11/27-28紅葉三山@いわきの里山

 
  昨年の二ツ箭山に続き、一年ぶりのいわきの山々にて、紅葉ハイキングでした。

 2010(H22).11/27-28


            稜線よりもアプローチ林道・山麓・山腹のモミジが見頃・綺麗でした。

画像






画像




 11/27は、千軒平溜池・登山口駐車地から 三森山・猫鳴山~林道歩き~駐車地



 ※登山口までのアプローチ林道も素晴らしい紅葉三昧のドライブでした(四駆・軽トラのほうが走りやすいか?)。

 



                       登山口の山神様

画像






                       歩き始めで、この彩り!

画像




画像




 三森山山頂(656m)付近からは太平洋・海岸線を望み、火力発電所・原発・沖合のタンカーなども見えました。

 ※日本海を眺める機会が多いテントミータカ隊にとって、太平洋は珍しい眺めでして(笑)





 猫鳴山へ向かう途中でも紅葉の綺麗なところがありました。

画像






 送電線巡視路分岐で、方向を間違えて下降。40分の時間ロス。

 林道終点へルート修正後、猫鳴山までで時間切れ、林道を6六キロテクテク下降で駐車地へ戻ります。

 ※猫鳴山820mから、隣の吃兎屋山(きっとやさん875.1m)ピストンを含む予定でした。

画像









 駐車地着、ひとまず休息の為、適当な場所に移動し、幕営一泊








 11/28朝、砂利林道で山(丘?)越え(途中「逢瀬の滝」見物)、吃兎屋山の別の登山口へ移動します。



 今度のルートは、加路川林道から吃兎屋山~猫鳴山~加路川林道下降




 加路川林道ゲート前登山口から歩きます。

 (最短ルートだと30分で吃兎屋山山頂(アンテナ山なので)ですが、それではつまらないので)






                      この林道もモミジが見頃

画像







 林道歩き終点の吃兎屋山・猫鳴山分岐から吃兎屋山への登りは、迷う事はありませんが、急坂・背丈のススタケが被り、ほっかぶりして歩きたい藪道状態。







 アセビの森、着いた山頂は、一等三角点補点とアンテナ施設と、イマイチな山頂名表示の標柱。

画像




画像









 猫鳴山方面へ向かいます






                       猫鳴山の肩、分岐点

画像





 この分岐点から沢沿いに下り、加路川林道に出る間の紅葉も見事でした




画像







                 登りの林道分岐に戻り、林道歩きの下山

画像








                       林道ゲートすぐ先の紅葉

画像








 山中で出会った登山者は、初日一名、二日目二組(四名)、他、送電線鉄塔整備関係者。


 帰路は磐越道・常磐道・北関東道にて渋滞無くスムーズに帰宅。久しぶりの290円ラーメンの夕食。


 ※今時のいわきの里山歩き、紅葉が見事で、ぜひ来年も歩いてみたいものです。


               他の綺麗な紅葉・葉っぱ写真記事は → コチラ






        詳細は  気が向いたら?










人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE




この記事へのコメント

saba
2010年11月29日 22:18
初めまして。たびたび、こちらのブログは拝見させて
頂いておりました、いわき市在住のsabaと申します_(._.)_

地元の山をこうして紹介されていることに大変感銘を受け、
勢い余ってコメントさせて頂きました。

いわきへ越して1年未満で、いつも単独な私は、
二ツ箭山をピストンしているだけでこうして、
興味のあった道々を紹介して頂けると次はこちらを
真似て歩いてみようと思う次第であります(^^ゞ

紅葉も綺麗で、また楽しみが1つ増えました。
ありがとうございました^^
2010年11月30日 20:14
saba様、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 最近では「自己満足だけかな?」と自問自答しつつ、山記事をアップしていますが、こうして、地元の方にまで喜んでいただけるとは山ブロガー冥利につきます。 この三山はもっと安近短・ポピュラーなコースもありますが、晩秋の今ならではと、山麓の紅葉を愛で、静かにノンビリ歩けるコースを考えました。(真面目に歩けば一日で三山歩く予定ではありましたが・笑)
 コチラの山々の紅葉は透明感があってまた独特の色合いで楽しめますね。今回は海の幸と温泉はパスしましたが、そちらも併せて楽しみたい山域です。

 saba様のコメントで、私こそ元気をもらいました。有難うございます。