9/5-6晩夏の三岩岳

山体力維持の為、いつもの避難小屋泊で静かな山へ・・・

 7/11-12以来の再訪です。

三岩岳山頂にて・・・
20200905 (6).JPG


【行程】

2020(R29).9.5-6

南会津町伊南、登山口(国体コース)手前、国道脇橋の袂~国体コース~三岩岳避難小屋(泊)~三岩岳(ピストン)~窓明山~家向山尾根~駐車地

前夜自宅発、途中の道の駅にて車中泊

朝、車一台先着の登山口着。歩き出し。

ブナ林は涼しいが、気温が高いので、意識して、給水休憩を多めにとる。
20200905 (1).JPG

20200905 (2).JPG

オニシオガマ終盤
20200905 (7).JPG

無人の避難小屋、定位置に荷物を広げ、窓明山方面の水場給水。

天気が持ちそうなので、軽装で、三岩岳山頂往復
20200905 (3).JPG

ミヤマリンドウなし、アキノキリンソウ、オヤマリンドウ、湿原にキンコウカ

イワオトギリ
20200905 (4).JPG

雲多く遠望は利かないが、三岩と隣の会津駒が岳が何とか望めたので、良し。貸し切りの山頂で、心の人と共にゆっくり過ごす(数十分昼寝)
20200905 (5).JPG

戻り、小屋付近でゆっくり過ごす。午後遅くから降雨、仮眠。

暗くなってから、遅めの夕食、後、熟睡。

*******************

明るくなってから目覚め、朝食、荷物をまとめ小屋清掃、小屋を後に、窓明山経由で下山。

この夏の猛暑続きで、花は終盤、オニシオガマ、コゴメグサ、キンコウカ、チョウジギク、オヤマリンドウなど、チラホラと・・・
202020906 (1).JPG

那須方面、滝雲かかる。

稜線歩きは、新潟側が青空、福島側から稜線に吹き付ける霧で展望なし。涼しいのが助かる。
202020906 (2).JPG

202020906 (3).JPG

トレランの単独氏に追い越される。

視界ゼロの窓明山山頂、道標脇にて休憩。こちら側から見る三岩岳の姿が見えないのが残念。

歩きやすい下山路、日帰りの登りの単独氏一人と交差、麓は青空で日差しがきつい、駐車地着。

下山後の温泉は湯の花温泉「弘法の湯」、途中の道の駅に寄り道、産直野菜購入、休憩。

会津西街道・日光経由(有料道路無料!)で、午後早目の時間に無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント