10/6、まずまずの紅葉、姥が平&南月山詣で

正午前後のみの貴重な晴れ間に・・・
20191006 (19).JPG

昨年に引き続き、恒例の姥が平詣で

昨年の記事は→ コチラ

前夜発、深夜、降雨の峠の茶屋駐車場入り、車中泊。

2019(R1).10.6

朝、満車の駐車場から、上下雨具装備で歩き出し

中の茶屋からは霧で視界ゼロ
20191006 (1).JPG

峰の茶屋避難小屋で一息、視界ゼロなので、予定の茶臼岳登頂は取りやめ、無間地獄経由で、牛首へ回る。

牛首から高雄口分岐まで紅葉偵察
20191006 (4).JPG

20191006 (5).JPG

20191006 (2).JPG

20191006 (3).JPG


ひとしきり紅葉確認・撮影後、牛首へ戻り、南月山をめざす。
20191006 (6).JPG

20191006 (8).JPG

比較的人気の少ない南月山で心の人と共に休憩、天気回復の様子

20191006 (9).JPG

沼原調整池
20191006 (10).JPG

牛首へ戻り、大賑わいの姥が平へ下降
20191006 (7).JPG

20191006 (11).JPG

20191006 (12).JPG

20191006 (13).JPG

20191006 (14).JPG

20191006 (15).JPG

予想よりも紅葉がまずまずで、ひょうたん池へも足を伸ばす
20191006 (17).JPG

20191006 (18).JPG

予定では三斗小屋方面から延命水経由で登り返すつもりだったが、空模様が怪しいので、往路を戻ることにして、姥が平円地へ戻る

・・・と、ここで、たまに会う「那須の岳人」氏と、五月の寂光の滝駐車場以来の再会、お互い、「何気に再会しますね~」と挨拶。

園地の隅で昼食休憩、貴重な青空を見られ、心の人と共に満足のいく景色を堪能。
20191006 (19).JPG

本日の目的達成、牛が首へ登り返す

・・・と、再び、霧の中、霧雨交じりの稜線歩き、休憩する気もなく、姥が平から一時間ほどで駐車場着。

夕方、無事帰宅


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

リンゴ
2019年10月07日 19:16
6日は姥ヶ平へ行こうかどうか散々迷って断念しました。
短い時間とは言え、貴重な青空も見えて良かったですね。
10年程続いていた姥ヶ平詣でが、遂に途絶えそうです。
mikagemori
2019年10月07日 20:11
>リンゴさん

道中、リンゴさんとバッタリしないかな?交差する人のお顔をまじまじと見ながらの紅葉見物山行でした。朝型まで降雨だったので、朝寝坊・雨具装備の歩き始めでした。秋めいた気温・霧雨で、気が引き締まりましたよ。


>10年程続いていた姥ヶ平詣でが、遂に途絶えそうです。

10年通い続けられたのですか!さすが地元。私なぞ、「ひよっこ「」ですね。晴れ確率50%なので、まだ数年は通い続けるつもりです、綺麗なところですよね。
クラ
2019年10月11日 19:13
素晴らしい景色ですネ~、でも何やら登山者の多さも窺えます!
私は一年の締め括りの清掃が終わり一息ついています。
これから暇を見つけて里山源流の最初の一滴を見に行きたいと
画策していますが、森のプーさんが気になります(汗)

しかし3連続で紅葉詣でとはなんともはや羨ましい限りです。
心の人は穏やかに見つめていてくれましたか・・そうですか結構結構(^^♪
奥域の一滴散策は私も同じ思いでかの君と歩いています。
mikagemori
2019年10月13日 11:24
クラさん

>素晴らしい景色ですネ~、でも何やら登山者の多さも窺えます!
>私は一年の締め括りの清掃が終わり一息ついています。
>これから暇を見つけて里山源流の最初の一滴を見に行きたいと画策していますが、森のプーさんが気になります(汗)
秋の峠の茶屋駐車場は深夜で満車になるので、その下の大丸温泉前駐車場も朝には満車、沼原かマウントジーンズ駐車場へ移動して歩く人も多いようです。熊が出る割には人手も多い那須ですね。十年前は、これほど混雑しなかったような気がします。

>心の人は穏やかに見つめていてくれましたか・・そうですか結構結構(^^♪
>奥域の一滴散策は私も同じ思いでかの君と歩いています。

クラさんも同じ思いをお持ちなんですね。
 心の人との、歩いた記憶が、今では、私の大切な山のガイドブックです。再訪しても、新鮮な気持ちで山を楽しめるので、心の人も一緒に喜んでいてくれると信じていますよ。