テーマ:蔵王

2/8蔵王の樹氷三昧、太平洋側からの滝雲を見ながら下山

  前日の続きです。  速報は→ コチラ  2/8朝、薄日の中の樹氷群 【行程】  蔵王坊平高原ライザスキー場から刈田岳・熊野岳ピークハント往復(途中、ひなん小屋一泊)  2015(H27).2.7(土)  貸切のひなん小屋の二階で宿泊準備を整え、早めの夕食らーめんを食べて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/7絶景!蔵王樹氷めぐりハイク(刈田岳&熊野岳)

 これまで何度も通った蔵王樹氷参りでも、最高の天気&最高の樹氷群を楽しむことができました。  速報記事は → コチラ  2015(H27).2.7(土)  前夜、自宅出発、一般道にて、福島県内道の駅(安達太良へ変更かもし知れなかったので)にて数時間仮眠  早朝起床、まだ元気だったので、栗子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/7-8好天の蔵王樹氷めぐり

速報です。  蔵王坊平高原ライザスキー場から刈田岳・熊野岳ピークハント兼樹氷めぐりの二日間でした。  刈田岳山頂神社にて  2/7吾妻連峰が大きく、鳥海山の頭が見えた…様な気がする **********************  山中、避難小屋一泊…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2/6樹氷な蔵王、熊野岳~名残惜しくも下山

 ♪ど~こかで~、だ~れかが~、風の中で待っている~・・・  刈田岳山頂 で休憩後、熊野岳へと足を伸ばします。              「天使の羽」と化した杭の道なりに・・・                       刈田岳方面を振り返る …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/6樹氷な蔵王、刈田岳へ

                四年ぶり、樹氷な刈田岳山頂(1758m)へ・・・・  2011(H23).2.6  このまま、モルゲンな樹氷原の撮影三昧でノンビリしたいところですが、「再訪は何年後か?」と遠征隊の悲しいサガに抗えず、稜線ピークハントへと向かいます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/6蔵王の朝

 速報に続き、蔵王お田神、モルゲンな朝の風景におつき合い願います。  2011(H23).2.6(日)晴れ  前日は、リフト終点からルート目印の杭さえも見つけるのが困難な濃霧&降雪でした  前日の悪天候は、他に歩く人も稀(地元?の山スキーヤーさん一人のみ)な程で。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2/5-6雪壁テント復活

 2/5はホワイトアウトの為、早々に幕営  2/6は晴れ                     このような朝で・・・・                 大朝日連峰とも、久しぶりのご対面               今朝の最低冷え込み、マ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山工高避難小屋@北蔵王・笹谷峠にて

 蔵王の避難小屋巡り?、南雁戸山麓・八方平避難小屋で泊まった翌々日・・     避難小屋を見るのも面白いもので、宮城山形県境の笹谷峠の一角、山工高笹谷小屋見学も楽しみでした。       ・・・・で、歩き始めのちょっと寄り道、早速立ち寄り、中を見学してみると・・・  薄暗い小屋内、看板自体もく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10/10-12速報、北蔵王・ガンド三昧な三連休

 日本海側が冴えないビミョウな天気予報でしたので、数箇所の候補・行き先は、ハンドルを握る直前まで決まらず・・・・                  ・直前の台風で稜線の紅葉が吹き飛んでもガッカリしない初めて歩く山                  ・それなりに遠征して登った充実感がする               …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10/13、快晴の南蔵王・不忘山&水引入道、周回山行詳細

   10/13…秋の行楽三連休最終日は宮城県・南蔵王。白石スキー場から、なつかしの不忘山(ふぼうさん)・初めての水引入道(みずひきにゅうどう)。展望と紅葉三昧山行。                          不忘山を眺める                     速報記事は → コチラ …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

山形・蔵王の樹氷見物・ライザスキー場から刈田岳・熊野岳

H19(2007)2/17-18蔵王の樹氷見物と刈田岳・熊野岳登頂、避難小屋一泊二日 (2/22追記、アルバム作りました。よろしければご覧下さい。アルバム一覧、またはこちら からどうぞ。) ※このコース、天気に恵まれれば、日帰りで充分に楽しめるコースです。(山中泊する人は相当珍しい) 今回を逃すと、来シーズンまで持ち越…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more