6/13-14、飯豊・足の松尾根~大石山・頼母木山(入山日)

 
 
 2009(H21)6.13-14、久しぶり飯豊入り。

 今回の天気は・・・飯豊でなければ、途中で帰りましたね(笑)。


                     オオルリもいました、速報記事は → コチラ


                二年前の同行程、天気の良い時の記事は → コチラ




                       大石山界隈のハクサンイチゲ
画像





 前夜、北関東自動車道・大田桐生~関越・日本海東北道・中条まで、経済速度で高速運転、未明・奥胎内入り。







 明け方から賑やかな野鳥の声(ホトトギス・アカショウビン・ウグイス)&元気な登山者の声で目覚め、朝食、出発。

 ※天気が良ければ二泊三日&非常用テントの大ザック装備で張り切っていました。


 奥胎内ヒュッテ前の登山届けに山行カード記入提出
画像





 ウォーミングアップがてらの林道歩き約一時間(途中、モリアオガエルの卵あり)




                          林道終点から足の松尾根入り
画像




 キビタキ・オオルリ・ウグイスの声を楽しみながらブナの急坂歩き・・・・と・・・



 「ミータカさん」声をかけられ、振り向けば・・・・昨年の白馬朝日以来の再会、ブログでもお世話になっている、健脚のKYAZUさん!。
画像



 偶然バッタリを喜び、今日のこれからの予定・鳥の話で盛り上がりつつも、日帰り健脚予定のKYAZUさんと亀足テントミータカの速度が合う訳もなく、また午後の再会を願いつつ、先行して頂く。





 虫が多くなってきたので、姫子の峰にてタイガーバーム使用。
画像




 ヒメコマツの道中、ヤマツツジ・ウラジロヨウラクが見頃



 曇天、ますます雲が怪しく垂れ込め、AM10:10ヒドノ峰あたりから雨。
画像




 降ったり止んだりの雨、幸い足場の悪い箇所は通過済み、傘を使える。


 残雪の淵には春の花(ショウジョウバカマ・イワウチワ・ユキツバキ・カタクリ)、尾根はツツジ類・タムシバ・オオカメノキ。


 ブナ林から潅木帯をひとのぼり、イチジ峰から展望がぐっと良くなるはずですが・・・雲の中です。





             周囲の花を楽しみましょう。



                           ムラサキヤシオ
画像





                          サラサドウダンツツジ
画像





                          ウラジロヨウラクは蕾
画像


                           


                   ヒメサユリは蕾(猿に蕾が食べられたものも多い)
画像



 シラネアオイ・チゴユリ・カタクリなども







                    足の松尾根最上部、西の峰付近はこんな感じ
画像




 早くも下山のKYAZUさんと再会、暫し歓談。稜線の花の様子と小屋の様子を窺い、元気に下っていくKYAZUさんとお別れ、大石山への最後の登りを頑張る。


 大石山分岐から頼母木山方面へ向かう。


 最初のハクサンイチゲお花畑は、ややボウズが目につく、が、次のお花畑はまだまだ白い群生
画像




画像















      ・・・だが・・・












 霧&風雨が強く、のんびり景色を楽しむゆとりもなくなり、足早に小屋へ向かう。


 正午過ぎに頼母木避難小屋入り、シートを広げ、寛ぐ。


 給水は小屋脇の雪渓を使用。


 風雨の音強く、外に出る気にもなれず、午後は小屋内でのんびり保養。




               ブナ林からの恵みのキノコ「たぶんモリノカレバタケ」もいただきましょう
画像







                           ちょっと見えた山並み
画像




                             明日の天気回復に期待(だったんだけどな・・・)






        続きの記事は → 稜線お花畑下山時の花&様子野鳥・オオルリ・ウグイス










人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム





 

この記事へのコメント

2009年06月16日 07:38
あれ~。全く同じコースですね。小屋で一緒だったようです。
2階に居られたのですか?
天気がもうひとつで残念でしたね。
2009年06月16日 14:18
一週違いでした~~~
鳥の鳴き声はすれども、名は分からずです。
一週違いで、もう、ボウズになったハクサンイツゲがあるのですね。
花の時期が短いのでしょうか!
でも次々と咲いては行きますでしょうけど。
翌日はお天気だったのでは?
その頃、私はヒメさまに出会っていました。
2009年06月16日 20:44
速報拝見して、足の松尾根と予想していましたら、やっぱり・・・
大石山・頼母木山周辺のハクサンイチゲは本当に見事ですよね。
ところで20数年前に門内岳から胎内尾根を周回しましたが、
今、道の状況はどうなっているんでしょうかね? 
2009年06月16日 21:48
皆様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

えいじ様
 たぶん6/13のPM4:00頃、梯子から二階の様子を覗った方かな?と、「二階空いていますよ~」とへらへら笑った赤い雨具の奴が私ですが。また天気の良い時に行きましょうか?。

noritan様
 二年ぶりの足の松尾根往復、月曜は筋肉痛でロボット歩きでしたよ。noritan様が山が久しぶりでも、きっちり歩かれたのですからたいしたものですね~。
 花の命は短くて・・・、分岐から最初のハクサンイチゲ花畑はボウズが多かったですね~。頼母木から上のほうはまだまだ見頃が続きそうです。ウスユキソウがあって霧の天気に相応しく露タップリで咲いていたのも良かったです。今年の姫様に逢うのは粟か守門か浅草、どこにしようかな。

(続く)

2009年06月16日 21:49
(続き)

SONE様
 ここの花の密度は飯豊随一ですね。月山の花畑も気になりますし、ハクサンイチゲは登山者に人気のある花ですね。
 健脚・経験豊富なSONE様は、胎内尾根踏破済みでしたか!。今年はどうなんでしょう?。私にはハナから無理コースで。藪でも歩く人はいますからHZUさんのHPに記録が載れば参考になりますね。