今更ですが中央アルプス@秋山の思い出

 

 速報続報後、山歩きに忙しく、詳細記事アップが延々と遅れ、すっかり里山の紅葉となった今日この頃です。


 今更ですが、登降の行程写真・様子なぞアップします・・・・



                2009.10/5 ナナカマドの鮮やかさ、「日本アルプス」ならでは?
画像






 2009(H21).10/4(土・雨のち晴れ)-5(日・晴れ)長野県・中央アルプス

 【行程】
 宮田高原(林道は夏期間限定の通行可)キャンプ場→延々林道歩き→治山堰堤工事中の伊勢の滝→沢コース→夫婦滝→稜線分岐→濃が池(山中テント泊一泊二日)往復。


 ※現在、伊勢の滝から夫婦滝経由の稜線へのルートは整備されていません。
 道迷いの危険がおおいにあります。決して一般登山道のつもりで入山されませぬように。 




 前夜発、川越IC~圏央道~中央道~(途中SAにて仮眠)~駒ヶ根IC、宮田高原入り。


 標高1640m位、オオウメバチソウの花が綺麗な広い駐車場に車を置き、お湯を沸かしカップラーメンの朝食。

 テント泊の大ザック(木曽駒頂上小屋のテント場に張るつもりだった)準備、出発。



 降ったりやんだりの雨の中、発電所のある黒川上部の林道をあわせ、林道歩き二時間。
画像



画像





 治山工事中の「伊勢の滝」付近の林道を進み、滝脇の休憩地にて一休み。

 このあたりは三回目なので、覚えのある登山道は、やたらと草ぼうぼうながらも、歩けなくはない。

 素直に進む。林の中になれば草も落ち着き、普通の登山道らしく歩ける。

画像



画像


 天気が急速に回復、雲が流れ、上空の青空がでてくれば、元気回復。
画像



画像




 崩壊地出来立てホヤホヤ感のカレ沢二箇所の通過に時間をとられる。


 7合目地点で昼過ぎ大休止。


 先の二股の分岐(標高2300m付近、明快な案内標識あり、飼駒の池方面と夫婦滝濃が池方面)で、幕営地を暫し思案。

 夕方までにはテント場につくだろうと、気を取り直し、先へ進む。

画像


画像



画像


 夫婦滝下の渡渉二箇所が以前の記憶と違い、危なっかしく、通過に時間がかかる


 山中のナナカマドも色鮮やかになってきたが、急速に疲労感に襲われ、牛歩の足取り。


 枯沢・小沢沿いの登山道、見失いがちな赤ペンキやマーキングテープ。確実に目印を拾わないと先に進めず、ますます歩行速度が落ちる。


 どうも道の荒れ具合がタダゴト(中央アルプスにしては)ではない。


 夕方になっても稜線にたどり着くことも適わないと判断し、遺憾ではあるも途中でテント泊。




***************************



      翌日の稜線・濃が池(標高2650m)付近の様子は → コチラ


 現地で通行止めだった事を知り、これまでの予想外に静かな道中&道の荒れ具合に納得。


 名だたるピークを踏まず、紅葉三昧で満足し、南ア・富士の稜線を楽しみ、下山する。

画像



画像




                        観光地の宝剣山荘・中岳
画像




                   稜線から降りてきた紅葉の丘、更にこの上が「濃が池」
画像





                           夫婦滝方面への下山
画像



                               夫婦滝
画像





画像





 帰路も七合目にて昼食・大休止




                   ここからも眺めが良い(宝剣山荘・中岳)
画像



 ここからの帰路も結構長いが、宮田高原取り付きの林道分岐までは下り坂なので、てくてくてく・・・。



 宮田高原への登り返しがちょっとツライ・・・(足がボーッ)




 夕方、ポツネンと我が車だけ待つ、駐車場着。お湯を沸かし、カップラーメンの中食。



 伊那市に戻り、地元スーパーで食糧補給。

 経ヶ岳の登山口でもある羽広観音そばの「羽広温泉みはらしの湯600円」にて入浴休憩。

 伊那IC~中央道(渋滞ノロノロ1時間で済む)・圏央道~川越ICにて、深夜、無事帰宅。







人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE



 

この記事へのコメント