11/24大力山で虹を見る

久しぶりに山で虹を見ました。
20191124 (3).JPG

2019(R1).11.24雨のち晴れ

 粟が岳山行後、車中泊の朝を迎える。

予想外の小雨模様で、今日の山は中止にして早目の帰宅か??足元のスパッツを外そうとするも、 2008年11月以来の11年ぶりの大力山なので、心の人との思い出も懐かしく、長傘でも歩けるだろう・・・・と、宝泉寺の登山口へ向かう。
20191124 (1).JPG

出発時でも雨止まず、気温は高めなので、薄着に雨の上下、長傘で歩きはじめる。

粟が岳山行の疲労が残り、息が上がる・・・歳だなぁ~。

懐かしい道のりを登り、「秋葉堂」裏からの大力山の展望もあり、山頂へ向かう意欲が増す。
20191124 (2).JPG

道中、あちこちに、「熊用心」の張り紙
20191124-2.JPG

送電鉄塔巡視路の表示から「八色すいか」の地域と知る。

雨が上がり、長傘はストック代わり

刈羽黒姫山と米山
20191124 (5).JPG

途中で後続のペアに追い抜かれる。

山頂直下で振り返れば虹がかかり、予想外の景色に見とれる。
20191124 (4).JPG

屋根・ベンチのある山頂広場で一休み。青空がのぞき、雨はもう降りそうもないので「黒禿の頭」へ向かおうと進む。
20191124 (6).JPG

・・・・も、坂木城址分岐から先で足が止まり、周囲は雲の中、先の展望も得られそうもなく、疲労も強いので、ここから引き返すことにする。

大力山山頂直前で地元の方3人と交差、「どこまで行ってきましたか?」「いいえ、疲れたので、途中で引き返してきました。山頂でゆっくり昼寝でもして過ごそうと」。

再び、貸し切りの山頂ベンチで一寝入り、大休憩。雲が取れ始めた越後三山を眺め、満足して下山する。

越後駒
20191124 (7).JPG

中の岳は雲隠れ、御月山が見えている
20191124 (9).JPG

八海山
20191124 (8).JPG


下山時、小出の町並み、右奥の山は八石山か?
20191124-1.JPG

20191124 (10).JPG

帰路は「さくり温泉」にて休憩入浴。渋抜き柿二袋購入。大月トンネル経由17号、赤城南面道路、桐生~夕方、無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント