自分の山データ分析

速報です。つい先ほど、関係筋からの連絡によりますと
テントミータカさんの過去の山日数1,800日強のデータ入力が完了、一部公開されたそうです。

**************************************

では早速、公開データを分析してみましょう。

(総入山日数から山域、県別ベスト5)
                長野>新潟>山形>栃木>群馬>山梨

(最近の過去五年で     〃)
                長野>新潟>山形>栃木>山梨>福島

(最近の過去三年で     〃)
                山形>長野>栃木=新潟>群馬


過去五年間の山域ベスト10、()は日数
※山域分類の不備があるかもしれませんが

                  1.白馬以外の北ア(50)
                  2.大朝日(39)
                  3.八ヶ岳(35)
                  4.白馬(31)
                  5.飯豊(31)
                  6.南ア(27)
                  7.下越(24)
                  8.日光(23)
                  9.月山(17)
                  10.奥秩父(16)

**************************************

解説は、テンプラミーさんにお願いします

さすが日本を代表する山岳県・長野県ですね。渋山地味山好きのテントミータカさんでさえも、堂々の一位です。

新潟・山形県あたりが出てくるのは、飯豊・朝日連峰を好む結果と言えそうです。やはり関東圏よりも自然が豊富な山域なんでしょうか。

とはいえ、これも重要なファクター、「近くて通い易い山域」と言う事で、群馬・山梨・栃木もしっかり残っていますね。

過去五年間の山域ベスト10は、ほぼ予想通りの結果でしたね。三位に八ヶ岳が来ているとは、当人も意外だったそうです。関東圏の冬の定番山域ですから、テントミータカさんもごく普通の登山者動向という事でしょうか。

季節動向ですが、
北ア全体では81日、飯豊・朝日連峰とすると70日、この山域は夏から秋のグリーンシーズンがメイン。八ヶ岳・南ア・奥秩父78日は積雪期メイン。

この山データをどのように使っていくか・また続けていけるかどうかが、今後の注目ですね。更なる展開を期待したいところです。

**************************************

では、ここでご本人に今後の展望をお聞きしましょう

「テントミータカさん?」

「・・・・・」

「テントミータカさん?聞こえますか?」

「・・・あっ、聞こえます聞こえます。失礼しました。
 えっと~、同じ所ばっかり行っても飽きないので、今後日数は増えても、山域は変わらないと思ってます。いままでと変わり映えがしなくても、自分の体調維持が難しくなってきたので、コレまでの山行形態を維持して、マンネリノンビリ亀さんで長く続けて行きたいです。」

**************************************

スイマセン、もう、眠いので、1/20-21の山行報告は、後日

                          おやすみ~!!!(テンちゃんモード)
画像



"自分の山データ分析" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント