7/4-5ブヨ&泥道だけど天狗原山・金山一泊二日(初日)

 
 直前天気予報のイマイチにもめげず、遠征(駄目なら麓観光(温泉・地元グルメ・ビジターセンター)でノンビリしようかなとも)。

 雨飾山と妙高火打・焼山に囲まれ、いまいちマイナーなイメージの山のおかげで、今時は静かで花も楽しめそう、焼山への登山道の確認も兼ねて。


 ※写真ペタペタ記事でガイドになっておりません。正式?ガイドブックを参考に、今現在の山の雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。


                          速報記事は → コチラ


【行程】
 20009(H21).7.4-5
 長野県小谷村、小谷温泉奥、天狗原山・金山登山道(当時、林道は工事中のため、笹ヶ峰方面への通行は不可)~天狗原山・金山(幕営)~裏金山~往復

 ※残雪歩きが苦手な方は軽アイゼン・ストック要、泥道多いので長靴有効、虫避け対策は最高レベル(防虫ネット要す)


7/4(土)曇りのち雨

 駐車場から蚊取り線香を点け、ぶら下げて歩く。ブヨ避けネット・タイガーバーム

 


                       天狗原山から金山へのグリセード
画像











登山口から山道らしくジグザグ、ブナ主体天然林の登り(下草刈りしたてのホヤホヤ・・・有難いな~)
画像





 道中、終盤のショウキラン、開花のコケイラン、盛りのギンリョウソウ

 鳥はオオルリ・キビタキ・コゲラ・ウグイス・ホトトギス・キビタキ・コルリ・ホシガラス・ウソ・イワヒバリ・ミソサザイ・コマドリ・メボソムシクイ・ルリビタキ(全てさえずりのみで確認)


 




                            ミズバショウ
画像






                        林相に変化があって面白い
画像



 毎度のことながら、後続の日帰りの方々にどんどん追い越される








                               キヌガサソウ
画像




                          この大規模キヌガサソウらんどは特筆物
画像




サンカヨウ・エンレンソウ・シラネアオイ・キスゲ・ノウゴウイチゴ・ツマトリソウ・ヤグルマソウなど




                        ザレ場直下(足場の悪いここを登る)
画像




                       小休止、おひさしぶりのタヌキランに心和む
画像




                       可愛いタヌキランの花・・・来て良かったな~
画像








 ザレ場を登ると、ちょっとした花畑



                            グンナイフウロ
画像



 ギョウジャニンニク・ミヤマカラマツ・ハクサンタイゲキ・イブキジャコウソウなど





                       ヨツバシオガマをみて針葉樹帯入り
画像






画像



 イワカガミ・マイヅルソウ・ゴゼンタチバナ・ズダヤクシュ・ツバメオモトなどなど

 下りの人との交差も増える。






 森林限界から残雪と雪解け水の水路と化した笹の中の登山道。

 最後の下りのお二人と会話、この先の山の様子をお聞きし一安心。





                          天狗原山山頂部
画像



                        天狗原山頂(2197m位)の石仏
画像



                       ご無沙汰の登頂なのでここでニコパチ
画像


 ここで単独縦走氏に追い越される(氏は翌日焼山へ抜けていったかな?)



 界隈はポツポツ、高嶺の花も咲き始めています

                            ハクサンコザクラ
画像



                            アオノツガザクラ
画像




                          チングルマ&コイワカガミ
画像




                              シナノキンバイ
画像


 他ミヤマキンポウゲ・ミツバオウレン・ショウジョウバカマなど


 周囲は雲多く、目前の天狗原山山頂の姿を確認するのが精一杯(ふもとの乙見湖は確認できました)








                    いったん鞍部へ下り、金山(2245m)へ向かいます
画像






                   ほどよく締まった雪でグリセードを楽しみます
画像








                           神の田圃への登り返し
画像





               振り返れば・・・天狗原山があんなに高くなってしまいました
画像






                     草つきの斜面は、シラネアオイとシナノキンバイ
画像








 神の田圃は残雪と枯葉色の池塘







               夏道と雪渓を交互に渡って山頂をめざします(ここだけピッケルがあると楽)
画像





                               金山山頂部
画像




                               山頂道標(7/5朝)
画像



                       おなつかしや、男鹿山塊以来の青Mプレート
画像







 適当な場所を探して幕営(夕方から深夜雷雨)、快適に眠る。




                        翌日の記事は → 朝の稜線散歩(裏金山まで)下山時の花の様子











人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

この記事へのコメント

2009年07月07日 02:39
「金山」は良い山だと聞いて、過去3回行っています。
天狗原からのチングルマの群生が忘れられません!!
雪渓の雪が消える頃に出てくるのでしょうか?
残雪とチングルマだったような・・・
2009年07月07日 21:05
noritan様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 既に三回も歩かれているのですか!。良い山に通われていますね。豊富な残雪の為でしょうか?豊かな植生と変化に飛んだ登山道、新潟と長野の山のエッセンスがぎっしり詰まった山ですね。「F100名山」でなくて良かった(笑)。稜線はようやく雪解けが始まったばかりで花もまだまだ咲き初めのようですよ。林の中の花も相当楽しめたので、遠征の甲斐がありました。