テーマ:読書

12/8干し柿完成・・・・うまか~!

 去る11/23太田原市の佐久山御殿山公園の産直で買った「愛宕柿」をベランダで柿簾  二週間(じっと我慢)経ち、美味しく「干し柿」完成!  パクパクぱくぱく・・・・消化中  こんな本なぞ、読みながら・・・・  「上杉かぶき衆」(火坂雅志 著) & 「三人の二…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

9/3「山の本」から@今日は休日出勤

 台風に影響で「山は大荒れ」と、週初めから予想もついていたので、今日は山費用稼ぎ?の休日出勤アルバイトの一日でした。  今週の自宅では、軽く部屋の大掃除(・・・って、どんな掃除か?)本棚の整理で、古い山本・資料・カタログ等の大棚ざらえ処分作業をしていました。  以前、岳友から貰った「山の本」2005年夏号 なぞ、チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9/1「小屋番三六五日」を読んで

 悶々としても仕方ない  精神安定剤代わりにブログ記事アップなぞ・・・  久しぶりに最近読んだ「山の本」のお話です  近年はテント泊・無人小屋泊ばかりの我が山行スタイルですが・・・  山を始めた頃は、営業小屋泊や自炊小屋素泊まりをしていました  「小屋番三六五日」人と自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「単独行者」@最近読んだ本

 図書館にリクエストした本が手元に届き、一通り読み終えるまで三週間必要でした。  ※取り置き時間が多くて、読んだ時間は、就寝前のひと時、三日間程(笑)  今月号のヤマケイの対談(著者:谷甲州&登山家:山野井泰史)でも取り上げられている、「単独行者(アラインゲンガー)新・加藤文太郎伝」  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「たった独りの引き揚げ隊」@最近読んだ本

   内容は、悲惨な話が多いのだけれども、痛快でもあり、読後、爽やかな印象が残った本でした。   家人さんのお話だけじゃない、こんな「満州引き揚げ体験」もあったんですね・・・。   「たった独りの引き揚げ隊 ー10歳の少年、満州1000キロを征くー」 石村博子著  ・・・山帰りのラジオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「狩猟サバイバル」@久々に山の本

 文庫本「山の自然学」途中で放置状態ですが・・・  久しぶりの一気読み、山関係の単行本「狩猟サバイバル」  「サバイバル登山家」 以来、二冊目の服部文祥さんものです。  いつもの図書館にリクエストして、お応えいただいたもの(やったね!)  イワナ釣りから鉄砲撃ちに進化?した、マ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

秋に読んだ本

 ★夏山が忙しくて、読書速度が進まず(本読みもかい?)、三ヶ月かけて・・・・・・黒部の太陽「新装版」、本木正次著  ※伝説の親方、笹島組の社長の文章=当時の事情証言があって、更に良かった。  ★一晩徹夜で一気に・・・「半落ち」横山秀夫著小説らしく、読後感爽やかな感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマケイ9月号を読んで&トムラウシ遭難

    図書館で、今月号(9月号)ヤマケイをさら~っと眺めてきました。  「信仰の山」特集ですよ。  私的イメージで信仰の山といえば・・・御嶽山・七面山・男体山・月山・白山・立山・甲斐駒・富士山・飯豊山・蔵王・金峰山あたり。 **************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『高熱隧道』@吉村昭自選作品集読書中

   フジテレビの特別記念ドラマ『黒部の太陽』をDVDに撮り、楽しく拝見しました。  ドラマのエピソードで『高熱隧道』のシーンが出てきたのですが・・・  今年に入って「吉村昭自選作品集(全十五巻)」をチョコチョコと読書中です。、たまたま『高熱隧道』の入っている第5巻が手元にあり。一気に読みました。  ・・…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハゲタカⅡ@最近読んでいる本

   寝る前の睡眠薬代わりに本を読む昨今ですが。  図書館から借りた「ハゲタカⅡ」文庫本二冊&黒本(吉村昭自選作品集)四冊が枕元に・・・  「ハゲタカⅡ」上巻が読み終わり、いま、下巻に入りました。         日光ビジターセンターで貰ったパンフレットは、オジロワシ「ハゲタカⅠ」エピソードに出てくる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書、「蛍」&「夏の流れ」

   最近読んだ本の覚書です。  ブログ仲間のnoritan様の記事に触発され、図書館からこの二冊を借りて読みました。  中央文庫の「蛍」吉村昭著  好きだったNHKドラマの「破獄(主演緒方拳、津川雅彦)」の原作者位の知識で、はじめてこの著者の本を読みましたが・・・面白かった~(使用語彙が貧相でスイマセン)。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハゲタカ(文庫本)を借りました

   月刊誌「小説現代」に連載中の、真山仁氏の「レッドゾーン」も、いよいよ、佳境に入り、アカマ自動車(株)を巡って、柴野さんと鷲頭さんが対峙しそうな様子です。  昨年12月、図書館に予約していた(相互貸借)ハゲタカ単行本です。本日、「ご予約の本が届きました」という事で、借りに行くと・・・・   …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「天地人(てんちじん)」関連本を読んでいる途中

   図書館でも来年の大河ドラマ関連本が目立つ場所に置かれています。  今年の「篤姫」は、最終回の直前・48回「無血開城」・49回「明治前夜の再会」が面白かったな~とか思いながら、天地人関連の本を借りてきました。  主人公「直江兼続」の甲の前立てが「愛」文字ですから、目立つのなんのって。「愛染明王」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマケイ一月号を読んで

   例年、「山の便利帳」が欲しくて買うようなものですが・・・今年は諸般の都合により、図書館でがまん・・・  新製品・新登山道情報などをカタログ的に楽しむ肩の凝らない目的なら、正月号のヤマケイは充分にご期待にそえます。  炬燵に入ってのんびり読むのに相応しい内容は、例年通り、買ってもよい(ビミョウな言い回しだな)本誌。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「逆説の日本史」@今年読んでいる本

   今年は、井沢元彦氏著の大長編「逆説の日本史」単行本(現在15巻まで)をチョコチョコと読み進んでいます。   ※邪馬台国から始まる、著者曰く「通史的考察」の歴史本です。  飛鳥・平安時代(天智天皇・桓武天皇)、室町時代(南北朝時代)あたりで挫折しそうになりましたが・・・・  ようやく元禄時代(第14巻…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

山の博物誌@最近読んだ本 & 書置き

未来日記です。  「山の博物誌(実業之日本社)西丸震哉氏著」 は、すでに、クラシックな山の本の部類に入るのでしょうか??。著者が、あの「41歳寿命説」著者というのは知っていましたが。数年前「机上登山」を手に取り、読み始めてすぐにつまらなくなり放り出して以来、氏の山の本は、まったく興味が持てませんでした。  最近、ちょ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤマケイ8月号/9月号/10月号を読んで

↓まったく個人的な好みによる私見です。(普段、図書館で読むものですから)  ★ヤマケイ「山と渓谷」8月号・・・図書館で読めば充分な内容かな??  ★ヤマケイ「山と渓谷」9月号・・・「地図読み特集」財布に余裕があれば買ってもいい内容かな??    さて、★ ヤマケイ「山と渓谷」10月号・・・「秋山一泊特集」財布に余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひとりぼっちの叛乱」最近読んだ本

 古本屋で買ってきて、書架で熟成?、やっと読み終えました。※山記録のまとめが停滞中ですけど・・・                       「ひとりぼっちの叛乱」豊田和弘著、山と渓谷社  既にご存知の方も多いと思います(私も昔、図書館で借りて詠みました)が、新潟中越、巻機山山麓、清水集落の民宿「雲天」の親父さん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤマケイ4月号を読んで

ヤマケイと岳人が並んで置いてある書店で、サラ~っと、立ち読みしてきました。             ※ついでに「新ハイキング」も並んでいると良かったのですが・・・   ヤマケイさん、4月号らしく桜満開の表紙、いい雰囲気を醸し出していますね。            ヤマケイのHPは →コチラ  内容は、特集「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クライマーズ・ハイ」「蘇る白瀬中尉」最近読んだ本二冊の感想

ようやく読み終えました、二冊★★ ★ 「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫著  ようやく読み終えました。ラストが同じ「主人公の左遷」といえども、草津支局左遷の「クライマーズ・ハイ」の方が後味爽やか。数ヶ月前に読んだ「沈まぬ太陽」の主人公の海外左遷は、どうにもドヨーンと後味が悪く、あわただしいラストへの話の進め方も説得性に乏し…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

最近読んだ本「母が泣いた日」&ヒヤシンスの花

遠出された方は、交通混乱で大変だった先週末でしたね。海・山・平地で被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。 最近読んだ本 ヤマケイ3月での短期連載最終回の本多勝一氏の単行本「母が泣いた日」が、図書館にあったので、暫く読んでいました。 ヤマケイ短期連載最終回について関連記事は→ コチラ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヤマケイ3月号を読んで

図書館で、「ヤマケイ三月号」を読んできました。     ヤマケイ三月号参照HPは →コチラ 低山特集ですね。春ですから、のんびり日だまりハイキングにふさわしい特集でしょう。  ↓★★・・・気になった山二つ ★長野県上田市の太郎山(たろうさん)  表参道・裏参道コースが載っていて、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

最近読んだ本「アムンセンとスコット」 &書置き

アムンセンとスコット 子供の頃、教科書の抜粋で、スコット隊の最後の様子を読み、感動したものですが(記述内容もスコット寄りの表現でした)。 今回改めて、この二冊を読んでアムンセンさんは、偉大な探検家だったんだなと、つくづく感じ入りました。 ★「アムンセンとスコット」本多勝一著(県内の他図書館からの相互貸借) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/22日記、猫のワクチン接種とヤマケイ2月号読後感

猫のワクチン接種 テンプラ物語が始まり なんやかんとやと、あっという間の一年でした。 プラさん、今日は年に一度の「五種混合生ワクチン接種」を受けてきました。 7歳のプラは人間の年齢に間然すると換算すると、48歳バリバリの中年猫! 体重は4.5キロ、堅肥り猫に逆戻り(昨年と変わらず)・・・病気一つせず、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

12/27最近読んだ本

12月は体調不調で、山歩きにもセーブがかかりましたが、おかげ様で、読書に励めます。                     ※近所に図書館があって幸せです。 先週はこの三冊 ★「御巣鷹の謎を追う」米田憲司・著 ・・・日航機墜落事故の最新版ドキュメンタリー本。最新の証言事実、ボイスレコーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマケイ1月号を読んで

数日前、「山と渓谷1月号」が届きました 「1000人の読者アンケート」結果が大特集ですから、テントミータカもその恩恵に預かりました。嬉しいですね~。 ※近年のヤマケイはショボいので、アンケートに応じた時でも、掲載誌が贈られるかどうか半信半疑だったもので 毎年、1月号「山の便利帳」が欲しくて購入しているので、ホン…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more