8/29会津の山@そんな訳で歩き始めは雨の入山日

 
 
 先週末(8/29-30)

          「天気がイマイチですが、どこ、いく~???」

        「足腰の調子もイマイチだし、今回は小屋泊まりで、アンキンタンの馴染みの山がいいな~・・・」

 ・・・という、イマイチな会話で、例年よりも早めではありましたが、馴染みの山へ行ってきました。


                  上部登山道・湿原のオニシオガマが綺麗でした。
画像








                 速報記事は → コチラ

                 同行程、二年前の記事は → コチラ

           窓明山周回を付けた昨年の記事は → コチラ



 ↑山行詳細ガイド文は、こちらに任せることにして、今回は(今回も)写真ペタペタと、メモ書きで済ませます。

                                                     あしからず。


 ※一般的に日帰りコースです。水場もトイレも展望も無い避難小屋に泊まる人も、稀でして・・・・





 2009(H21).8.29(土)雨のち曇り

 前夜は星空、登山口駐車場にて仮眠。

                       綺麗な幟(シラネアオイの花がデザイン)
画像




 早朝から降雨の中、数組の軽装の登山者が入山していく(5人位かな?)

 目覚めても雨なので、充分に睡眠をとるべく二度寝。すっきり目覚め、蟻さんに用心して、広い駐車場の水はけの良さそうなところに車の移動。ゲンノショウコ・オオマツヨイグサが咲いている。

 雨があがるか?一時的な止み間に準備・朝食。AM9:00頃、傘を差して出発。


 再び本降りの雨の中、コンクリート飛び石の沢を通過、降雨の割には、意外と沢の水量は少ない。

 秋の花もまだまだ咲き始め、クロバナヒキオコシやキンミズヒキ・ツリフネソウ・クルマバハグマを愛でながらブナ原生林を登ります。
画像




 手前尾根に乗りつけたところで、登山道整備・草刈り作業中の地元の方、お二人と交差・会話。

 「今日は登山者が多いな~」・・・・との事。


 途中、エゾユズリハの若い実 をじっくり観察


 斜め木道に緊張させられて、水場の沢数回通過、旧道新道分岐。ココの名物・金属板の案内板がピカピカ。
画像






                       このあたり、ホツツジが盛り
画像






        急ぐ旅でもないし、休み休み登ろうよ~・・・・・・・・(雨は止みましたが)ややヘバリ気味の図
画像







       おっ!おおきなヒキガエル!。このぶんならヤマカガシにも会えるかも・・・胸ワクワク・・・
画像






 ブナ林からダケカンバ・潅木帯へと林相が変わり、高畑スキー場を見下ろす展望台にて休憩。

 雲の中に、七つが岳山腹・帝釈田代山腹チラリ・・・かな?。





 リョウブの花も残り花ですが、アチコチ白い花で慰めてくれます。オオカメノキも赤い実がつややかです。
画像





 まだ青い実のツクバネソウ、原子模型のようなツバメオモトの青い実。


 亜高山らしい針葉樹林帯入り。

 ゴゼンタチバナの赤い実は見かけず、マイヅルソウのウズラ模様の実が目につく位。



                    初秋らしく、オヤマリンドウが出てきました。
画像





                          小屋直下、湿原。
画像



画像



                   終盤ですが、オニシオガマが残っていました
画像



 このあたりの登山道はオヤマリンドウとオニシオガマが綺麗なのですが、登山道整備の草刈跡で、やむおえず「切花」で倒れているものも目につきました。



 「切花」を拾い集めて、小屋前の水溜り(水場ですが、今回は溜まっていただけで使用不能)に活けて愛でましょう。


 午後、小屋到着。麓から持参の水にて、ドリップコーヒーと行動食で一息。

 空きペットボトルを持って、他の水場へ給水兼のんびり花散歩・・・のはずでした。




 往復30分ほどの、目的の水場はしっかり苔に滴る沢で、上等な水が汲めたのですが・・・・・・・・物凄く凶暴な蚊群に攻撃され、花観察・撮影どころではありません。
画像



                    なんとか撮れたチョウジギク(終盤)
画像





 服の上から背中を刺されボコボコになり、まさに「ホウホウノテイ」にて小屋へ脱げ帰ったのでした(蚊対策はしていなかった)。






 小屋では、蚊取り線香をモウモウと炊き上げ、虫刺され箇所もタイガーバーム&専用塗り薬で収まります。

 ウソが啼く夕刻になっても他の宿泊客は訪れず(たまに泊まる事もある)、ゆっくり過ごす事ができました。

 近づく台風の影響で冷え込みも無く、焼肉&ラーメンの夕食後、直ぐに熟睡。

 夜中~明け方、雨。  翌朝まで、寝言は言っても目覚める事はありませんでした。


                       翌8/30の様子は → こちら

 

 



人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

この記事へのコメント