8/14観音平から編笠山・青年小屋

 速報の山 、詳細記事(というよりも写真ペタペタ・・・)アップ開始


【行程】

 2010(H22).8/14(曇りのち雨)

 観音平駐車場(仮設トイレ二基あり)~編笠山~青年小屋テント場(一人800円、12張り、水場は「乙女の水」)




 前夜発(今回は東松山IC~関越道・南下~圏央道~中央道・小淵沢IC、ETC特割1000円※川越ICから乗るよりも安い!)、小淵沢の某所にて仮眠。雨やまず・・・がっかり。


 一応、雨がやんだようなので、天女山駐車場へ移動・・・濃霧。

 車内ラジオの天気予報も芳しくないので、当初予定の、三つ頭・権現岳・キレット小屋テント泊を撤回。

 観音平から青年小屋テント場への、のんびり行程に変更(編笠山も登る予定ではなかった・笑)。

 今年はトイレも無い登山口との情報を知っていたので、それなりに用を済ませ、観音平駐車場へ移動。




 車道沿いのフシグロセンノウの橙色の花を愛で、期待と不安の駐車場は車六割の入り。

 綺麗に管理された仮設トイレ二基があり、二安心。

 明るい空の下、朝食カップラーメン&コーヒーでお腹満腹、軽装の皆さんの後を、大ザックの身で歩き出す。




 駐車場の草叢に白いゲンノショウコ。

 登山口「熊注意」看板脇に、ハクサンフウロ・・・かな?アサマフウロ?タチフウロだそうです。

                          nonaさん、教えてくれて有難う!
画像




 他、ツリガネニンジン・ワレモコウ・ママコナ・シュロソウなど・・・


             歩き始めは関東の山らしく、カラマツ植林の遊歩道のような道

画像








 半寄生植物(後で知った)に見えない、綺麗なママコナが「雲海」間での道中、楽しませてくれました。

画像








画像





 「雲海」のベンチ付、小広場にて休憩。富士山が・・・見えません。





                           キンミズヒキ咲きはじめ

画像






 唐松から天然針葉樹林帯に変わり、苔むした石と「八ヶ岳」風おちついた森巡り、渋くも涼しい道に変わります

画像







 ※家族連れや林間学校風団体様が多く、「ヤマヤ!」な人はごく一部でした。

 噂どおり、「ヤマヤ!」の皆さんは、お盆休暇を使って、日本アルプスまたは遠征の山へ出払っているのでしょうね、たぶん。






 水の無い「押手川」分岐(青年小屋へ山頂ルートとトラバース道の分岐)にて休憩

画像





 どうやら天気も時間も余裕があるので、久しぶりに「編笠山」山頂経由の道で、青年小屋(テント場)へ向かうこととします。

画像







 大石ゴロゴロの急坂がきつくなり、ホシガラスの声が聞こえ、ハイマツが出てくると・・・この看板




                     下戸ですが、頑張りましょう!

画像








                           山頂縁着

画像






 草付には見頃のウメバチソウ、終わりかけのミネウスユキソウ、アキノキリンソウ・オヤマリンドウ、色づき始めたコケモモの実





                     タカネヒゴタイやトウヤクリンドウも

画像









画像





 晴れならば好展望の山頂です、今日は雲の中、展望もなく、茅野側からの風も強く冷たいので、風除けの場所にて空腹を落ち着かせ、青年小屋へさっさと移動しましょう。










 小屋の物音が聞こえてからの岩伝いの道が険しく、膝が疲れ始めた頃、小屋前の広場着。




                       キオン

画像








  エエ・・・テントミータカ隊は下戸ですから(冬季避難小屋状態じゃない青年小屋を見るのは久しぶり)・・・・

画像







 テント受付を済ませ(一人800円、たぶん綺麗(紙・消毒セット付)な洋式バイオトイレ使用料も含んでいるのでしょう)、小屋から一番遠いテント場隅っこに設営。



  100円ショップで仕入れたペチャポリタン二袋持参で、「乙女の水」へ給水がてらの散歩(片道5分)


              セリバシオガマ群生に見とれてしまいます




                    金銀アルミ柄杓付(冷たくて甘露な名水です)

画像




 怪しい空模様なので、西岳往復もなく、降雨に備え、レインフライをしっかりと広げ、後はテント内で静養・夕食・熟睡。(夜間降雨)。






  続きは → 8/15南八ヶ岳、青年小屋~権現岳・キレット小屋・赤岳(花写真メイン)








 
人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。




より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

                 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年08月20日 19:41
こんばんは
すごい荷物ですね、重そうですね。
観音平から八ヶ岳を横に歩く横断道は私の秋冬の散歩道です。(まだ1回しか歩いていませんが)
夏は登る暇がないので、花を見ることができてうれしいです。
やはりこのへんに咲いている花と同じものがあったので、なぜか安心してしまいます。
権現岳には恐い階段があると聞いていましたが、噂どうりのようですね。
私は行く勇気はありません。
続き楽しみにしています。
2010年08月20日 19:45
先程書き忘れました。
最初のフウロソウはタチフウロです。
このへんによく咲いています。
2010年08月22日 23:36
nona様、戴いたコメントへの返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 花時の八ヶ岳を歩くのは初めてで、見る花全てが楽しかったです。又、少し時期をずらして歩いてみたくなりました。タチフウロ、教えていただき感謝しています。ピンクのフウロソウもいろいろ種類があるんですね。