9/17-18登山道が荒れた会津三ツ岩岳へ

 2011(H23)9/17-18は、新潟福島集中豪雨の爪痕も生々しい、南会津町(旧伊南町)の三ツ岩岳へ登ってきました。


 ※不安定な状況の為、このあと地形・登山道の激しい変化が考えられます、くれぐれもご注意願います。



 ガイドになりそうな、無傷の詳細行程記録は、→ 4年前のコチラ




                   9/18山頂は秋色の兆し(日光連山を望む)

画像






                            登山口の様子

画像





                      入山口、「登山はご遠慮下さい」看板二箇所

画像





 「ダメなら引き返せばいいさ~」通い慣れた道のりなので、無理せず出たとこ勝負で、入山


 歩き始めすぐ、沢沿いの道が、山肌ごっそり土石流で大荒れ

画像





画像





画像





画像









 慎重にわずかに残った道のりを辿れば・・・

画像








 コンクリの渡渉点が傷跡深くも何とか残って、渡る事ができました

画像





画像






 ここから上部は被害ナシ(旧道・尾根ルートも登山口からの取り付き点がやや荒れ気味で、尾根に取り付けば荒れてはいなかったそうで)

 登山道は乾き気味(道中、途中の水場は採れる」)で、快適な道のり



                          ツリフネソウ

画像






画像






画像







                           今時珍しいイワウチワ

画像





                             ツクバネソウ

画像








                           ゴゼンタチバナ

画像









画像





 避難小屋前の水は・・・・ここ数日の快晴・真夏モードで渇水(お泊まり用水は、窓明山方面の水場で調達(往復30分程)

 黒檜沢歩きの沢屋のグループと静かに同泊(キジ処理マナー(スコップがあるのにネコにも劣る)が残念な方々だった)






 9/18は空身で、貸切の山頂往復。

画像




画像





                    会津駒方面への稜線(燧ケ岳の耳がチラッと見える)

画像





                            日光連山

画像







                          山頂から下山

画像







画像







                           二股山方面

画像





 小屋に戻り荷物をまとめ大ザック姿に戻る。


 帰路は、素直に往路を戻る(旧道ルートからの日帰りのご夫婦と交差)

 無事、駐車場着。



 南郷村経由、きらら289にて休憩&産直野菜購入。会津田島から塩原温泉・矢板経由、夜、帰宅








人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE



 

この記事へのコメント

2011年09月27日 04:26
台風の後、キビシイですねえ。
自然っていうのはこういうモノなんですね。
慣れてるからこそ登れますが、気をつけてくださいよ
2011年09月27日 20:50
こんばんは
今回のレポで集中豪雨の被害がいかに大きなものであったか新ためて驚かされました!
一つの山だけで このような甚大な被害を見れますので、周辺は大震災の後の豪雨でしたから、地盤が相当に緩んでいて、これからさき大きな地形変化も起きそうですね。
2011年09月28日 21:56
皆様、戴いたコメントへの返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。登山口までのアプローチ国道沿いの土石流被害も甚大で、半壊全壊の家屋が何軒もあり、予想以上の被害に驚きました。
 タフィー様、集中豪雨で山の保水力を上回った雨量、これほどの被害がでるとは、平素は思いもかけず、つくづく感じ入りました。

リッキー様
 現地へ行ってみて、報道以外でも今回の集中豪雨の被害甚大さを知りました。中腹から山頂が無傷だったので何とか歩けましたが、恒例の登山道草刈りも、さすがに手が廻らない様子、地元の皆さんの苦労が偲ばれました。ブナ山の保水力を上回る雨量だったのですね。お互い、無理しないよう用心して歩きましょう。
2011年09月28日 22:45
あの綺麗な沢筋の登山道がここまで被害がでるとは…言葉もありませんね。
会津や中越の山々がどんな惨状になっているのか想像もできないです。
以前登った時には靄っていて余り遠望が利かなかったのですが、上部からの展望は正に重畳とした山並みが見えるのですね。行きたくなってきましたよ。
2011年09月29日 18:25
SONE様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 歩き始めの沢沿いの道、トチノキやブナ巨木が一機に流されましたが、土砂が大規模林道並みのローラーをかけた様子で、このまま安定してくれれば、コレはこれで歩きやすいかなとも思えましたが、一見さんにはオススメできませんね。コンクリ階段が残っていたので、沢上部は、なんとか持ちこたえたようで。
 ・・・こちらこそ、清川の小屋、久しぶりに泊まりに行き、小屋管理の方とお話してきました。10月はツアーで賑わうようで。SONEさんの記事、いつもお世話になっております。