3/20快晴の谷川連峰、白毛門

 
 
 前夜自宅発、群馬県・みなかみ町にて車中泊。

 別の山を予定していましたが、3/21の「海山大荒れ」予報にビビるも「山で泊まりたい」気持ちは抑えきれず(楽すると後が怖い)、勝手知ったる谷川連峰・白毛門往復(六年ぶりですが)テント泊にと、直前変更。




                         ブナ坂(仮名)からの谷川岳

画像







 2010(H22).3.20(土)晴れ
 

        速報は → コチラ





 湯檜曽の駅がリニューアルされたのに驚きつつも、土合駅前駐車場(除雪スペース)が空いていて一安心。


 準備・出発。


                           白毛門が見えます
画像




                      麓からの白い三角峰が印象的な武能岳

画像











 雪解けが早い気がする夏道混じりの尾根道、急登。1200m付近でようやく雪道が続くようになる。

画像






 マンサクはまだ蕾



 ヤマガラが囀る



 イワウチワ・シャクナゲの葉っぱ






 谷川岳・岩壁の眺めを楽しみながらの登りが、ずう~っと続きます。
画像








                 残雪の春山歩きならではの雪堤
画像







                暑過ぎる位の陽気ですが、ツボ足で登れます

画像









                 山雑誌のグラビアみたいな景色、頑張りましょう
画像













 早立ち・日帰りの方がどんどん下山・交差します。





 そんな健脚組みの下山の中から、思いがけずも新潟のhiroさんとの嬉しい再会ができました。

 ※たまにはメジャーな山も登ってみるものだと、感じ入ったテントミータカです。







 多くの登山者休憩で賑わう松ノ木沢の頭にてアイゼンに履き替え、山頂へ向かいます。








                    山頂肩への最後の急坂

画像



 ※途中の隠れクラック(雪の割れ目)に嵌ると、腰まで埋まった足を抜くのが大変です。充分注意しましょう。








                         登ってきた尾根
画像









 白毛門山頂からの眺め、続く縦走路は、笠が岳(避難小屋が見える)、烏帽子岳へと・・・

                  ※山スキーヤーさんがのんびり山頂で寛いだ後、滑り下っていきました。

画像











 ここまで大ザックで何とかたどり着きましたが、周囲の様子&明日の下山を考え、もう少し適当な幕営地を得る為、来た道を戻ります。


画像









 積雪もタップリ・安全で展望も良い場所を見つけました。






        幕営地から、武能岳・蓬峠・七つ小屋山の稜線
画像








 雪壁は熱風であてにはならないので、深く掘り込み、風除けも充分な敷地を確保・設営します。


 夜半、麓のスキー場の灯、ささやかな山麓の灯・三日月・星を見て、就寝。


 ラジオの気象予報を聞く度に、ドヨ~ンと不安の黒幕が重く厚くのしかかってきます。






 深夜から、風雨強く、揺れるテントに不安が募りましたが、外に出て「安全圏内」である事を、再確認。

 気分を落ち着かせ眠る事ができました。








 2010(H22).3.21(日)曇り小雪


 翌朝は雨が雪に変わり(最低冷え込みマイナス1.8度)、薄日の射す明るい空。


 降雪10センチ程、つかの間の晴れ間の中、テント撤収。


 頭が痛く、少しふらつきますが、ゆっくりアイゼンで下っていきます。


 途中途中休憩も多めに・・・・、周囲&麓の黄土色の景色に「黄砂襲来」の様子をまざまざと確認できました。


 黄な粉餅のような黄砂の雪面を霰が降り注ぐ。


 今日登る人は誰もいません。


 無事下山。







 みなかみ町・諏訪峡温泉センターにて入浴。

 赤城北面道路経由、大間々・桐生と渋滞の無い一般道にて、夜、無事帰宅。






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

この記事へのコメント

かめ・ふー
2010年03月25日 15:33
テントミータカさん 初めてコメントいたします
20日幕営でしたか
物好きですねと言いながら私も谷川連峰の南部で独りテントに寝ました。
雨は朝の6:30に上がりましたので撤収して上へ向いました。
阿能川岳から小出俣山へと縦走して山頂に穴を掘って潜り込みました。
風が強かったですね。
翌日22日は少しづつ雲も上がり無事に下山できました
21日に歩いていた方がいらっしゃるとは
思わずコメントしてしまいました
2010年03月25日 20:42
かめ・ふー様、初めまして。戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 あの天気で、阿能川~小出俣山界隈でしたか!物好きな・・・(笑)。稜線は雪庇も発達していて残雪の山歩き好きには良い遊び場ですね。今、そちらのブログを拝見しましたら、あのトイレ脇から周回ルートできましたか。来年の参考にさせてもらおうかなと。十二社のほうは尾根の岩場通過が大ザックだと厳しそうですが、かめ・ふーさんはしっかり歩かれていますね、雪洞&豪華な食事といい、とても適いません。
 白毛門も午後遅く泊まりのベテラン風ペアが、白毛門山頂へ向かって、我らが幕営地脇を通過して行きましたから、笠・朝日へと縦走されたのでしょうね。谷川連峰の北部・宝川温泉界隈のルートも面白そうです。
 21日は誰も白毛門に登ってくる人はいませんでした(皆、お利口さんです)。
2010年04月11日 14:05
先週、参考にさせてもらって、行ってきました。

ミータカさんのアドバイス通り、たくさんの人が登っておりまして、トレースも心配なく
ありました。

ミータカさんたちのテント跡もありましたよ。
私はもう少し下のところにテントを張りました。

笠ヶ岳、見えてますね~。
うらやましい。
私が頂上にいた時は、すっかりガスでした。

また、挑戦します!
2010年04月11日 22:26
三脚マン様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 おぉっ!早速出かけられましたか!。しかも我らがテント場跡も確認されたとは(笑)。あの間の岩場トラバースも緊張する場所ですから、三脚マンさんのテント場のほうが安全ですね。
 奥只見での展望は良かったのですが、谷川界隈の天気は読めませんね。なにせ新潟側群馬側双方の悪いほうの天気になびきますから。今回の山行で三脚マンさんの笠・朝日方面への距離も近くなったはずですね。また、お越し下さいませ。