4/28新雪の日向倉山

2019(H31).4.28晴れ

  昨年に引き続き・・・行かないと気が済まない、日向倉山

 山頂から、未丈が岳の眺め
画像


 深夜、自宅発。三国峠降雪の報に、夏タイヤの我が愛車、登山口まで届くか?休憩・様子見ながら、、明け方、新潟入り。

 奥只見シルバーライン入口の駐車場にて準備。気温が高いので凍ってはいないだろうと、トンネル入り。

 トンネル内は暖かいが、山中に進むにつれ、外道路はシャーベット状の積雪、銀山平の登山口駐車場はうっすらとシャーベット状の積雪。既に二台の車が山中へ出発した後。

 出入口脇に駐車、綺麗な新雪と古い堅雪の雪面歩きが始まる。ピッケル片手にアイゼン・ワカンを背負う。

 後着の車数台続いて入車

 明け方までの降雪の雲で、空はまだ雲が多いが、新雪と硬い旧雪で、いつもルートでツボ足で歩ける。

 登山口
画像


 荒沢岳
画像




 赤崩山への稜線尾根への急坂で、先行の山スキーのペアに追いつき、今後、彼らと同ペースで山頂まで快調に歩ける。
画像


 赤崩山へ寄り道、日向倉山方面を望む
画像




 先行者一人分のワカントレースの主が早くも下山する。トレースのお礼を言い、暫し山談義、元気な彼と別れる。

 霧氷がパラパラと落ちる音、鳥のさえずりが春山らしい

 好天で展望の良い尾根歩き、疲れも吹き飛ぶ。
画像


 未丈が岳への稜線
画像


 燧が岳
画像


 心の人と通い慣れたルートなので、先行トレースの跡を辿ったり、自己ルートを開拓しつつ、山頂着。

 中の岳、越後駒ケ岳
画像


 未丈が岳
画像


 真っ白な飯豊の山並みも確認

 後着のテント泊の元気なペアに、ネコブ・下津川・巻機の残雪期限定ルートをお勧めする。

 暫し山頂で休憩、下山途中も途中途中で休憩、赤崩山稜線分岐で最後の絶景を楽しみ、急降下。

 すっかり新雪の消えた駐車場にて荷物の整理。

 今回も、心の人と共に新雪の清々しい日向倉山を楽しめました。

 朝のシルバーライン入口駐車場にて、桜を眺め休憩。

 時間があるので六万騎山に寄り道、赤いイカリソウとスミレ群落を楽しみユキグニミツバツツジと雪山の展望を楽しみ、山頂のベンチにて休憩。

 移動、休日にしては空いている「さくり温泉」にて入浴休憩、翌日の山行に備え、道の駅にて車中泊。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント