テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/9-10雨の中、利根川水源の山へ・・・

<<   作成日時 : 2018/06/11 20:37   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

下山時にようやく展望が開けてきました。

 中の岳稜線
画像


天気予報とにらめっこ、体力テストと天気イマイチで静かに山を楽しめるでしょう・・・と、昨年同様、定例地へ避難小屋一泊で・・・

2018(H30).6.9-10

【行程】
 南魚沼市十字峡登山口〜林道〜丹後山避難小屋・丹後山〜水源碑(小屋泊)往復

6/9、早朝から歩きはじめ、丹後山登山道一合目から雨具着用(下ズボン、上傘)

 カメラをザックにしまい込み、山頂小屋まで、ゆっくりと登る。

 風がなく、降ったり止んだりの雨で、展望もない中、正午前に小屋着。
画像


 小屋の有難さをつくづくと感じながら、荷をほどき、濡れた服を着替え、温かい食事後、仮眠

 午後三時ごろ目覚め、霧の中、水源碑まで散策

 足元の花が早く進んでいることを観察し、小屋へ戻り、のんびりと過ごす。

 心の人と共に、貸し切りの一夜となる。

*****************

6/10、期待していた朝の展望もなく、霧の中、昨日よりは乾いた空気であるので、朝寝坊の後、荷物をまとめ下山とする。

今日はカメラを使える

笹原の下山路、ネコブ山は雲の中
画像


獅子岩と三国川ダムの霧、高倉山
画像



群馬県境の山頂はすっかり滝雲、越後三山方面は青空

ゆっくりと下山するうちに雲がとれ、ようやく中の岳、ネコブ山を拝謁する。
画像


タムシバ、ムラサキヤシオ、アカモノ、マンサク、イワウチワなどなど、早春の花から、ベニサラサドウダン・ツマトリソウ・シラネアオイと初夏の花も取り混ぜて、多くの花々を見ることができる。
画像


画像


画像


画像


コルリ・クロジのさえずりが、エゾハルゼミの声が響き渡る頃になれば、中の岳も昨年より雪解けの早い姿でくっきりと聳える

画像


画像



            ネコブ岳、桑の木山
画像


            日向山から中の岳の稜線
画像


画像


お気に入りのブナの道
画像


ギンリョウソウ
画像


画像


例年より残雪も小さい林道歩きの花も、タニウツギが盛りを過ぎ、ヤグルマソウが花咲く。
画像


 昨年は展望がよく入山者でにぎわったが、今回は天気イマイチだったが、ゆっくりと貸し切りの山・小屋を楽しめたので、これはこれで良い。

駐車場にて、イワナ釣りの人と会話、荷物をまとめ、下山後の温泉はいつもの「さくり温泉」

塩沢の道の駅に寄り道、三国峠・赤城北面経由、夕方無事帰宅。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今週は木金が休みなのですが、老母の診療所のアッシーを仰せつかったので
フリータイムは1.5日。
どこ行っても花が楽しめそうな季節ですが。
この記事で林道状況をゲットし、本谷山も候補に上がりますます行き先を絞り込めなくなっちゃいました。
あと、「ミミオレ」っていう猫ブログ おもしゃいです。しぇば。
ハタノ
URL
2018/06/13 04:06
ハタノシャン、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 昨年と違って地味な山行でしたので、誰も興味ないかな?と自己満足の記事でしたが、お役に建ったようで嬉しいです。本谷山も雪が解けて歩きやすい状況と思われます。この界隈、きつい登降ですが、好きな人は好きな山域ですよね。そうだ、猫記事も、アップしなくちゃね〜。
mikagemori
2018/06/14 18:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6/9-10雨の中、利根川水源の山へ・・・ テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる