1/13六年ぶり再訪、社山南岸尾根歩き

2019(H31).1.13


 湖畔遊歩道からの社山・南岸尾根
画像


 社山山頂先、縦走路鞍部の景色
画像


 冬晴れの好天気予報、されど寒気にすっぽり覆われているので、様子見兼 2013年の積雪期テント泊の懐かしい思い出を巡り、社山へ向かいました。

【行程】

 中禅寺湖スカイライン入り口ゲート前駐車場~阿世潟~阿世潟峠~社山~縦走路分岐~南岸尾根~阿世潟~駐車場


 無人の駐車場。冬靴の靴ひもを締め、アイゼンをお守りに背負い、ピッケル片手に歩き出せば、心の人ともに、いつもの雪山モードに戻り、歩きやすい遊歩道を、快調に進みます。



 狸窪から半月峠へ向かう単独氏を見送り、先へ進みます。

 阿世潟峠への登りは積雪があるものの、アイゼンは必要なく、峠に着けば、雪の影も薄く、晩秋の様子で登頂できそう。

 道はところどころ、凍り付いた踏み跡があるも、雪と笹に逃げて急坂を登る。早くも下山の単独氏と交差。

 男体山、中禅寺湖、南岸尾根を見ながらの快適な登り。
画像


 山頂直下で新雪歩き。
画像


  無事、山頂着。

 2017年は登頂できなかったので、当初の予定は、阿世潟峠往復でしたが、積雪が少なく、南岸尾根の積雪も少なく、体調も良し。

 ・・・・社山山頂から展望地経由縦走路から南岸尾根経由で周回できそうだ。

 社山山頂先、展望地で様子見していると、南岸尾根方面から5.6名のグループの声。

 展望地にて足尾方面の山並み(雲多めながら袈裟丸・皇海が見える)
画像


 鞍部へ向かい、挨拶。彼らが南岸尾根から来たことを伺い、安心して、懐かしい尾根へ向かいます。
画像


 穏やかな好天気、高原風、笹原と木々の穏やかな尾根。
画像


 錫が岳、日光白根山、日光連山の展望を 心の人ともに、存分に楽しみ・・・
画像


画像


画像



 ・・・テント泊の思い出も懐かしく、歩きやすい尾根道を巡ります。

 程よい積雪量で、ツボ足で充分、快調に歩けます。

 シャクナゲのピークで休憩、湖畔からの急坂を慎重に下降、湖畔遊歩道に降り立ち、休憩。

 駐車地までの湖畔遊歩道をのんびり歩き、戻ります。

 男体山、大きい
画像



画像



 湖畔にてカイツブリ数羽を観察
画像


 ・・・充実した社山山行となりました。

 さすがに疲れたので、やしおの湯で入浴休憩後、帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント