。


                  旭岳(赤崩山東面)夏道ルート(左尾根)・・・最後のツメが厳しそうだ・・・
画像





 2009(H21).3.1(日)晴れのち曇り

 昨日の入山で、ワカン&アイゼン&体力を使い果たし、たっぷりと熟睡。 標高1610m、最低外気温マイナス5.6度。無風で静かな山中。


 ※新坊主沼避難小屋の現在の様子
 屋根が雪面から出ていて、夏場の出入り扉脇の窓(冬季出入り口)から出入り可能だが、再び降雪があれば簡単に雪に埋没するだろう。室内は(他の窓は雪で採光がとれず、雪室状態)暗い。
 「まだ完成検査は受けていないので、利用者は床や壁、外壁等に傷を付けない様に」との注意書きの張り紙。
小屋内の全床面(土間&フローリング)が保護シートで覆われている。
                      ・・・「完成検査前」ということでもあり、小屋の写真アップは控えます。


        ↑今回のように穏やかな天気ならば、明るい外で雪山テント泊のほうが爽快です。




 朝は曇天で、モルゲンも無く、天気下り坂の様子。荷物をまとめ早々の下山としましょう。

 朝から快晴なら、安全な主脈縦走路・南稜線から展望を楽しみつつの旭岳(赤崩山)山頂ピストンを考えていたが、雲が多い。又、次の機会に・・・

 ザックを担ぎ、旧道夏道の展望ルートで旭岳の肩・森林限界付近を巻いていきます。
画像



画像




 ダケカンバの森林限界地点は、黄砂でくすんだ固いアイスバーンに新雪の吹き溜まり。
画像







             周囲の景色を楽しんだ後、安全地帯にて、シリセード下降
画像



              楽しい~(ズボンが痛むのでシリセード用ズボン(古雨具)を使いましょう)
画像




 だんだん青空が広がってくる。甲子山山頂部に人影が動く。




 

                       帰路は青空に樹氷を愛でながらの彷徨



 矮小化した幹が♪アーニャラ・ホーニャラ・ビューティホゥ(NHK「地球ラジオ」オープニングテーマソング)な、ダケカンバ・ブナ林を巡る。
 
画像





                             なんだろう?
画像








 甲子山山頂の人影、軽装単独氏とニアミス。ホシガラスの声。


                         旭岳山懐からの旭岳を眺め
画像






                    甲子山への登り返し途中で、白屏風の飯豊を遠望

                             ♪白さが違う~
画像


  ↑さすらい人様からのご指摘で、蒜場山を二王子と誤記しました。↓修正分写真を追加します。
画像

                               (烏帽子山も登ってみたくなる・・・)





                        甲子山山頂からの旭岳の眺め
画像


 甲子山山頂からの甲子峠大白森山方面の眺め
画像



 甲子トンネル・登山口へ下降。小雪が舞う。緑の葉っぱは、シャクナゲ・ヤマグルマ(トリモチノキ)が目につく程度。


 登山口付近、昨日は無かった熊の新鮮な足跡にギョギョッ!!!!。


 正午、駐車地着。一般道の帰路、渋滞に巻き込まれず、夕方、無事帰宅。・・・忘れない内に、熊鈴をザックに取り付ける。

                     大河ドラマ「天地人」第九回を見る。




                      2/28初日記事は → コチラ

                          速報記事は → こちら

                   無雪期(初秋)の記事は → コチラ




 

 
人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。




より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

この記事へのコメント

2009年03月05日 20:59
今晩は。
冬の旭岳は、厳しく美しい姿をしていますね。トンネル入り口の駐車場は、甲子山に登るのに使えるなと思っていたので、興味深く読ませてもらいました。二日目は、ちょっと違った角度でともに飯豊を見ていたのですね。ところで、「♪白さが違う~」の写真で、二王子岳とあるのは、蒜場山では。二王子岳はその右手の平らな稜線になります。同じ疑問をだいて、カシミールで確かめていたところでして。
2009年03月05日 21:42
さすらい人様からのご指摘が無ければ、「アレは二王子!」と一生思い続けていました(笑)。無知と脳力容量オーバーの為、カシミールは使えませんが、調べたたついでに「烏帽子山」だろうと追加画像アップしました(これも間違いかな?)。またおかしな記述がございましたらご遠慮なくご教示いただければ有難いです。
2009年03月05日 22:30
ピンポーン、烏帽子山で正解です。
山頂で、人の山岳同定の説明を聞いていると、間違ったことを言っていて、ひと言いいたくなりますが、自分でもいいかげんなことを言っていることが多いですね。家に戻ってカシミールで確かめたら、嘘言っちゃったということが、今回もありました。
2009年03月09日 21:14
さすらい人様、烏帽子山もかっこいい山で、行ってみたくなりますね。
 山座同定できるのも好天なればこそで。これからは新潟の山も好天が増えそうで、本場のユキワリソウが見たくなります・・・いつもあれこれ行きたい山ばかり(笑)。