9/14-16、雪倉岳と白馬岳(雪倉鉱山道から)

2012年以来、7年ぶりの再訪でした。

 2012年の記事は → コチラ

2019(R1).9.15  雪倉岳山頂部からの眺め、白馬方面
20190915 (9).JPG

  〃     草紅葉の白馬岳山頂部
20190915 (14).JPG


【行程】2019(R1).9.14-16

 蓮華温泉駐車場~雪倉鉱山道(途中、幕営二泊)~9/15軽装にて雪倉岳・白馬岳往復~鉱山道下山

9/14

時の経つのは早く、このまま、行けず仕舞いも心残り。天気も良さげで、テントも登山靴も万全の体制となり、意を決して、早めに自宅発。

高崎玉村スマートIC~更埴IC・白馬道路経由、300キロの運転の果て、AM1:00に着いた蓮華温泉駐車場は、既に満車。路駐も出始めた様子。駐車場白線脇の適所に駐車、仮眠。

早朝から目覚め、準備、歩きだす。

七年前以前はよく通いつめた、鉱山道。
20190914 (1).JPG

記憶が蘇って、花に恵まれ、休憩ポイントで休み休み、白馬界隈とは思えぬ静かな行程。

トリカブト
20190914 (2).JPG

神の田圃
20190914-2 (1).JPG

雪倉岳
20190914-2 (2).JPG

心の人との会話も楽しく、熊の新しい糞も見つける。

ハクサンシャジンのお出まし
20190914 (4).JPG

沢の渡渉後、大休止、まだ残る綺麗な花々を撮影。

 チョウジギク
20190914 (5).JPG

 フキユキノシタ
20190914 (3).JPG

 生活用水追加、極限の重さのザックで、ようやく幕営地着。
20190914-1 (1).JPG

一息付け、先の登山道上部の様子も確認。
20190914-1 (2).JPG

新鮮なユキクラトウウチソウ
20190914 (6).JPG

アオノツガザクラも残る
20190914 (8).JPG

明日の軽装周回の準備も整え、静かな一晩、たっぷり熟睡。

***********************

9/15

今日は休養日&軽装の稜線巡りなので、天気が良いのが何よりも嬉しい。

さすがに昨日の重さと比べ物にならない足さばきで、早めに稜線に出る。三国境か?雪倉岳?どちらを先に歩くか思案するもまずは行きたい雪倉岳をめざす。

始めは山頂に雲がかかるも、すぐに消え、一安心。

気の早い紅葉
20190915 (1).JPG

ウサギギク
20190915 (2).JPG

ミヤマリンドウ
20190915 (10).JPG

避難小屋付近から
20190915 (3).JPG


タカネマツムシソウ残り花
20190915 (4).JPG

振り返る白馬岳方面
20190915 (5).JPG

立山劔
20190915 (8).JPG

朝でも予想外に賑わう雪倉岳山頂で30分ほど休憩、展望を楽しむ。

雪倉岳山頂(妙高火打、焼、海谷山塊、明星・青海黒姫山が見える)
20190915 (7).JPG

稜線を戻り、分岐から三国境をめざす。

このあたりからの旭岳の眺めが素晴らしい。
20190915 (11).JPG

20190915 (12).JPG

三国境で小蓮華岳も行きたかったが、真夏のような快晴と気温の中、白馬岳へ足が向かう。

次の機会には小蓮華岳を・・・
20190915 (13).JPG

20190915 (21).JPG

20190915 (15).JPG

20190915 (14).JPG

白馬岳山頂部は、草紅葉が見事で、雲海の中、展望も良く、立山劔・槍ヶ岳が浮かんでいる。
20190915 (17).JPG

20190915 (18).JPG

20190915 (16).JPG

先ほどの雪倉岳が雲の中から出たり消えたり・・・

思いがけずも草紅葉が見事な白馬岳を楽しみ、あとはゆっくり、幕営地へ戻るだけ。
20190915 (19).JPG

20190915 (20).JPG

20190915 (22).JPG




 分岐から、濃霧にまかれ、目印を見失わないよう、緊張しながら下り始めるも、ライチョウ三羽との出会いが嬉しい。
20190915 (23).JPG

20190915 (24).JPG

ユキクラトウウチソウをたっぷりと愛で、ミヤマアケボノソウも実となっていたが拝める。

ユキクラトウウチソウ
20190915 (25).JPG

20190915 (26).JPG

ミヤマアケボノソウ
20190914 (7).JPG

霧に包まれた中、幕営地着。猿にも熊にも襲われずテントは無事だった。

夕方雲の動きが面白い景色を眺め、今日も静かに一晩過ごす。
20190915 (29).JPG

20190915 (27).JPG


**********************

9/16

 昼前からの降雨の予報だが、下山のみなので、朝寝坊。AM6:30下山開始。

 下山時に、大ザック姿での転倒は死活問題なので、慎重に下降。朝の陽ざしで周囲の花々・景色が冴える。
20190916 (2).JPG

20190916 (3).JPG

20190916 (4).JPG

20190916 (8).JPG

ちょっぴりナナカマド紅葉
20190916 (5).JPG

ハクサンコザクラの丘は、いまはイワショウブ花畑
20190916 (7).JPG

朝は空が青かった
20190916 (6).JPG


瀬戸川仮橋
20190916 (9).JPG

20190916 (11).JPG

最後の緊張地帯、トラバース道
20190916 (12).JPG

蓮華の森・キャンプ場、遊歩道歩き、これまでの懐かしい思い出が蘇る。

AM10:10蓮華温泉駐車場着。ポツポツと霧雨が降り出してきた。

蓮華温泉入浴は高級なので、「道の駅小谷」まで、入浴と食事は我慢。

道の駅着、空いている温泉入浴と食堂で定食「ごはんお替り自由」、帰路のロングドライブに備える。

白馬道路、更埴IC~松井田妙義、17号、354号で夕方無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント