4/29-5/2ネコブ山から巻機山へ縦走(速報というよりもほぼ詳細記録?)

 
 ただいま~!、中越の山から帰ってきました。


 ※豊富な残雪に助けられ、藪は相当隠されたはずですが、それでも厳しい山行でした。


                  5/2朝、三ツ石山から永松越路への下りにて

画像







 2010(H22)

 ①4/29(昭和の日)雨、

 新潟県南魚沼市野中~三国川ダム管理施設先、積雪通行止めゲート~十字峡(泊)
          ・・・徒歩3時間位。

 十字峡登山小屋に管理人さん入り(この日から電気・水・トイレ設備が完璧に使える・・・そうです)


***************************************




 ②4/30(金)晴れのち曇り(ホワイトアウト)、

 十字峡~導水管~桑の木山(1435.7m)~ネコブ山(1794m/1774.3m地点泊)


 ※導水管上の施設広場から先、岩場と崩れかけたやせ尾根の通過が大ザックの身にはキツイ






    ※5/20追記、4/29-30の詳細記事は → コチラ








***************************************


 ③5/1(土)雪のち晴れ、

 ネコブ山~下津川山(しもつごうやま1927.7m)~小沢岳(1946m)~三ツ石山(1586m泊)


 朝の出発時、ホワイトアウトの為、一時間様子見後、再出発

画像







                      名のごとく「ネコブ山」山頂部

画像








                        下津川山へ向かう

画像








                       下津川山(左) 小沢岳(右)

画像







                         小沢岳・・・かっこいい!

画像



 ※崩れかけた雪庇と岩・藪ミックス尾根・ヒドンクレバス、ルート取り・通過に時間がかかる




                         下津川山頂部へ

画像








                  山頂通過後、藪&岩場の夏道を慎重に下る

画像







                   小沢岳通過、1869mピークへの稜線を進む

画像





             1869mピーク通過、巻機山の巨体を眺めつつ、三ツ石山への稜線を辿る

                                        右中央部・三ツ石山(テント泊)

画像




                         他、5/1の写真詳細記事は → コチラ





***************************************




 ④5/2(日)晴れ、

 三ツ石山~永松越路~トンボの頭(1896m)~牛が岳(1961.5m)~巻機山(1967m)~清水(越後交通バス二本乗り継ぎ、車回収)~野中


画像





       最低鞍部、永松越路付近からトンボの頭へ(姥御前から見上げた飯豊本山みたいだ)

                  ※30分ほどの笹藪漕ぎあり

画像






                           カモシカ

画像






                  左・越後三山           中央・ネコブ山

画像








画像















             越後三山(は・な・こ)


                  八海山         駒ケ岳        中の岳

画像








                  ネコブ山から下津川山の黒い尾根

画像








                       熊の足跡

画像










 難所は導水管階段先の岩場・やせ尾根の通過、ネコブ山~下津川山間、牛が岳手前1896mピーク付近の取り付き等々。


 最終日、清水集落と六日町駅間のバスが一日三本の為、PM1:45のバスに間に合うかな?と、AM11:00の巻機山山頂(スキーヤー登山者で大賑わい)から一気にグリセード混じりの駆け足下り。


 バスに間に合い、車を回収できた事(六日町~野中間は本数多し)。

 今時の巻機山は登りより下山に使うほうが便利・・・だと思います。




                         他、5/2の写真詳細記事は → コチラ






                         野中のバス停にて

画像



 巻機山~清水峠間の縦走者の多さに比べ、下津川山・丹後山への縦走者は少ない。

 今時の丹後山へのアプローチ・三国川沿いの林道は、沢に詰まった雪斜面の滑落・雪崩の危険性があり、テントミータカはあの林道を使う気にはなれません。




 山中、縦走路交差者二組(巻機山から三人・小沢岳山頂エアライズテント一人?)、新鮮な熊の足跡二箇所(三ツ石山鞍部&牛が岳付近)、カモシカ一匹、(ネコブ山テント泊時)脇にウサギの泊まった跡




 車回収後、大賑わいの「さくり温泉健康館」にて入浴休憩(370円)。

 館内窓からネコブ山?が見える。駐車場にてカワラヒワ二羽も。焼肉定食(850円)は付け合せの野菜サラダもタップリ、美味しくオススメ。


***************************************





 久々の真面目?な縦走山行にて精根尽き果て(靴擦れ・腰痛・筋肉痛・外反母趾痛、エアマット穴あき&ザック肩紐縫製ホツレ)、5/3-4は滋養保養の花撮影散策モード、さきほど無事帰宅しました。








                            








人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE



この記事へのコメント

山の幸
2010年05月05日 08:01
 初めまして。
さるやの石 マンゴーマスターの山の幸と言います。
以前からこちらを拝見させて頂いています。小沢岳 格好良いですよね。
奥利根湖から見ると二つ山頂がある様に見えますが? 導水管の階段 登りましたよ。ネコブ山までは行けませんでしたが桑の木山までは行ったことが有ります。
途中 カタクリやイワウチワが満開で感動ものでした。確かさすらい人さんが逆コースで歩いているような? 詳細お待ちしています。

