10/31峰越林道歩きで、狢ヶ森(むじながもり)山・日帰り藪尾根山行

 

 どうも、今シーズンの秋山は、藪山っぽい、渋い山行記録が続きます(笑)。


                     貸切の林道歩きは、快適な登山道歩きと同じ
画像




                     速報記事は → コチラ





 2009(H21).10.31(土)晴れ

 前夜発、会津の某地にて仮眠。

 しっかり睡眠をとり、朝霧が晴れ上がる頃、秋色の美しい福島県・奥会津・金山町入り。

 本名ダムから林道入り、法面のスズメバチの巣を確認し、林道を進む。

 いつもの御神楽岳登山口の分岐から、「この先工事中・全面通行止め」の本名津川線の林道へ入る。

 思ったよりも路面の整備が進み、快適な林道ドライブもあっというま、工事現場通行止め地点を確認して、後退。
画像


 邪魔にならないよう適当な駐車地点を探す。

 適当な場所に止め、お湯を沸かし、朝食。

 AM8:30、標高650m付近の林道空き地・駐車地出発。

 工事現場の方々に挨拶して通過

 現場を離れカーブを数回過ぎれば、貸切の林道歩き

 野遊び気分で、山の幸をアレコレつまみながら進みます。
画像




画像





             林道途中から、待望の御神楽岳・笠倉山の展望(これが見たかった)
画像




                            ナナカマド
画像




 AM12:00、標高1130m、県境(塩の倉峠?)広場の様子
画像


画像


                             福島側
画像



                             新潟側
画像







 峠で、あっさりと登山口が見つかったので、安心して突入(新潟側に林道を数分進んだところに、別の登山口もあるらしい)


                         狢ヶ森山登山口(笹薮尾根コース)
画像



画像





 雨量観測施設にて休憩(スパッツにササダニをみつけてビビるが・・・)
画像



 ブナ林の中は良い雰囲気だけど
画像



 前衛峰(1310mピーク)への登りは、背丈を越える笹藪漕ぎ


 前衛峰から狢ヶ森山頂への低潅木帯の藪漕ぎは、川内山塊・五剣谷~青里の密藪を薄めにした感じ
画像




 山頂直前のガレ場からの展望(峰越林道と日尊が倉山・御神楽岳・笠倉山)
画像




 PM1:00-1:30、狢ヶ森山頂(標高1315m)
画像



 浅草岳・粟が岳・川内山塊の展望は霞がかってイマイチ。



 下山途中、前衛峰(1310mピーク)の先で分岐を間違え、快適な道でブナ林をグングン下っていく。


 途中で、方向が違うことに不安を覚え、藪でも登ってきた道へ戻ろうと、ブナと笹薮の中、暫く藪漕ぎ・・・十数分後、尾根道に復帰。

 ※先週の藪漕ぎの苦労を思えば楽なもの(苦労は買ってでもしろ?)




 PM2:00、峠で休憩、峠からのもう一つのピーク・ブナ林が見事だという「日尊の倉山」はまたの機会に・・・


 駐車地点までの7キロの林道歩きも、空腹には耐えられないので、途中の沢にてラーメン中食。


                     道中、ブナ林の眺め
画像






                      夕方、山の展望↓


                            御神楽岳
画像



                         笠倉山(かっこいい・・・)
画像



 PM5:20ヘッドライトを使わない限度の暗さの中、無事、駐車地点着。



 林道脇にてテント泊。翌日は本名御神楽岳へ向かうこととします。








 
人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

この記事へのコメント