9/28-29焼石岳で紅葉三昧

道中、程よい数のハイカーの皆さんとの交差で、静かにゆっくり歩けた二日間でした。

南本内岳山頂にて・・・
20190928-1 (3).JPG

速報記事は→ コチラ

夜自宅発、東北道まっしぐらで、深夜、満天の星空、つぶ沼駐車場着。仮眠。

【行程】 2019(R1).9.28-29
 中沼登山口~銀明水避難小屋(泊)~焼石平~泉水沼~焼石岳~南本内岳~東焼石岳

2019(R1).9.28

未明より起床、朝の準備、思案(長距離の砂利林道に不安)の末、中沼登山口へ移動。車10台ほどの中沼登山口駐車場。

登山靴のインソール忘れ!予備の厚手の靴下追加で、何とか間に合わせる。

歩き出し、以前よりも登山道の整備が進み、歩きやすく緩やかな登山道

朝の中沼は静寂に包まれ、水鏡に焼石岳が映し出される。赤い色も見え、稜線の紅葉に期待が高まる。
20190928-5.JPG

トリカブト、リンドウ、ダイモンジソウ、チョウジギクなどの花も楽しみ・・・

午前の早目の時間に、銀明水避難小屋着。

幸運の銀の柄杓と給水

二階の定位置に大ザックを下ろし、マットを広げ、陣地確定。

軽装ザックに食料・雨具を詰め込み、山頂稜線の散策へ出かける
20190928-4 (3).JPG

20190928-4 (2).JPG

高度を上げるにつれ、周囲の灌木の赤みが増してくる。

高度をあげ、振り返れば・・・
20190928-4 (4).JPG

焼石平につけば、東北の山独特の絨毯の紅葉風景が広がる
20190928-4 (7).JPG

20190928-4 (5).JPG

泉水沼で休憩、撮影。ここで、地元の方から、山頂から、沼がハート形に見えることを教えてもらう。
20190928 (5).JPG

20190928 (6).JPG


最盛期の紅葉景色に足が停められつつも、山頂着。数十分、展望を楽しみながらの休憩。

東成瀬ルート(元・放牧地方面)
20190928-1 (2).JPG


山頂から焼石岳神社方面、南本内岳への周回ルートをとる
20190928-4 (8).JPG

こちら側の紅葉も、岩とハイマツ、ちらしずしの彩の紅葉で楽しい
20190928-4 (10).JPG

20190928-4 (11).JPG

焼石岳山頂を振り返る
20190928-4 (12).JPG

20190928-4 (13).JPG

20190928-4 (14).JPG

焼石神社にお参り
20190928-4 (15).JPG


さすが花山、ハクサンフウロ・ミヤマリンドウの花も残る南本内岳への緩やかな道のり。

焼石岳山頂からでは確認できなかった、南本内岳山頂部は見事な紅葉。

曇天がちながらもお昼の日差しも出て、本日一番の輝きで圧倒させてくれる。
20190928 (1).JPG

20190928-1 (3).JPG

南本内岳分岐から東焼石岳方面へ向かう。
20190928-4 (17).JPG

この界隈も見頃の紅葉が続く。
20190928-4 (19).JPG
20190928 (3).JPG

焼石平からの縦走路と合流、ハクサンイチゲの二度咲きの花を散見しつつ、東焼石岳往復
20190928-4 (21).JPG

20190928-4 (20).JPG


トウゲブキの果穂
20190928-4 (16).JPG

時間があり天気も持ちそうなので、再び、泉水沼にて休憩

ここで、登ってきた銀明水避難小屋泊のグループと挨拶

山頂へ向かう彼らと別れ、小屋へ戻る

見事な紅葉を思い返し、心の人と共に、ゆっくり小屋で寛ぎ、熟睡

*********************


9/28

深夜からの雨も朝には止み、下山する。雨が降り出してもおかしくない空模様なので、カメラもしまいこみ、木道での転倒に注意しつつ、下山。

車数台の駐車場にて、地元のハイカーと暫し歓談。

帰路のルートは、一般道、山形経由(温泉と道の駅巡り)

焼石ビーチライン、十文字~湯沢・雄勝~尾花沢~大石田・河北・寒河江~大江・舟唄温泉入浴~朝日・長井~川西・玉庭~大峠~喜多方・湯川・北会津~会津西街道~川治・鬼怒川~今市・鹿沼~・・・・夜、無事自宅着。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

でん
2019年10月01日 00:11
東北の紅葉は、まさに絨毯のようで素晴らしいです!
ドンピシャリのタイミングを読むのもさすがミーさん。
焼石岳や栗駒山、この後は南下して安達太良周辺や那須になりますね。
そして帰路も一般道で頑張りなぁ~(笑)
アクティブなミーさんは、どこまでもひとっ飛びなのに関心させられます。
mikagemori
2019年10月01日 17:55
>でんさん
ご訪問戴き有難うございます。

>ドンピシャリのタイミングを読むのもさすがミーさん。
>焼石岳や栗駒山、この後は南下して安達太良周辺や那須になりますね。

三ツ石も気になったのですが、今年は特に駐車場状況が厳しそうなので小屋も大賑わいかな?と躊躇しました。紅葉に燃える焼石が見られるかな?と。

今週の熱波で、ますます紅葉前線は停滞しそうですが、浄土平も見頃でしょう。

>そして帰路も一般道で頑張りなぁ~(笑)

行きの東北道・高速でも、だいぶ疲れました。
帰りの13号・会津西街道は、4号よりも流れが良いので。
神室や月山・朝日の通岳路の様子見も兼ね、お気に入りの舟唄温泉にも浸かりたく(笑)。山形の果物のお土産を館林の親類へ寄り道、渡しましたよ。
2019年10月02日 18:40
頑張りますね。
尊敬します。
それにしても焼石岳の紅葉は凄いですね。
東北の紅葉は赤が綺麗ですね。
焼石は30代の頃に一度行ったきりで、
ハクサンイチゲの時も行きたいと思っていますが、
チャンスがなくて繰越です。
mikagemori
2019年10月02日 20:50

>chiakiさん
ご訪問戴き有難うございます。

>それにしても焼石岳の紅葉は凄いですね。
>東北の紅葉は赤が綺麗ですね。

ナナカマドよりも、ミネカエデの赤が元気ですからね。登山口にたどり着けば、後はハイキングでみごとな紅葉が楽しめる山が多いので、候補地多数でした。

>焼石は30代の頃に一度行ったきりで、
>ハクサンイチゲの時も行きたいと思っていますが、
>チャンスがなくて繰越です。

焼石、歩かれたのですか!そちらからだと、遠いですよね。機会があれば、山麓観光プランと共に、お出かけ下さいね。
2019年10月02日 21:12
テントミータカさん、はじめまして。
相当以前よりお慕いしており、僕の知らない山の魅力について、色々と教えて頂いておりました。BIGLOBEユーザー以外でもコメント可能になったようですので、ようやくのコメントとなります。
焼石連峰はハクサンイチゲの頃に登っているのですが、やはり紅葉も美しいですねぇ。東北や新潟界隈の紅葉は本当にきれいですよね・・・
mikagemori
2019年10月02日 22:38
>ほせさん

拙ブログ、長い間、ご愛顧・ご訪問戴き、有難うございます。
>BIGLOBEユーザー以外でもコメント可能になったようですので、ようやくのコメントとなります。

お待たせしました!

>焼石連峰はハクサンイチゲの頃に登っているのですが、やはり紅葉も美しいですねぇ。東北や新潟界隈の紅葉は本当にきれいですよね・・・。

直前の天気予報で北東北が良かったので、焼石岳にしました。ここはハクサンイチゲの時期が、最盛期の賑わいで、それ以外は、結構、静かで、のんびり歩けると思いまして。南本内岳の紅葉は嬉しい誤算で、見事な彩でした。

次の三連休、新潟・東北の紅葉を求めて、今年最後のテント泊を考えています。
SONE
2019年10月11日 22:08
紅葉の一番美しいタイミングで登れましたね。
高曇りながら赤が映えて素晴らしいです。
紅葉期の焼石は来年行こうと思っていました。
mikagemori
2019年10月13日 11:30
SONEさん

>紅葉の一番美しいタイミングで登れましたね。
>高曇りながら赤が映えて素晴らしいです。

天気予報で直前に急遽決めた、焼石・銀明水泊の山行でした。山行よりも麓の移動の方が疲れました(笑)。

>紅葉期の焼石は来年行こうと思っていました。

栗駒よりも、静かで、花の南本内岳の紅葉も見事で、予想以上に楽しめました。もっと、体力に自信があれば、金明水小屋まで足を伸ばすのですが・・・来年以降の楽しみに・・・。
2019年10月14日 16:16
北東北らしい錦の絨毯の紅葉が素晴らしいですね。
今年は東北地方や標高の高い山の紅葉を見る事が出来ずに終わってしまいましたので見入ってしまいました。
焼石岳ってお花の時期ももちろん紅葉も素晴らしいですね。
テントミータカ
2019年10月14日 20:56
mikkoさん

>焼石岳ってお花の時期ももちろん紅葉も素晴らしいですね。

早池峰も紅葉は良いらしいですね。

昔、焼石の紅葉シーズンに、中沼と夏油からと数回歩いた事があるのですが、ガスっていて綺麗な展望を見られなくて、今回、まともに見られて良かったなと(笑)。

焼石らしく、ハクサンイチゲも咲いていて、楽しめましたよ。mikkoさん達も機会があればぜひ・・・。