すみません。中尾ツルネもこの時期登っていますので興奮してコメントしてしまいました。
2010年05月05日 19:48
こんにちは~
トップのお写真で完全に引き込まれました。
その後も迫力のある世界にため息とドキドキの連続でした~
自然の素晴らしさの他にも
熊の足跡に出くわしたかと思えば
ウサちゃんのベットを発見したり
カメラ目線のカモシカとの出会いなど
充実したゴールデンウィークだったのですね~
2010年05月06日 07:25
5/5寝坊しつつも、近場の山で軽ハイクでGWを締め、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

マンゴーマスター山の幸様、こちらこそ初めまして。
 「さるやサンの石」実物を手に取れる日が来るのか?大いに疑問なテントミータカです(笑)。
 さすらい人様や皆さんの記録から、難所は先に済ませておこう(ダメなら他へ転進)と、この行程としました。イワウチワ、群生していましたが、一気の満開という様子ではなく蕾や枯花交じりという按配、花にかまけると足が止まってしまうので、残念ながら、今回はジックリ撮影できませんでした。巻機山下山口付近のマンサクも一斉の黄色で見事、桜坂の桜もピンクで咲き始め、綺麗でした。
 残雪の状況によっては、中尾ツルネの登りも候補でしたが、今年は残雪が多いそうで、たいした技術も無いのであっさり諦めました。本谷山~丹後山間も来年以降の課題です。詳細は・・・気長にお待ち下さいね。

mikko様
 東北のほうは生憎な天気でしたね、先日「天平の丘公園」で見てきた雪子&霜子のおじいちゃん桜の、石割桜が満開だったそうで、桜は楽しめた事でしょうね。今回は慎重な相方さんがつぶやいた「行ってもいいよ」に、気が変わらないうちにと、急遽決めた、懸案の課題ルートです。この冬から春先の山行経験が存分に生かされた山行でした。牛が岳からはコレまでの静けさから一転して「百名山」らしい大賑わいの山と変わり、逃げるように駆け下りました(笑)。GWの残り三日間はボロボロの身体慰労に費やしました。トシですね~。
さすらい人
2010年05月06日 22:53
お疲れ様でした。このコースを歩くと、体はボロボロになって回復に時間が必要になりますね。私は、東北の某山で、テントミータカさんに出会うかなと思っていたのですが、こちらの山だったのですね。
越後屋
2010年05月07日 15:17
 くまさんの足跡、写真からするとかなりの大物のようでございます。
バッタリしなくて よかったよかった。
 この時期の越後の稜線、どこに行っても楽しませてもらえます。
降るときに、マンサク/タムシバ・ショウジョウバカマ、カタクリ・・・・桜
晴れた日に、山里の春の中へ降ってゆく感じはこれまた何とも言えずワクワクします。
 巻機の頂上付近であと一時間くらい、のほほんとしていたら
お会いできたのかもしれませんが、あまり混雑しないうちに降りたかったので、
そそくさと降りてしまいました。 お会いできたら、桜坂から野中まで
白タク(?)できたのに残念でございます。
次回こそ楽しみにしております。 越後屋拝
2010年05月07日 18:57
新潟のお二方、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

さすらい人様
 今年の連休山は、お互いの例年と逆パターンでしたね(笑)。今年は連休前半の天気に賭けていたので、東北方面は回避しました。いつも山行記録を参考にさせてもらっております。今回は逆コースで豊富な残雪でしたが、山中でも、さすらい人様の記事を反芻し勇気付けられました。核心部が天気に恵まれ大満足です。それにしても、大ザックでの縦走は疲れますね~。暫くは定着テント&軽装ピストンでいいかなと。ヘナチョコ体力で、テント泊での毛猛・矢筈の課題も遠くなりました。

越後屋様
 熊の足跡、永松越路付近にもあり、そちらは幾分小型でした。巻機は大賑わいとなっていましたね、縦走パーティもほとんどが「清水峠」との事で。清水峠方面は藪があっても、無雪期でも歩けるのですけど、今年の豊富な残雪で歩く人が多かったのかな?。清水集落に入ると、山麓といえども残雪の多さに目を見張りましたね。それでも、雪割のように桜が咲いていたりして、癒されます。
 車の回収方法がネック(タクシーを使うほど裕福でもなく)でしたが、越後交通のバス二本で間に合い、バスからの車窓景色&六日町駅前の様子、面白かったです。越後の春、堪能できました。いつか、お会いできる事、楽しみにしております。
2010年05月08日 15:00
おはようございます。
すばらしいです。
「ネコブ山」山頂部は大迫力、歩けないですが、歩いてみたい。
最近本ばかりで、「高熱隧道」も「神々の山嶺」もまったく違う分野ですが、感動しました。
中越の山々も、人が近づかない?近づけない?この季節は、まさに神々しい風景です。
2010年05月09日 23:56
本読みと山歩き様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 「神々の山嶺」は未読ですが、「高熱隧道」は面白かったですね。黒部の太陽も新装版(笹島氏のコメント入り)もあわせて読むと更に感慨深くなります。コレを読むと、今でも事前応募で予約できれば見学できる欅平~黒四ダムの見学会にも参加したくなりますね。
 四月の中旬以降の新雪で山が白くなったので、景色もよく、大雪のおかげで歩けたようなものです。
 それにしても、とても疲れましたので、二度と行く機会はないです(笑)。