7/18-19霧雨と快晴の日光白根山へ・・・

ハクサンシャクナゲとコマクサを堪能してきました。

7/19水も滴たる、可愛いコマクサ(瞑想の谷にて)
20200718 (1).JPG

7/19五色山山頂にて、最高の眺め
20200719 (11).JPG



昨年7月の日帰りコマクサ鑑賞山行記事は、→ コチラ 

      昨年晩夏のお泊り山行記事は → コチラ

週末、山歩きには残念な予報ながらも、山体力維持&花見気分転換は必要、避難小屋泊装備で出かけた先は、日光白根山。

※コロナ対策でアルコールジェル・除菌シート、アルミマット持参です。

【行程】2020(R2).7.18-19

 金精トンネル前駐車場~金精峠・金精山~五色山~前白根山~水場経由五色沼~避難小屋(白根山瞑想の谷・奥白根山散策)泊
 
 避難小屋~前白根山~五色山~金精山・金精峠~駐車場

未明自宅発、降雨が無いだけでも有難い雲に覆われた奥日光入り。朝の金精トンネル脇駐車場は、この悪天候でも、車二台先着。

今回持参のデジイチは大ザックへしまい込む。

整備の行き届いた峠への急坂、降雨始まり、神社にて暫し雨宿り・休憩。ここで引き返そうかと十数分の思案
・・・が、行程は勝手知ったる道のり、結局は、鳥のさえずりにも勇気づけられ、雨具を着込み、予定通り、先へ進む。

要所要所での休憩、展望ゼロの真っ白な世界、ハクサンシャクナゲが綺麗だが、写真を撮らないので、疲労も少ない。早くも下山の二組と交差、霧雨の五色山着。

こんな天気でも日帰りの方々との交差も多く、前白根の赤いコマクサは見るだけ、水場経由、五色沼避難小屋着。

夏用出入り口の扉の動きが悪く、小屋前休憩の方からのアドバイㇲで、空身で冬期出入り口から入り、中から、扉を開ける。

暫く、誰も使用した跡のない整理清掃された小屋内で、いつもの定位置に荷を広げ、温かい昼食で寛ぐ。

他、小屋内で昼食休憩の方、数名。小屋前を通過する方数名。コロナ予防だろうか、小屋内を覗く方も少ない。

休憩者が退出し、再び無人の小屋。

空も明るくなってきた。着干しを兼ね、軽装で付近の散策&奥白根山へ出かける。

瞑想の谷、ツガザクラを確認し、コマクサ畑を観察。赤いコマクサが生えている・・・これも、誰かが種まきしたものだろう。
20200718 (2).JPG

白いコマクサは見つけられず、蕾を確認。

ピンクの初々しいコマクサを眺め、暫し、撮影。
20200718 (3).JPG

おびただしいコケモモの花
20200718 (4).JPG

シロバナノヘビイチゴも沢山
20200718 (5).JPG


分岐へ戻り、奥白根山へ向かう。

分岐周囲の雰囲気も素敵だ。
20200718 (7).JPG

20200718 (6).JPG

森林限界を抜け、ようやく五色沼を眺めることが出来て嬉しくなる。
20200718 (8).JPG

昼頃は大賑わいだったろう奥白根山山頂部、午後も遅くなったので、無人かと思いきや、軽装の単独氏二組と交差、挨拶。

シロバナノヘビイチゴが盛り、ハンゴンソウ、ヤマオダマキは蕾、イワオトギリ・ハクサンフウロがポツポツ。


奥白根山頂部でようやくガスが晴れかかるも、再び、ガスの中。展望なく、残念。
20200718 (9).JPG

20200718 (10).JPG


山頂部のコマクサは終盤

ガスの中、小屋へ戻る。道中の林の雰囲気が好ましい。冬期登山の記憶が蘇る。
20200718 (11).JPG

小屋へ戻り、貸し切りの一夜、シカの声を聴き、心の人と共に、ゆっくりと過ごす。

********************

7/19早朝起床、予報から、早出下山と決め、朝食、小屋内整理、戸締り。荷物をまとめ歩き出す。

周囲の景色は見えない・・・が、東側、男体山・中禅寺湖の展望が開けている。
20200719 (1).JPG

20200719 (2).JPG

ガスの中、前白根山の赤いコマクサ(盛り過ぎ)を撮影。
20200719 (4).JPG

20200719 (3).JPG

五色山へ向かい、今朝一番の単独氏と交差、会話するうちに、五色沼・奥白根山山頂部の雲が取れてきた。

20200719 (6).JPG

20200719 (7).JPG

ハクサンシャクナゲも、このあたりが見頃で美しい群生。
20200719 (5).JPG

20200719 (8).JPG

庭園巡りの様な尾根道、五色山で、いつもの絶景を楽しみつつ休憩。登ってきた日帰り登山者も、この好展望に、皆笑顔となる。
20200719 (11).JPG

奥白根山頂部
20200719 (10).JPG

日差しも強まり、すっかり好天気の夏山モードに変わり、デジイチの出番で、シャッターを押すのも楽しい。

 湯元温泉、女峰・男体山。
20200719 (9).JPG


日焼け止めを塗り、ハクサンシャクナゲも存分に撮影、ルリビタキの元気な声、道中の林、展望も撮影しながらの楽しい下山。
20200719 (13).JPG

20200719 (12).JPG

20200719 (14).JPG

20200719 (15).JPG


この陽気で、入山者も多く、20数名と交差挨拶。

国境平付近
20200719 (16).JPG

20200719 (17).JPG

いつもの金精山・温泉が岳展望地
20200719 (18).JPG

金精山山頂で休憩、可愛らしい単独女子と暫し、山談義。

緊張の梯子、鎖場を通過すれば、のんびり稜線歩き・・・夏を告げるクルマユリ
20200719 (19).JPG

峠の金精神社で無事山行を報告参拝。急坂の下山、満車の駐車場着。

湯元、温泉寺にて入浴。残りの行動食で車中昼食。週末無料の有料道路、日光西街道。

午後早目の時間に無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

みー猫
2020年07月25日 18:39
こんばんは。
コマクサはばっちり見られましたね!泊りで行かれたところ、見習わなければ~(笑)当日はしばらくぶりに晴れましたが、日ごろの行いが違うのでしょう。写真も周りの描写の記述も、まるでそこに居るように感じました。
mikagemori
2020年07月26日 22:22
みー猫さん

>当日はしばらくぶりに晴れましたが、日ごろの行いが違うのでしょう。写真も周りの描写の記述も、まるでそこに居るように感じました。

避難小屋の扉を開ける時が一番緊張しますね(笑)。通い慣れたルートなので、展望があってもなくても、何とか、歩けるだろうと…今回は、コマクサだけが目的でしたので。お陰様で、新しい花も見られ、運良く展望も開け、楽しく歩けました。