8/9諸事情により、急ぎ下山の北岳~大樺沢~広河原

 


 2009(H21).8.9(日)曇り時々晴れ

 雨の初日花撮影には適度な曇りの二日目と、北岳三昧も今日は下山です。



                         速報記事は → コチラ



 夜半は街の灯も見えて、熱風が吹きテントが良く乾燥した一晩でした。


 珍しくAM3:30に起床。

 今日は、交通渋滞&経費節減の為、何が何でもPM1:30のバス・タクシーに間に合うよう(この次がPM3:00ですので)、早々に下山を予定します。


                            雲多目の朝
画像






                       丹沢・道志方面の雲が面白い
画像




                      ここも富士山の展望が素晴らしい
画像




 すっかり明るくなったAM5:30、北岳山荘テント場を出発。

 少し尾根歩き、途中からトラバース道に入り、八本歯コル・大樺沢雪渓へと下降です。





                       ウラジロキンバイと仙丈ケ岳
画像







             またね、北岳山荘(間ノ岳はいったい、いつ再訪するのだろうか?)
画像







                 小屋泊の皆さんも、続々と下山コースを進んでいきます。
画像






                        有難い有難いハシゴの上り下り
画像







         冬山では御馴染みの池山尾根コース(八本歯の頭・ボーコン沢のコル、背後は辻山)
画像




 途中で、靴のソールが剥がれ、テープや針金で補修されゆっくり下る単独中高年氏と遭遇しました。









                   分岐付近の岩場にタカネビランジが咲きほころんでします。


                        岩場の危ないところが好きなようで・・・
画像






 大樺沢の下りは、絶好の北岳バットレスの展望が楽しめます。




                        岩登りの方数人がとりついていました。
画像




                  垂直な岩壁の向こうに、甲斐駒ケ岳がチラリ
画像







 この雪渓一気に下って行きたいところですが、飯豊ならいざ知らず、ここで真似されて怪我されても責任が持てないので自粛。
 雪渓淵の夏道を辿り、相当下部のところで少々雪渓歩きを楽しみました。

                       大樺沢の雪渓(背後は鳳凰三山)
画像









                            北岳山頂部を仰ぐ
画像








                          ミヤマハナシノブと再会
画像







 二股分岐の仮設バイオトイレのへり輸送作業を眺め、トイレを使わせてもらい(協力金100円以上)、雪渓から離れた風の涼しい適地にて休憩します。






画像







                              ナデシコ
画像







           付近の石は庭石になりそうな見事な岩で、なかなかの美しさです。
画像






                        北岳くん、そろそろ閉店?
画像





 涼しく、下りが楽で、鳥撮影も省略したので、快調に飛ばし、午前中に広河原につきそうな気配です。




                      オゾンたっぷりな沢コースで、休憩も涼しい
画像







                      吊橋を渡って、林道脇のクサボタン
画像









 AM10:50ゲート前、客待ちの乗合タクシーに乗り込み、芦安の駐車場へ戻ります。


 AM12:00芦安駐車場着。着替え。帰路の交通渋滞を避け、即、白根インターから高速で帰るのかと思いきや・・・

 山梨だから近いし、時間も早いので、一般道・塩山・奥多摩湖・青梅・入間ラインで帰ることに・・・


 お腹が空いているので、途中の地元スーパー「オギノ」にて、昼食弁当・果物を買い込み、塩山・奥多摩湖入り。

 川越から集中豪雨の中のドライブ。大宮付近で、雨が落ち着くまで避難の「かっぱ寿司」で早めの夕食。



                        渋滞なく、夕方、無事帰宅。













人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

この記事へのコメント

2009年08月19日 18:33
大樺沢~北岳といえば、30年前に大学山岳部1年?合宿時に特大キスリングザクに30キロ以上背負わされて超激怒バテした事が想い出されます(笑)
そんなんだからキタダケソウなんて見ても見た記憶全くナシ、再訪したいです。
気持ち玉、ありがとうございました~。
ミーさんの無言の応援が伝わりましたヨ(///▽//)テレッ
2009年08月19日 20:03
わっぱがやまおやぢ様、コメント・ご訪問戴き有難うございます。
 バットレスの壁を眺めながら、やまおやぢさんならあの壁をすいすいよじ登っていくんだろうな~とか、話していました。北岳はやまおやぢさんにとって「巨大キスリングの汗と涙の山」でもあるのですね~。私は富士山は一回登れば「もういいや」、北岳は毎年登らないと落ち着かない「精神安定剤の山」です。
 今年は無理かと思っていましたそちらの記事で、鳥海山の夏山風景を楽しむ事ができ満足です。くれぐれもご自愛のほどを・・・。