速報、ヒツジの山は、吹雪のテント泊、翌日は極楽バッタリフェア~

 
 ご無沙汰でした。新潟へ行って参りました。


 現在、頭の中と写真メモリーカードは雪山と花祭りの混沌状態(笑)


 2010(H22).

 4/3-4/4、雪の回廊・トットコ硬雪歩き・吹雪・フジツボ式の進化系ウオノメ式テント(雪壁雪洞)・バッタリフェア~

 4/5、雪割草(オオミスミソウ)・カタクリ花三昧撮影散策

 4/6、天平の花祭り、桜のお花見


 



 とりあえず、4/4午前中、無風快晴(前日・正午頃から吹雪ホワイトアウト状態)の雪山稜線の様子を・・・


 ※4/3-4/4、新潟・奥只見・銀山平~日向倉山(山頂肩テント泊)~未丈ヶ岳でした。




       日向倉山までの2009年(H21)の様子は → コチラ、2007年(H19)の様子は → コチラ







                                       

           ♪私には愛するヤマがあるから~

                    信じた~この道を、私は~行くだけ~

                             全ては心の決めたま~まに~・・・

画像

 ハタノしゃんピーク(1376mピーク)への登り途中から振り返る・・・(背景は荒沢岳)
                                               









 4/4・AM7:00、テント場から軽装にて、未丈ヶ岳往復(写真・中央ピーク)へ出発(アイゼン・ピッケル装備)

画像











 振り返れば、昨日の吹雪(ホワイトアウトの下降で、雪庇から落ちるかと思ったよ・・・)がウソのよう、穏やかな日向倉山山頂部(標高1430,7m)。

画像







                              綺麗な雪面です

画像











 未丈ヶ岳(標高1552.9m)の前には、ハタノしゃんピーク(1376mピーク・丸山スキー場からの尾根)が大きく立ちはだかる

画像








                            シュカブラ

画像






 尾根をカモシカが横断していく(下山途中でカモシカ本人も見かける)







 頭の中は天地人のテーマ曲(サントラCD三部作を借りていたりして)が流れ・・・

画像











 AM10:10未丈ヶ岳登頂後、登ってくる日帰り健脚の皆さん、もしかすると知り合いかも?と駆け下れば・・・・




               ハタノしゃん、tamoさん、ほかネットの知り合いでした(笑)

               ※hiroiさんとは、前日、吹雪のテント場作成中にもお会いしていました。







                  は~い!、ニコパチ(グラサンで表情が判らない)

画像




            (左から)雅さんhiroiさんハタノしゃんmimiさん、tamoさん、ど~もでした。





 PM4:20白光橋、着。








          詳細は 4/3入山日・銀山平~日向倉山まで4/4未丈ケ岳・下山





 湯之谷・薬師の湯「ゆーパーク薬師の湯」にて入浴休憩、下越の雪割草・かたくりの里山へ移動。




                                  今日はココまで。
 









 
人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。




MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

この記事へのコメント

2010年04月06日 20:44
書き置きの「新潟の雪山で雪壁テント作ってきます」から、粟の鎖場の下か、あるいはここかなと、ぼんやり想像していました。
山で泊まればこその画像、っんとに素晴らしいです。
同行者のあるかたのポッとつぶやいた言葉「あの2人は山を楽しんでるね」。
ハタノしゃんピーク?!そ、そんなめっそうもない。でもうれP。
2010年04月06日 21:13
こんばんは~魚沼の山へようこそ
2日続けてのご対面でしたね。
もっとも3日は吹雪の中だったので、ゆっくりお話はできませんでした。
同行の女性もすごく感動して、4日には旦那様を日向倉まで案内したそうです。
写真もきれいですね。
2010年04月06日 22:42
テントミータカさん。こんばんは
日向倉山山頂肩でブロック積要塞を見たときに判りました。
間違いない・・・・
また、どちらかでお会いしましょう。
リンク貼らせていただきます、よろしくです。
2010年04月07日 00:22
新潟の皆様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。山頂へお急ぎの皆さんの足を止めて戴き貴重な交歓タイム有難うございました。

ハタノしゃん
 なつかし~!粟の鎖場下テントですか!ブログを始める前のことで、初めてテント場がネットに載った貴重な映像でした。粟のあそこは谷川岳岩尾根のような気がして、年々バランス感覚が悪くなる我らには敷居が高くなりつつ。地元新聞に載った三件の遭難記事を温泉で読んで「ヒトゴトではないな~」と。
 ハタノしゃんピーク、未丈山頂よりもこちらのピークまでの道のりが面白かった気がしています。地形図にも無名ですからゼヒ。

hiroi様
 Tさんもレンチャン日向倉・・・好きね~(笑)。初日の吹雪には参りました。一気に視界ゼロ、まとわり着く雪。テントを張った後でも、体が冷えて、通常営業に戻るまで時間がかかりました。初めから「テキトーなところで幕営」プランでしたが、翌朝、明けてビックリ、展望台でしたね。刺激的な残雪の魚沼の山の記録アップ楽しみにしております。これからもよろしくお願いします。

雅様
 遂に?とうとう?、ネット初心者時代からの憧れのHPの方とバッタリできました!。素晴らしい写真と記事のHP、長くチラチラと覗かせていただいていました。テント雪壁も認知されましたね(実用性よりも趣味性が高いとも)。造っていて良かった~。
 雅さんはドンピシャ登山・最高の天気&展望で歩かれるのですから、雅さんにお会いする時は、今回のような絶景の山ですね。次は雅さんにどこを歩いてもらおうかな?(笑)。
 こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2010年04月08日 22:41
長期間どこぞへ思っていましたらこちらでしたか。
いい所に行かれましたね~
かつて行き損ねたところ、ウラヤマシ!(^-^)
未丈は5本の指に入る好きな山です。
今は大勢の人が入っているようですね。
バッタリもたくさんあったようで楽しそう。
お天気良くて素敵ですね。

2010年04月09日 07:01
sanae様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。お近くでしたね~、そちらでもバッタリフェア~で。
>長期間どこぞへ思っていましたらこちらでしたか。
本格的な登山はこの二日間(健脚な方は日帰りコース)で、後半は花見満喫の四日間でした。
 未丈ケ岳は、今回で三回目ですが、私にとっても、初めてイワウチワを見たり熊とニアミスしたり、普通の夏道ルートでも思い出深い山です。もしかすると豪雪地帯の残雪は多めなのかも?もう少し春の雪山楽しめそうですね。
2010年04月09日 13:39
硬軟とりまぜた山行ブログ楽しみにしております。
最初の写真は「岳」の一場面のような、豪快で美しい冬山景観ですばらしい。
自然の造形美の雪面も美しく。
 私も先週、ジュラ山脈のモンドール山からヨーロッパアルプスを眺めてきました。
ゆるやかな斜面を、数センチの雪を踏みしめ、2時間弱で到達できる“超”軟弱簡単山歩き。(笑)
テントミータカさんのような装備と技術があれば、もっと幅広くこのあたりの山域も楽しめるだろうな。
 日本へ戻ったら、こんな世界を自分で体験できるよう、がんばろうっと思いました。
2010年04月09日 19:58
本読みと山歩き様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 な~にをおっしゃいます!初めての山域・ましてや海外、立派な山歩きですよ。日本に帰国の際、ドコを歩かれますか?楽しみです。
 こちら豪雪・奥只見の山、一面銀世界です。同じコースも三年目で、慣れて歩きやすくした軟弱者です(笑)。