8/8、花三昧@北岳山頂界隈

 
 8/7雨の前日、黙々と登りテント泊の甲斐があって、一応太陽が拝める朝を迎えました。





                         富士山は山を超えた存在だと思う
画像









                          速報記事は → コチラ






 2009(H21).8.8(土)晴れのち曇り


 雲が多めながらも無風の朝を迎えます。


                        こんな感じの日の出
画像






                    肩の小屋・テント場、北岳山頂の様子
画像





                 毎度御馴染み、ラーメン朝食(背景は鳳凰三山)
画像







 テント場も小屋泊の人も、皆さん、未明からの行動で気合が入っていますが・・・・


 とあるテント跡、ぽつねんと、チタンカップ&ガスボンベ(内部にガスヘッドもあったのかも?)新品ホヤホヤらしきセットで忘れ物が・・・



 あまりに気の毒なので、小屋に届けました。




 未明出発の場合は、こういった忘れ物が多いんですよ。

 ・・・皆さん、立つ鳥跡を濁さず、忘れ物のないよう、念入りに確認の上、出発しましょうね。






                          イワヒバリが朝の挨拶に
画像








                   小屋周りの花を一通り観察して、テントミータカ隊も出発です。


 ・・・といっても、今日の行程はほぼ休養日・山頂経由、隣の北岳山荘への移動(コースタイム1時間半)だけ。天気を見ながらの花三昧のんびりプランで(笑)




                     タカネグンナイフウロ&タカネヤハズハハコ
画像







                            ハハコヨモギ
画像







 初夏の高山植物と思っている花、キバナシャクナゲ・ハクサンイチゲ・イワヒゲ・イワウメ・ミヤマシオガマ・チョウノスケソウ・オヤマノエンドウなども残り、バラエティ溢れる北岳の花巡りは、毎年通っていても、飽きる事がありません。(今年は特にそんな感じがする)






                   もちろん、曇天ながらも展望もあります。



                        南ア北部のプリンス、甲斐駒ケ岳
画像





             山頂への登り途中、肩の小屋方面を俯瞰(甲斐駒の右手奥は八ヶ岳)
画像








                       南ア入門者を優しく迎える鳳凰三山
画像






                     その名も優美な仙丈ケ岳(左手奥中央アルプス)
画像








                        早くも雲が上がってきました
画像









          さて、北岳といえば、キタダケソウの他にもう一種、珍しいのがこの花、タカネマンテマ。

                      ポンポコリンの先端にしっかり花びらが残っています
画像



                          登山道の中央に咲いています

                     ※でも、気づかない人も結構います(地味な彩りですから)・・・
画像






 じっくり付近を探せば、アチコチにマンテマの株を見つけ、大満足。早くも、撮影&休憩です。






 ・・・朝食やや不足分を行動食(昨日の大廉売・天然酵母パン)で追加、気も落ち着き、再び先へ進みます。


 軽装で山頂ピストンの人との交差も、ようやくピークを過ぎました。







                    シコタンソウとイブキジャコウソウのカーペット
画像







 賑わう北岳山頂一帯(20人くらいかな?)では三角点にタッチ、記念撮影後、少し移動、静かな串団子道標で、休憩。 


 仙塩尾根や伊那側から直接仙丈ケ岳へ登る登山道をシュミレーションしてみる。



                    賑やか過ぎる山頂はどうも居心地が悪くて・・・
画像








                   山頂部で見かけたチングルマ、ほやほやの果穂
画像








 独特な兜形の塩見岳山頂も直ぐに雲の中・・・。


 目前の間ノ岳・農鳥岳の稜線も雲隠れ、今夜の宿泊地「南アルプス市市営・北岳山荘」のテント場は、珍しく閑散としています。(後でその理由が判明)


画像







 山頂を無事越えれば、後は花撮影三昧、のんびりモード全開






                          ミヤマオダマキ
画像






                       シコタンソウとタカネシオガマ
画像





                            シコタンソウ
画像







                          シコタンハコベ(盛り過ぎ)
画像






 ムカゴユキノシタ・イワベンケイ・ミヤマクワガタ(赤色)・ミヤマミミナグサ・イワオウギ・ミヤマウイキョウ・コバノコゴメグサ・ウラジロキンバイ・タカネツメクサなど・・・





  たぶんミネウスユキソウ(日本で最高所に咲くミネウスユキソウかな?)の群生も綺麗です。
画像






 八本歯トラバース道分岐を過ぎると、俄然、チシマギキョウが大砲のように大振りなラッパ型濃紫花を膨らませて、コロコロ咲いています。
画像








                         振り返ってみる北岳
画像









 立派なバイオトイレ施設が嬉しい、北岳山荘に到着。早速、テント受付(一人600円・水は小屋の水リッター100円、または往復90分(下り30分、登り60分)の水場水源地の往復も



