9/12-1315年ぶりの天元台から西吾妻・若布平周回、滋養保養山行

ようやく、初秋らしい雰囲気の西吾妻山
20200913 (2).JPG

今回の花見目的、エゾオヤマリンドウもたくさん見ることが出来ました。20200912 (8).JPG

このルートは、 2005年10月以来でして、記憶も薄れ、我がブログ記事が大いに参考になった山行でした。

西吾妻避難小屋泊は、 2016年9月以来で、月日の経つのはあっという間を実感しています。

******************************

【行程】2020(R2).9.12-13

天元台ロープウェイ駅~ロープウェイ・リフト三本~カモシカ展望台~大凹~梵天岩~天狗岩・吾妻神社~西吾妻避難小屋(西吾妻山往復)

避難小屋(朝の散歩、西吾妻~梵天岩・天狗岩)~若布平~天元台ロープウェイ駅

前夜発、4号北上、白河で豪雨、コンビニで一時間休憩、雨待ち~天栄村=勢至堂トンネル~湖南町~猪苗代~裏磐梯にて車中泊

西吾妻スカイバレー経由、AM6:30天元台ロープウェイ駅駐車場着。

9/12は米沢市民感謝デーでロープエイ・リフト優待料金(往復1190円)・・・だが、天気イマイチで、来場者はほどほどの賑わい。

マスク着用(乗降・室内)

リフトから上部、視界ゼロ

流石に高標高なので、涼しく、気持ちが良い。

エゾオヤマリンドウがそこかしこで咲き誇り、主目的の花見ができ満足。

かすかな記憶の中、整備されつくした登山道・標識が、心強く、大凹の清水給水。視界ゼロなので、休憩も少なく、午前中に小屋着。
20200912 (1).JPG

20200912 (2).JPG

20200912 (3).JPG

20200912 (6).JPG


小屋の清掃、日帰り休憩者数人と挨拶

二階の定位置に荷物を広げ、温かいコーヒーを沸かし、パンの昼食。

まだ、雨も降っていないので、今のうちにと、西吾妻山頂往復。チングルマ残り花一輪。
20200912 (4).JPG

木道湿原へ戻り。若布平分岐方面散策

オヤマリンドウ
20200912 (10).JPG

20200912 (9).JPG

ネバリノギラン
20200912 (11).JPG

小屋へ戻り、空は霧雨模様の雨。心の人と共に、ゆっくり休養保養滋養。
20200912 (5).JPG

*********************

深夜に目覚め、表へ出てみると、三日月に満天の星空、冷え込みも弱く、暫し、星を眺める。

翌朝、未明起床。荷物をまとめ、軽装で朝の散歩

磐梯山
20200913 (1).JPG

今日は磐梯山・大朝日と、雲多めながらも展望もあり、気持ちよく、貸し切りの山頂界隈を歩く。

人形石方面と大朝日連峰
20200913 (3).JPG

避難小屋と西大顛
20200913-1.JPG

吾妻神社に朝の参拝、休憩。展望にも満足し、小屋へ戻る。
20200913 (4).JPG

大ザックを担ぎ、小屋を後に、若布平コースへ向かう。

ゴゼンタチバナ
20200913 (5).JPG

刈払いが有り難い若布平コース、石ゴロゴロの急坂道を終え、なだらかな道のりに変わる。若布平付近のダケカンバの森が印象的だ。

ブナ林からカラマツ林、杉林と変わる、麓もすぐそこ。

交差する人もなく、車道着。

ロープウェイ駅への登り返しも、車道脇のゲンノショウコ・萩などを眺めているうちに駐車場着。コースタイムでここまで戻れた。

駐車場管理の方とお話しし、駅を後にする。


下山後の温泉入浴、すぐそばの、米沢市森林体験交流センター・白布森の館(405円)。狭い浴室だが、他の入浴者も居ず。ゆっくり体を温める。

帰路の行程、西吾妻スカイバレー・裏磐梯~吾妻ゴールドライン~磐梯河東道の駅にて休憩~湖南町~勢至堂トンネル~天栄村・西郷村~4号線南下、夕方、無事帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント