7/3-4、高谷池テント泊。ハクサンコザクラの庭は、ミズバショウと残雪の庭でした

 ちょこっと咲き初めでした。


                     ハクサンコザクラ

画像





 2010(H22).7.3-4

 久しぶりのテント泊は、雨でした。




 前夜出発、登山口付近駐車場にて仮眠

***********************************


  7/3(土)、新潟県妙高市笹ヶ峰の火打山登山口より出発


 キセキレイを見る歩き始め、足元、木道脇にはベニバナイチヤクソウ・ギンリョウソウ



                 ブナ林(木道が整備され歩きやすい)

画像



 ギンリョウソウ多し(株も大きい)






 タニウツギの揺れる黒沢橋にて休憩、虫除けスプレー&タイガーバームで防虫対策


 ここから本格的な登山道


 ショウキラン


 十二曲がり道標小広場にて休憩


 凍らせたスポーツドリンク給水






 花びらの散ったばかりシラネアオイ


 木道&石の土嚢で登山道の整備が進み、以前よりも格段に歩きやすい





 コメツガ・オオシラビソの針葉樹林帯


 残雪歩きが増える(例年より格段と多い残雪)

 エンレイソウ





 富士見峠で休憩


 オオバミゾホオズキ

 ユキザサ



 残雪斜面増える


 キヌガサソウ・サンカヨウ咲き始め


                        キヌガサソウ

画像











 「空きあります」看板、高谷池ヒュッテ着。テント場受付(一人400円)を済ませ、指定されたテント場へ向かう

画像







 テント場の丘、ミネザクラのピンクの花が満開、既にテント三張り設営済み、住人は留守(火打山ピストン?)

画像




 水はけの良さそうな場所を選び、刈払いされたばかりの笹を集め、床下に敷き詰め排水用とする

 久しぶりに使う、夏山用レインフライ、ややかび臭い(笑)




 テント設営(蚊取り線香も点ける)、遅めの昼食。




 後、まだ雨が降りそうも無いので、天狗の庭まで散歩

 
 妙高山への分岐付近、高谷池の縁はミズバショウが見頃

画像







 霧で視界不良、残雪多し






 天狗の庭、看板ベンチ付近、イワカガミ(盛り)・ハクサンコザクラ(咲き始め)・イワイチョウ(見頃)

画像







 ミズバショウが咲く池は濃霧、ミヤマキンバイ咲き始め。木道端までで、戻る

画像






 夕方、霧が晴れ、焼山・裏火打・火打山の展望が開ける・・・・も、つかの間、再び霧の中へ・・・


 初めてスカートの「山ガール」を見かける


 地産地消の山菜追加で、焼肉&ラーメン夕食


 
 笹藪の奥、丘の上の指定テント場は夕方からの雨で、敷地の水はけの悪そうなところは水浸し
 (雪上設営のほうが、冷え対策以外は楽かも?)


 一晩中、本降りの雨、浸水テント多し(深夜から未明、人の動き多し)



***********************************


 7/4(日)


 火打山への登頂はやめ(雷鳥坂の雷鳥確認ができず唯一の心残り)、未明からの鳥(ウグイス・カッコウ)の声を楽しみながら、ごろ寝。


 無事、床下浸水無しのテント撤収、下山。


 本降りの雨、林の中の下山は傘も便利。



 コルリ・キビタキ・ウグイス・ホトトギス・ミソサザイ・クロジ・アオジ・キクイタダキ・メボソムシクイ・ルリビタキ・カッコウ・ウソ・コマドリ・ホシガラス・・・野鳥のさえずりが賑やかで、のんびり楽しめた二日間


 駐車場にて濡れ装備・荷物をまとめ、帰路を急ぐ(最寄のICから北関東へ)。

 小布施PAの栗ソフトクリーム(330円)、絶品の旨さ!


                                 ソフトクリーム記事は → コチラ





 雷雨後の北関東、カッパな寿司屋で早めの夕食、帰宅後、濡れ装備一式の洗濯&乾燥、後始末に大忙し。



 とりあえず、夏山テント泊の予行練習は無事終了




                               追加記事は → いづれ











人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。



MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE




 

この記事へのコメント