4/3四年ぶりの再訪、カタクリを愛でに弥彦・角田

やはりこの界隈のカタクリはまた、格別ですね~・・
20210402 (5).JPG

弥彦では思いがけず、登山道脇に白いカタクリの花
20210402 (7).JPG


大好きな花の新潟の里山、弥彦・角田も、振り返れば四年ぶり、2017年と同行程でした。

【行程】2021(R3).4.3(土)晴れ

午前中、八枚沢登山口~雨乞尾根~能登見平~弥彦山山頂~妻戸尾根~八枚沢

午後、浦浜登山口~浦浜コース~角田山(往復)


今週は黄砂も降って、雪山は薄汚れているかも・・・新潟のカタクリも愛でたいし・・・久しぶりの弥彦角田へ・・・

前夜発、新潟の道の駅にて車中泊

朝食後、山へ向かう山麓は桜が満開・・・雪割草はお終いだな・・・・、でもカタクリは残っているだろう・・・ほかの花は???先着車4.5台の八枚沢登山口付近駐車

歩き出し・・・

いつも場所で、コシノコバイモ
20210402 (1).JPG

沢から雨乞い尾根への取り付き、急坂の道、カタクリ終盤の様子にガッカリするも、トキワイカリソウが沢山咲き乱れている
20210402 (2).JPG

20210402 (3).JPG


スミレも沢山咲いている。


早くの下山の方数組と交差、挨拶。

カタクリの群生にミチノクエンゴサクの群生が混生している。ニリンソウもチラホラ開花。
20210402 (4).JPG


カタクリ最盛期過ぎに訪れたのは初めてなので、イカリソウ&エンゴサクの花畑、これはこれで楽しめる。



尾根に出ると豊富なカタクリの群生に心惹かれる
20210402 (6).JPG

能登見平から先、マンサク・オクチョウジザクラの花、カタクリに雪割草が混ざるも、残り花で確認するのみ。・・・と、思いがけず、白花カタクリを見つけ嬉しくなる。
20210402 (7).JPG

乾いた山頂部の登山道、青紫のキクザキイチゲを見送り、賑わう山頂広場の一角、行動食の休憩。
20210402 (8).JPG

落ち着いたところで妻戸尾根経由の下山、こちら側から登ってくる方との交差も多い。

残り花の雪割草と盛りのカタクリ、キジムシロを愛でる。
20210402 (9).JPG

最後の急降下、途中のシュンランの大株を確認、駐車地へ戻る。
20210402 (10).JPG

駐車地にて休憩、早めの昼食。角田山・浦浜登山口へ移動。


駐車場は早出の方の抜けた分の駐車スペースが空いており、無事、納車。歩き出す。

浦浜コースもカタクリは最盛期過ぎ、スミレが大群生
20210402 (11).JPG

20210402 (14).JPG

20210402 (13).JPG

ヒトリシズカの群生を見つける
20210402 (12).JPG

盛り過ぎのカタクリ畑で意気消沈、浦浜コース往復で山頂は止めて帰ろうかとも思う。
20210402 (20).JPG


五か峠・灯台コース合流後、山頂への道沿い、盛りのカタクリ花畑を見て元気回復
20210402 (16).JPG

20210402 (17).JPG


ショウジョウバカマも綺麗な花で迎えてくれる
20210402 (18).JPG

賑わう山頂広場、空いているベンチで昼寝数十分

往路を、ゆっくり花撮影しながら戻る
20210402 (19).JPG

20210402 (15).JPG

こちらのミチノクエンゴサクも可愛らしい
20210402 (21).JPG

空いてきた駐車場にて、荷物の整理。てまりの湯へ移動、入浴休憩。

三条の岳友宅へ立ち寄り、暫し歓談。

移動、天気予報で、翌日は天気が持ちそうな北関東へ戻るつもりも、流石に疲れ果て、新潟県内の道の駅にて車中泊。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント