9/7-8初秋でも猛暑の高谷池テント泊で火打山、リンドウ三昧

新テントの張り初めで、 昨年7/21-22以来再訪の高谷池・火打山へ行ってきました。

 黄金色に光る高谷池の池塘
20190907 (1).JPG

2019(R1).9.7-8

 定例のアプローチで、AM6:10登山口出発。入域料の実証実験で声をかけられたが、強制でもないようだし、昨年の徴収金の明確な使用結果が不明なので、保留とする。

 通いなれた道のり、高谷池ヒュッテの増築工事関係だろう、ヘリの音が賑やかな中、富士も峠から先はオヤマリンドウも増え、後立山連峰の眺めも槍ケ岳も良く見える好展望に気分よく、ヒュッテ着。

 後立山連峰
2019907-1 (1).JPG

          鹿島槍 五竜 唐松
2019907-1 (2).JPG

            槍ヶ岳
2019907-1 (3).JPG

 増築工事中のヒュッテ、増築分は本館の真後ろに並んで建てられており、既に外装は完成して足場も外されている。

 受付でヘリの荷揚げ荷下ろし作業が終わってからのテント設営となりますが・・・と、説明を受け、了解、手続き。様子見を兼ね、
テント場へ向かう。

 AM9:30、留守番ザック、アンダーシートで陣地確保済みが数か所のテント場。まだ、定位置の一部が残っていたので、荷を広げ、数十分、休憩。ヘリの風も白馬村営宿舎のテント場に比べれば、たいしたこともなく、もう飛来もなさそうなので、新テント設営。

 20年ぶりのダンロップ(プロモンテ)吊り下げ式、ダブルウォールテント。

 今までのシングルウォールテント設営よりも手間がかかるが、爽やかな水色で、真夏モードのテント場では、気分も清々しい。

 フライまで張り終え完成、新居でパンとコーヒーの早目の昼食、軽装で火打山ピストン


 高谷池のお気に入りの景色、何度見ても飽きない。
20190907 (2).JPG

イワイチョウの黄葉も目立つ
20190907 (4).JPG

 オヤマリンドウ
20190907 (3).JPG

 天狗の庭で逆さ火打も眺め、オヤマリンドウ・トリカブト・ヤマハハコなど、秋の花と展望に慰められ、猛暑で汗をかきかき、登る。
20190907 (5).JPG

20190907 (11).JPG

 トリカブト
20190907 (10).JPG


20190907 (6).JPG

 振り返れば妙高山
20190907 (9).JPG


 大賑わいの山頂一角で、昼寝・休憩。



 能登半島・佐渡、焼山・金山・天狗原・雨飾の山並みも懐かしい。
20190907 (7).JPG

20190907 (8).JPG

 PM3:00テント場へ戻り、あとはのんびり過ごす。

 今日のテントは24張り程、並んで池側に張ったテント3張りが、女子単独テントとなったのも偶然。

 満天の星の一夜、さすがダブルウォールテントは内側が結露しないで、ゆっくり過ごせる。

**************************

 ヘッドライトの不要な朝になってから起床、既に他のテント半分がいなくなってからの撤収、フライが結露で水浸しなので、ビニル袋に丸め込み(これじゃ、シングルウォールテントと変わらないな~)、二手間かけて、居住性の良いダブルウォールか?居住性は後回し、簡単設営撤収のシングルウォールか?考察しながらの後片付け。

 出発前に高谷池展望地で、お気に入りの景色の見納め。黒沢池へ向かう。
20190908 (1).JPG


20190908 (3).JPG

 またね火打山
20190908 (2).JPG

 登山届には妙高山ピストンと書いてきたが、暑いので、妙高山は取りやめ。

 黒沢池界隈の登山道、富士見峠~高谷池間よりも距離はあるが、格段に歩き易く、峠へ周回できるのだ

国際人テント泊で大賑わいの黒沢池ヒュッテをやり過ごし、ヒメウメバチソウの群生に感嘆しつつ、黒沢池高原への木道へ出ると・・・

ダケカンバがぽつぽつ残る高原と湿原、木道沿いに満開のオヤマリンドウの群生、イワショウブも実に変わりつつ彩りを添える。
20190908 (5).JPG

20190908 (4).JPG

20190908 (6).JPG

20190908 (8).JPG

イワショウブ
20190908 (9).JPG

20190908 (7).JPG


 展望地の一角にて、休憩。心の人と共に、貸し切りのこの景色を堪能する。

木道工事作業中の工事の人と挨拶を交わしつつ、富士見峠への登り返し。

峠からの下山は順調

また次の機会にこの展望を・・・
20190908 (10).JPG

気の早い紅葉
20190908 (11).JPG

黒沢橋手前の沢にて休憩、PM10:30駐車場着。
20190908 (12).JPG

汗でびしょ濡れのシャツを着替え、苗名の湯にて入浴休憩

「道の駅しなの」で産直野菜購入

 帰路は、中野市経由、志賀高原から志賀草津ルートで長野原・中条、渋川・大胡経由、夕方、無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mikko
2019年09月10日 19:08
私は日曜日に焼額山から妙高、火打を眺めていました。
残念ながらミーさんは下山された後のようですが・・・
山はまだまだ暑かったですが
咲いているお花はすっかり秋の風情ですね。
2019年09月10日 20:28
もう草紅葉が始まっているんですね。
いつも写真、素敵です。

テント、新しいのを購入されたんですね。
この間は私のフライもしずくが一杯で、ビニール袋に詰め込みました。

火打はハクサンコザクラの時に一度行ったきりで、
チャンス無し、紅葉の頃に行ってみたいなぁ...と思っています。
mikagemori
2019年09月11日 18:23
mikkoさん

日曜日に焼額山でしたか!午後の帰路に志賀高原草津経由で帰りましたよ。これもニアミスかな?。

さすがに志賀高原草津白根山あたりは、車載温度計で涼しい表示でしたが、降ると、猛暑でしたね。

それなりに季節は進んでいるようでリンドウが綺麗でしたよ。混んでいる上武道路を途中で降りてう回路、赤城山麓のあいのやま温泉隣の産直で、神津牧場のソフトクリームを美味しく頂きました。
テントミータカ
2019年09月11日 18:34
chiakiさん

>この間は私のフライもしずくが一杯で、ビニール袋に詰め込みました。

しずくを払うのもひと仕事で面倒なのでビニル袋に丸めてポンです。

>火打はハクサンコザクラの時に一度行ったきりで、
>チャンス無し、紅葉の頃に行ってみたいなぁ...と思っています。

花と紅葉の端境期で、ヒュッテ泊も人数制限があるので、それなりに空いているだろうと・・・予想通り、それなりに落ち着いて過ごせました。

展望も良く、リンドウが予想以上に多くて嬉しくなりました。

紅葉も見事なので、ぜひ、機会がありましたら、行ってみてくださいね。ね。