 ここで、定着テントの設営もないテント場がスッカラカラスケの訳が判明しました。



 山荘の荷揚げ・荷降ろしの為、輸送ヘリ待ち作業中、ヘリの風圧の影響の無い場所以外のテント設営は、ヘリ輸送終了まで厳禁ですって!。(※その間、待機者は暖かい山荘の自炊室をご自由に使えるサービスがありますが)


 「・・・天候にもよりますが、ヘリ輸送作業は夕方までかかるかもしれません(実際は午後3時には終了)」との事。貴重な曇り空、散策しないのも悲しいので、ヘリ風圧の影響の無い場所を尋ね、そこにテント設営・早めの昼食。



 念の為、間違いなくヘリ風圧の影響も無く、我が家が無事な事を確認。
画像






 軽装で花の名所・山頂トラバース道へ花観察に出かけます。






 そろそろ、本日入山、小屋泊軽装者・大ザックテント者の皆さんとの交差が増えてきました。







                           タカネヒゴタイ
画像





                           ミヤマムラサキ
画像





                       キンロバイ(色の薄いの濃いの)
画像





                           ハクサンフウロ
画像





              ここでは、まだ新鮮なシナノキンバイ群生も楽しめます。
画像





画像








                      一瞬の陽光に輝くハクサンイチゲ
画像






 他、キタダケトリカブト・ムカゴトラノオ・コケモモ・タカネコウリンカ・ミヤママンネングサ・ハゴロモソウ・クロクモソウ・タカネグンナイフウロ・タカネナデシコ・タカネヨモギ・タカネスミレ・シロウマオウギ・ミヤマタンポポ・ウラジロキンバイ・イワベンケイ・オンタデ・タカネコウリンカ・ミヤマアキノキリンソウ・ヤマガラシ・ヨツガシオガマ・ムラサキタカネアオヤギソウ・ミヤマゼンコ・タイツリオウギなどなど・・・










 いつもの賑やかさに戻ったテント場に帰り、コーヒーブレイク・夕食。

 今日のテント場は42張り位の賑わい。明日の好天にほっと一安心。付近のワンゲルテントからのH&Yの会話が可笑しくも、そのうち就寝。
画像








                              続きは → 8/9トラバース道・大樺沢・広河原下山






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

この記事へのコメント

2009年08月12日 21:04
やっぱり、北岳はいいですね~。
先週、北岳にしようか迷ったんですよ。
結局、隣の山にしてしまいました。

いつものとおり、お花の写真が素晴らしいです。
影響されて、行ってしまいそうです(苦笑)

2009年08月12日 21:18
あれれ?隣のプリンスのお山でしたか!。
 でもお二人で元気に黒戸尾根往復とは良いコースでしたね。私も再訪して、とある事情のケリをつけなきゃならないんですがね・・・。
 今回の山行では、真面目に歩くとコースタイムで歩けるんだなと(笑)。でも、再訪の山は、ついつい道草が楽しいんですよ。三本槍ならぬ三本レンズを駆使した花写真ですので三脚マンに喜んでいただけたとは、頑張った甲斐があります。お盆休み(三日間)は北アの予定です。お互い、山の良き思い出を増やしましょうね。
 
2009年08月18日 23:50
ご報告。

すいません。
この記事に影響されまして、私も今週、行ってきました。

昨年は同じ日に登って、ニアミスをしていたんですね。
最近の出来事のように思えます。
時が過ぎるのは、本当早いですね。

そう、タカネマンテマは昨年、見つけられませんでしたが、今回ミータカさんの「登山道の真ん中」をヒントに探して、見つけることができました。
どうもです。

これからも私たちを、刺激してくださいね(苦笑)

2009年08月19日 18:39
さすが日本第2の高峰、北岳界隈は超高山種の花が素晴らしいですね。
おやぢもこの大不況を頑張り続けて乗り切って、来年?は「青春の足跡」
を探して再訪をしてみたいです。
北岳の思い出=キスリング特大ザックで超激怒バテ&きれいなパトロール
のお姉さん、位しか覚えてないので(爆)
2009年08月19日 19:46
戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

三脚マン様 
 貴重な休日、白根三山でしたか!。賑やかな事だったでしょう。昨年の三脚マンサンのテント跡位置にテント泊しました。あのポンポコリン達、三脚マンさんもチェックできましか。あの付近、特に多いようです。
>これからも私たちを、刺激してくださいね(苦笑)
 恐れ多くも畏くも、こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

わっぱがやまおやぢ様
 体調いかがでしょうか?。お大事になさってください。あのタカネビランジは北岳再訪のやまおやぢサンです。おやぢさんの希望が叶う事切に願っておりますよ。・・・今年は特に綺麗な山姿のお姉さんが多く歩かれているようです(北岳山荘受付のお姉さんもナイスです)