8/3-4猛暑でも花三昧、巻機山

8/4ネコブ・下津川の稜線越しに日の出
20190804 (2).JPG


花は、コバイケイ・キスゲ・ハクサンフウロ・タテヤマリンドウ・キンコウカはもとより、残雪跡にはイワイチョウ・ミヤマユキノシタ・ハクサンコザクラ・イワカガミと沢山の花々が雲上の楽園で咲き誇っていました。

 猛暑で人出もそれなりかな?、前夜発避難小屋泊 一年ぶりの巻機山です。

 2019(R1).8.3-4

【行程】桜坂駐車場~井戸尾根往復~巻機山(牛が岳・割引岳)避難小屋泊

8/3
ヤマユリ咲き誇る林道から、AM5:50で八割方埋まる桜坂駐車場着。

AM6.15一か月ぶりの避難小屋泊の大ザックで歩き出す。

熱中症予防の為、飲料水は2リットル、こまめに休憩。

歩き始め、林床にツルアリドオシの花が多く咲く。木はリョウブの白い花。

5合目先、ブナ林
20190803 (1).JPG

6合目展望地
20190803 (2).JPG


7合目の展望砂礫地にて、大休止。

さらに続く急坂の笹尾根、整備された階段取り付きにて、堪らず、暫し休憩。

ニセ巻機稜線から目前に巻機山のグリーンカーペットが広がり、渡る風も心地よく、元気回復。
20190803 (4).JPG

20190803 (3).JPG

キンコウカ花畑、避難小屋への道
20190803 (5).JPG

まずは避難小屋へ入り、二階定位置に荷を広げ、給水のお出かけ。

テント場脇、雪渓端の給水地は涼しく、ハクサンコザクラ・イワカガミが見事。
20190803 (6).JPG

20190803 (7).JPG

顔を洗い、たっぷり給水、小屋へ戻り、軽食。

軽装で山頂散策へ向かう。

ガスが沸き上がり、周囲の展望は冴えないが、猛暑の下界から比べれば、快適な稜線漫歩。
20190803 (8).JPG


牛が岳へ向かう登山道は、まだ、キスゲ・ハクサンフウロが見頃の場所もあり、盛夏の花キオン・アキノキリンソウも見られる。
20190803 (11).JPG

20190803 (10).JPG


20190803 (9).JPG
霧の中の山頂で休む気にならず、永松岳からの縦走路分岐の展望地にて心の人と共に休憩、ここもタテヤマウツボグサ・コゴメグサが咲いている。

牛が岳からの帰路、キスゲ花畑と割引岳
20190803 (12).JPG

御機屋へ戻り、さらに花の楽しみ、割引岳途中の花畑へ向かう。

登山道の残雪はすっかり消え、思いがけずも見事なコバイケイの群生に見とれる。
20190803 (16).JPG


ハクサンコザクラ、イワカガミ、ミヤマユキノシタ・イワイチョウと初夏の花が多く咲いている。
20190803 (13).JPG

20190803 (14).JPG

20190803 (15).JPG

割引岳山頂部はガスに包まれ、展望は望めそうもなく、明日の朝に出直すことにして、周囲の花を愛で、心の人と共に休憩。

御機屋でも休憩(涼しいので)、PM3:00過ぎに小屋へ戻る。
20190803 (17).JPG

テントは4張り、小屋泊は後着の沢屋さんグループ、深夜着の沢屋さんを含め10名ほど。ゆっくりと一晩過ごせすことができた。
20190803 (18).JPG

・・・・・・・・・・・・・・

8/4

星が綺麗な一夜、未明の起床。軽く朝食。ご来光を拝むべく、山頂稜線へ向かう。

滝雲かかる谷川連峰縦走路分岐で夜明け、昨日は見えなかった、ネコブ・下津川の山並みも浮かぶ。
20190804 (8).JPG

20190804 (1).JPG

20190804 (3).JPG


暖気で霞みがちながらも、八木沢ダム・笠ヶ岳・至仏山・燧が岳、平が岳、越後三山・荒沢岳と見えたので展望も満足。

割引岳へも登頂、休憩。

かすみがちながらも越後三山
20190804 (5).JPG

山頂から避難小屋・谷川への稜線
20190804 (4).JPG

朝の稜線散歩は貸し切り、心の人と共にゆっくり過ごすことが出来た。

キンコウカ、キラキラ
20190804 (6).JPG

御機屋にて
20190804 (7).JPG

小屋へ戻り、ご飯朝食をとり、荷物をザックにまとめ、小屋泊しんがりで小屋を後にする。

既に日帰りの登山者がチラホラ。

昨日の汗だくの登り(タオルを二回汗絞り)と違い、下りは楽だ。

水分・休憩をこまめに取り、山麓付近の熱気のなかでも、野鳥のさえずりに、心癒され、PM10:20ほぼ満車の駐車場着。

荷物の整理、ともあれ汗だくの上着を着替え、残った行動食で補給。駐車場代500円を支払い、桜坂を後にする。

バス停まで歩いた記憶も懐かしく、清水集落を後に、越後湯沢温泉・共同浴場「山の湯」までひとっ走り。

さすが「元湯・源泉かけ流し」の温泉は気持ちよく、入浴・休憩。

時間が早いので三国峠経由・猛暑の北関東入り、赤城南面道路から大間々・桐生経由、夕方早目の時間に無事帰宅。


この記事へのコメント

でん
2019年08月06日 00:07
上越国境の山々は、この時期は厳しい環境ですね。
ミーさんは、それをあえて行くのですから素晴らしい精神力、さすがです。
この時期だとニッコウキスゲには遅いように思いましたが、まだ見られましたね。
文中の永松岳ってどこだろう?と調べちゃいました。
というのも5年くらい前に永松発電所~旧道~新道と裏巻機を歩いたことを思い出しましたからです。
そうそう、、
2日目は早めの下山だったようなので、道沿いの八百屋の店先に八色スイカがありませんでしたか?
私も以前は、この時期の楽しみでした。
mikzgemori
2019年08月06日 18:35
でんさん、ご訪問戴き有難うございます。

>上越国境の山々は、この時期は厳しい環境ですね。

白馬・鹿島槍界隈は大賑わいで気が引け、水場の良い避難小屋泊で勝手知ったる山域で、体力測定も兼ね、ここになりました。昨年はネコブ・下津川の展望がなかったので、今回はリベンジ(笑)。

>この時期だとニッコウキスゲには遅いように思いましたが、まだ見られましたね。

ようやく、満足できるキスゲ畑を見られて良かったです。

>5年くらい前に永松発電所~旧道~新道と裏巻機を歩いたことを思い出しましたからです。

以前、GWにネコブから下津川、三ツ石山泊で永松岳へ登り返し巻機への縦走した際、永松岳への登りが藪と雪稜で強く印象に残っているので、この山の名前が出てきます。でんさんの裏巻機ルートも面白そうですね。

>八色スイカがありませんでしたか?。私も以前は、この時期の楽しみでした。

下山後、温泉入浴・早目の帰宅で頭が一杯、月夜野インター手前のJAファミマに寄り道して産直野菜を買ったくらいで。次の機会に、未知の八色スイカ、購入してみますね。