7/15濃霧の田代山(湿原散策)

 昨年の紅葉時に、木賊温泉口から訪ねて以来・・・(花の季節は 四年ぶり)、湿原の花を愛でたく、霧雨・曇り空でも歩けそうな田代山へ向かいました。

 久しぶりに、ツルコケモモの花を愛でることが出来ました。
20190715 (10).JPG


2019(R1).7.15

 車中泊地で朝を迎え、曇天ながらも山は歩けそうな気配、早速準備、移動。

 湯の花温泉先、やや不安だったアプローチの砂利林道も、記憶よりも整備が進み、途中途中の舗装個所もあり、車の腹をすることもなく無事登山口駐車場入り。

 天気がいまいちの為か?当方の到着時間が早いためか?先着の車数台。歩きはじめる。沢音、野鳥のさえずり(クロジ・コマドリ・ルリビタキ・センダイムシクイなどなど)整備された急坂の登りも苦にならず、二時間程で田代山山頂着。


 濃霧で視界ゼロ、太子堂(避難小屋)で休憩軽食、湿原二周。
20190715 (4).JPG

20190715 (3).JPG

 湿原の花

 盛りはオノエラン
20190715 (1).JPG

 トキソウ
20190715 (5).JPG

 サワラン(アサヒラン)
20190715 (2).JPG

 チングルマは果穂
20190715 (7).JPG

 濡れたワタスゲは冴えず・・・

 タテヤマリンドウ
20190715 (6).JPG

 ツルコケモモ
20190715 (9).JPG

 ハクサンシャクナゲ

 キスゲ数株
20190715 (8).JPG


 下山中、登りの人と交差十数名(内、一組の若い女性に、昨年秋飯豊でお会いしましたよね?お声がかかる)


 下山後、湯の花温泉にて共同浴場で「貸し切り入浴(良い泉質)。

 疲れも取れ、帰路は快調にドライブ、午後早目の時間に無事帰宅。

この記事へのコメント