5/3-5長井葉山~中沢峰、ゆったり残雪の山二泊三日

 速報の山歩き、詳細記事です。

 2014年、 2017年以来の再訪ルートで、花と展望、ゆっくり過ごすつもりで・・・。

 平成から令和に変わったばかりのお泊り山行は、SONEさん達や、山中、刺激的な方達との出会いで、予想以上に充実した三日間でした。

 5/3夕方の景色
画像





*****************

 2019(R1).5.3-5

 【行程】長井葉山、森林公園(白兎コース)~葉山山荘(二泊)~八形峰~中沢峰(往復)

 5/3初日、 2018年秋の飯豊山行以来の久しぶりの大ザックに体力がついていけるか?、不安ながらも、今回の行程は馴染みのルートなので、それなりに余裕をもって歩き出す。

 歩きはじめ一時間で、「残雪が多いので途中で引き返してきた」という、日帰り単独氏二人と交差、さて、どのくらいの残雪か?不安が募る。シュンラン・ツツジ・タムシバ・イワウチワ・ショウジョウバカマと花を愛で、萌黄色のブナ林。
画像


画像


画像


 登山道の雪が繋がる急坂直前で、休憩・スパッツを装着…と、後続の日帰り4人組に追い越される。

 山慣れた彼らの様子に、心強く、後に続く。途中で休憩の彼らに挨拶、「地元の方ですか?」「いいえ、我々二人は仙台で先の二人は山形です」・・・・?、仙台と聞くとあの方を思い出す・・よくよくお顔を拝見すると、 SONEさんでした。

 思いがけない出会いに、興奮を抑えつつ「テントミータカです、やっとSONEさんにお会いできた!」この後は彼らと同行、葉山山荘・頂上一帯で楽しいひと時を過ごさせてもらいました。マスさんとも楽しくお話しできたし、憧れだった手作り和菓子までもご馳走になり有り難い。

 この日は風が強く、天気回復気味の空模様だが、稜線頂上部の雲がとれず、名残惜しい展望ではあったが、奥の院へ向かう途中でカモシカも見られ、皆さんとの会話も楽しい時間を過ごさせてもらった。
画像


 葉っぱ塾の八木さんのツアーとも遭遇、八木さんと挨拶。

 日帰りの彼らと別れ、山荘で荷を広げ、山頂神社にて平成から令和に変わってのお祝いの記念お守りを授かったり…今回の山行は、いつもと違う、華やかな出来事が続く。

 山荘で寛いでいるうちに・・・、前日入山、前御影森付近でツェルト泊、悪天で戻ってきた単独氏が小屋で休憩される。労い、コーヒーを差し上げ、暫し会話、氏にネコブ~巻機ルートを話す。

 夕方、展望地へ出てみると、大朝日がくっきりと浮かび、明日からの好展望散策を確信できる。
画像


 明日の中沢峰ピストンの体力温存の為、早々に就寝。

************

5/4二日目

 未明起床、朝食後、日帰り軽装で中沢峰へ出発。
画像



 飯豊も朝日も月山も蔵王も吾妻・磐梯と、好展望の中、歩きやすい雪道を辿る。

 雪の縞模様が見事な八形峰への登り、冬靴のキックステップで朝の硬い雪斜面も快調に登れる。
画像


 この界隈では大展望の八形峰山頂にて、ひと時、展望を楽しみ休憩。

 飯豊本山
画像


 中沢峰への稜線を確認し、先へ進む。

 雪庇の奥に大朝日岳
画像


 桂の林から記憶にある、山腹トラバース夏道は八割方歩けたが、谷筋の残雪斜面通過は緊張を強いられた、帰路は雪道の稜線通しに戻る。

 無事に中沢峰山頂着。前御影森方面からこちらへ向かってくる登山者の声・姿が確認できる。

 平岩山から大朝日岳
画像


 大朝日岳から御影森山
画像


 飯豊連峰
画像


 北股岳方面
画像





 中沢峰の好展望地にて休憩、展望を楽しんでいるうちに、大ザックの単独氏と遭遇。聞けは、昨日、葉山経由で大朝日小屋泊、今日、往路を戻り下山という、元気な地元山岳会の方!。

 よくよく話せば、連休前半は、飯豊のヤガイ沢を登って石転び沢を下ったという猛者!


 また、大朝日小屋泊の後続の大学ワンゲルは、大縦走・月山道路から赤見堂経由、途中悪天の停滞をしながらも縦走、葉山から下山との事。二組の主脈稜線組の健脚ぶりには度肝を抜かれる。

 まあ、私は年も取ったし、無理はできないので、今のこの景色を存分に楽しんでゆっくり歩こう。

 稜線中のオアシス、桂の林ではカタクリ。セリバオウレンの花。

 終日、穏やかな好展望の稜線。心の人と共に、稜線でゆっくり過ごし、夕方、鳥のさえずりも聞こえる山荘にて、のんびり寛ぐ。
画像


**************

5/5三日目、

 今日は下山のみなので、朝食前に、展望地からご来光を拝み、撮影。
画像


 大朝日岳
画像


 飯豊連峰
画像


 飯豊・北股付近
画像


 飯豊・本山付近
画像


 小屋に戻り朝食。小屋掃除・山頂神社に御参り、出発。

 二か所の赤布マーキングも無事回収、ポツポツと日帰り入山者と交差。
画像


画像



 AM9:30、登山口駐車場着。

 荷をまとめ、時間が有り余るので、車で数分移動、以前歩いた時、花の雰囲気が良かったオケサ堀の登山口付近を散策する。

 カタクリ・キスミレ・青いキクザキイチゲなど、林道歩きだけでも、彩り豊かな、花の群生を楽しむことができた。・・・と、地元の年配の方に呼び止められ、コアな山と写真のお話ができて、これまた、楽しいひと時が過ごせた。


 心の人ともに、存分に葉山を楽しみ、満足して再び車のハンドルを握る。

 大盛況の飯豊めざみの里に寄り道、田中屋の「コロッケ&メンチカツ」でお腹を満たし、川西のまどかの湯にて入浴休憩。


 大峠経由、以前、山の帰りによく通っていた、 喜多方のこんどう食堂に寄り道。久しぶりに会った、お店のお母さんは、私達の事をよく覚えていて、ここ数年、顔を見せないことを心配していたそう。事の次第をお話ししているうちに涙が出てきた。懐かしいラーメンの味に、今後の再訪を約束し、お店を後にする。

 5/6も天気が持ちそうなので、途中の道の駅にて車中泊、心の人の山を歩くことにする。

この記事へのコメント

2019年05月09日 22:50
3日間好天に恵まれ最高の山行だったですね。
特に大朝日岳と飯豊の展望が凄い!
これは私もまた登らなければならない約定の山になってしまいました。
またお会いできる日を楽しみにしております。
2019年05月10日 21:33
SONE様
 葉山での楽しいひと時、有難うございました。5/2は入山するだけで展望は期待薄な事前予報だったので、まさか、SONEさんたちに会えるとは思いがけず嬉しい限りでした。二日目の行程は、体力が余っていれば、下山も考えていましたが、あまりの絶景と居心地の良さに予定通り二泊してしまいました。残雪限定の葉山での良い眺望でした。再訪お薦めです。
 こちらこそ、また、山でお会いできることを楽しみに・・・。
okusan
2019年06月28日 15:49
こんにちは。初コメです。
オラも4日はお天気に誘われて葉山に登りました。
八形峰~中沢峰からの展望良くどれも素敵な写真ですね。
桂の林(シナノキ)は独特な雰囲気ですね。
雪消えた縦走路、葉山山荘~中沢峰を往復して来ました。
藪も凄かったけど良かったです。時間有りましたら拙い記録を覗いて下さい。
https://blogs.yahoo.co.jp/okusan2005/archive/2019/6/27
 又の機会にこちらの山へおいで下さい。
2019年07月01日 19:39
okusan様、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
SONEさんの記事で「大塚山」のokusanでもありますね。朝日連峰が裏山のお住まいで羨ましい(笑)。十年前の秋(2009.10.17-18)、朝日軍道刈り払い時に中沢峰~葉山間を歩いたことがありましたが、その時でも展望のない深い森、山腹歩きでした。そちらの記事を拝見し、今どきの藪の凄さ、想像できます。お疲れさまでした。新たに刈り払いが済みましたら、再訪したい所ですが、体力が???。