3/3曇天でも歩けて幸せ、東谷山・日白山

2019(H31).3.3

 北関東よりも新潟側の天気が持ちそうなので、残雪期の定例地、 昨年3/18以来の、二居峠から東谷山・日白山を歩きました。

 東谷山山頂部から日白山を望む
画像


 宿場の湯脇の駐車場に一番乗り。昨日の雪の様子から、ワカンは不要だろうと、ピッケル(アイゼンはお守りにザックに詰め込み)片手に出発時・・・後着の、この山を初めて歩くという単独氏に山の様子・ルートの概要を話し、二居峠めざし歩き出す。AM6:40発。

 前日のトレースもたくさんあり、山頂まで、丸足で歩ける。

 文明屋さんから右へ進み、北陸自然歩道の案内板から豊富な積雪の杉林入り。

 二居峠から鉄塔めざし・・・
画像


 上信国境は滝雲、向かいの白い苗場が見える

 AM9:00、東谷山山頂の雪庇が大きい
画像


 曇天で日白山の姿が冴えない
画像


 AM10:00-10:15、数人の登頂者でにぎわう、日白山

 途中で追い越された元気なペアは、タカマタギまで足を伸ばす。
画像


 暫し。休憩。目前の谷川連峰は稜線は雲の中。霞んだ空に、金城山・巻機、奥に八海山を確認しできて良かった。

 登る途中で、下山は林道歩きも考えたが、体力が持ちそうなので、稜線通り、往路を戻る。

 今まで、東谷山山頂でテント泊山行が多かったので、稜線歩きのほうが、心の人と語り合う想い出も多い。

 ・・・と、雲の中に、平標山頂部がチラリと覗く。
画像


 この天気では、展望を期待していなかったので、こえはこれで嬉しい景色だ。

 往路も雪の緩みも少なく快調に下山。PM0:45駐車場着。

 林道コース下山の朝の単独氏と再会。
氏は、平標山の予定だったが登山口の様子からBCスキーヤーの多さに辟易して、こちらを選んだという。氏に、好感を持ち、 昨日の小出俣山を紹介する。

 荷物の整理、ハンドルを握り、一般道の帰路。三国峠経由、渋滞なく、雨の赤城南面道路から産直寄り道、夕方無事帰宅。




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント