1/14静かな雪の鶏頂山

2019(H31).1.14

 山頂の霧氷が綺麗でした
画像


  2017.1.29のラッセルハイクの記憶、 2018.3.11堅雪の歩きやすい記憶、 2015.1.11の絶景の記憶が懐かしく、寒中の鶏頂山詣でとなりました。

【行程】

 鶏頂山スキー場入口駐車スペース~スキー場最上部~弁天沼~鶏頂山(往復)

 龍王峡駅前駐車場にて朝食。日塩有料道路入り、快晴の空模様、いつもの駐車地にて準備。

 堅雪?柔雪にワカン持参で歩きはじめる。 
画像


 正月山行だろうか?新雪に埋まりながらも古いトレースを辿り、ギリギリワカン不使用で旧スキー場最上部経由、弁天沼入り、小休憩。

 古いトレースを埋め尽くす柔らかい新雪、ワカン使用でも埋もれそうと判断、粘れるところまでツボ足で、ノートレースの登山道を進む。

 何とか稜線着。
画像


 ここから山頂まではワカン使用でも良かったが、どこまでツボ足で登れるか?試しに進む。
画像


 勝手知ったる道のり、ふかふかの新雪で腿まで潜るところもあるが、膝付きでやり過ごし、麓から三時間半かかって、山頂神社着。

画像


画像




 周囲の展望は雲が多く、それほどではない(男鹿山塊が見えなかったのが残念)。

 目前の釈迦が岳・中岳
画像


 女峰山
画像


 白根山ズーム
画像



 ・・・が、陽があたると、木々の霧氷が素晴らしく、その造形に心ときめかされる。
画像


画像



 神社の軒下で、心の人ともに、ゆっくり昼食休憩。




 雪景色を堪能し、下山。

 稜線から弁天沼への下降途中で、今日初めての登山者、ワカン履き単独青年氏と交差、挨拶。

 所々で休みながら、ゆっくり下山。

 旧スキー場跡の景色(笹・樹々が年々大きくなっている)
画像


 

 下りは早く、山頂から、二時間で駐車場着。



 夕方前に無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント