6/6-7再び、登頂時のみ晴れの妙高山

昨年と同ルート・行程です。

 昨年の記事は、→ コチラ

今年も二日目の朝~登頂時のみ晴れました。
20200607 (1).JPG

前夜発、渋川~長野原~菅平~信濃町道の駅にて車中泊

【行程】2020(R2).6.6-7

※道中、羽虫多し、虫よけ対策必須なれど、野鳥のさえずりが賑やかで楽しい。

 6/6、妙高高原、いもり池ビジターセンター~三ツ山スキー場~白滝~林道~大谷ヒュッテ(泊)
    ※小屋着後、南地獄へイワカガミ見物・散策

6/7、妙高山頂往復~大谷ヒュッテ~下山
    ※山頂への登山道、少々残雪あるも、歩行に支障なし。山頂からの展望良し。燕温泉からの日帰り者10名程と交差



6/6は一日中濃霧、林道は道路補修の工事中。

晴れていれば、池の平・三ツ山スキー場からの妙高山の眺めは、こんな感じ(山の文字そっくり)
20200606 (3).JPG


午前中にツマトリソウの咲く小屋着、荷物を広げ休憩。今年はアルコールジェル持参・使用。
落ち着いたところで、散策がてら、いつものイワカガミの丘にて花を愛で、ゆっくり小屋に戻る。
20200606 (1).JPG

20200606 (2).JPG

小屋では、心の人と共に、のんびり滋養保養休養(ウグイス・ホトトギスの声が響く)

*****************************

6/7未明起床、荷物の整理。軽装にて山頂往復

光善寺池にて
20200607-1.JPG

20200607 (2).JPG



山頂にて

南峰(最高峰)に挨拶
20200607 (3).JPG

展望の良い北峰に移動、心の人と共に、貸し切りの休憩

山頂一帯(ミソサザイのさえずりが賑やか)
20200607 (6).JPG

目前、天狗原・金山・焼・火打
20200607 (7).JPG

火打アップ
20200607 (4).JPG

白馬遠望(左奥に劔)
20200607 (5).JPG

後着の地元山ランの単独氏と会話、昨日の火打山は雲海の上でそれなりに晴れていたそうな・・・

30分ほどの山頂休憩後、下山開始。


ウラシマツツジコメバツガザクラ開花(ミネザクラも)
20200607 (8).JPG

ムラサキヤシオ
20200607 (9).JPG

いたるところで、タテヤマリンドウ(他、ショウジョウバカマ・エンレイソウなど)
20200607 (10).JPG


天狗堂分岐までの下降で、燕温泉からの日帰り登山者10名ほどと交差

大谷ヒュッテへ向かえば、いつもの静かな山道
20200607 (11).JPG

20200607 (12).JPG

小屋で大ザック姿に戻り、雲の中に戻り、林道・スキー場経由の下山

曇り空なので、涼しく快適に歩ける。
20200607 (13).JPG

20200607 (15).JPG

20200607 (14).JPG

スキー場内、レンゲツツジ・タニウツギ・サンカヨウの花がちらほら、麓は除虫菊の白い花園

ビジターセンターへの舗装道路歩き、ヤマオダマキ
20200607 (16).JPG

駐車場着、今回も県外者入浴は不可なので、途中、道の駅にて着替え。

帰路の運転も菅平・長野原・渋川経由、道の駅「赤城の恵」にてソフトクリーム休憩、夜、自宅着。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント