テーマ:新潟の山

8/2朝の天狗の庭・黒沢池経由下山(二日目)

黒沢池周辺のワタスゲが見事でした。 速報記事は → コチラ 初日の記事は → コチラ 2020(R2)8/2 高谷池テント場(天狗の庭散策)~茶臼山~黒沢池~富士見峠~笹ヶ峰駐車場 未明起床、ゆっくり朝食。朝の天狗の庭へ散歩に出かけます。 朝の火打山 焼山 朝の高谷池ヒュッテ・テン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/1曇天・降雨・晴れの高谷池ヒュッテ・火打山(初日)

天気予報はイマイチなれど、夏山テント初めは、通い慣れた、高谷池ヒュッテテント場で、火打山・黒沢池の花巡り 心の人がクジャクチョウになって舞い降りてきました。 速報記事は → コチラ 昨年初秋の同行程、展望の良い記事は → コチラ 前夜自宅発、軽井沢・菅平・須坂経由、途中、道の駅にて車中泊。 【行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/1-2夏山テント泊初めの山

8/2天狗の庭にて・・・ 8/1AM9:30高谷池ヒュッテ受付時に、既に40張りと、予想以上にテント場争奪戦が激しいテント場でした。 (幸い、定位置の場所がシングルウォールテント一名分、空いていた) 8/2黒沢湿原のワタスゲ群生、間に合いました。 詳細は?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6/20-21利根川水源の山へ・・・

梅雨時、恒例の山へ・・・ 6/21朝のお散歩、左奥、中の岳、正面、大水上岳  2018年、降雨の記事は→ コチラ  2017年、快晴の記事は→ コチラ 【行程】 2020(R2).6.20-21  南魚沼市十字峡登山口~林道~丹後山避難小屋・丹後山~水源碑・大水上岳・兎岳(小屋泊)往復 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/6-7再び、登頂時のみ晴れの妙高山

昨年と同ルート・行程です。  昨年の記事は、→ コチラ 今年も二日目の朝~登頂時のみ晴れました。 前夜発、渋川~長野原~菅平~信濃町道の駅にて車中泊 【行程】2020(R2).6.6-7 ※道中、羽虫多し、虫よけ対策必須なれど、野鳥のさえずりが賑やかで楽しい。  6/6、妙高高原、いもり池ビジター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/30-31再び、八海山へ・・・

今回は、千本檜小屋まで・・・ すっかり新緑の山となりました。  前回5/2-3以来、一か月ぶりの八海山 2020(R2).5.30-31 【行程】 大崎八海山尊神社~霊泉小屋~ロープウェイ山頂駅上展望台~女人堂(泊)~薬師岳・千本檜小屋(往復) コロナ対策、アルコールジェル持参、虫よけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/2-3八海山へ・・・

積雪状態がイマイチ不明なので、慣れ親しんだ、八海山へ・・・ 女人堂泊りの八海山は二年ぶり、その時の記事は → コチラ 昨年11月以来の久しぶり避難小屋泊、コロナ対策の為、アルコールジェル持参(貸し切りの一夜) 女人堂直下、胎内くぐりから小屋までの夏道を覆い隠す、脆い雪と藪のミックス急坂(冬ルート)、大ザックでの登降…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/21貴重な雪山日和は日白山

2020(R29)3.21  昨年に続き、定例地、東谷山・日白山稜線往復 復路、東谷山山頂から望む日白山方面 今回は快晴ながらも・・・積雪量不足気味(下部、鉄塔からブナ林の尾根への雪庇が一部藪歩き)・・・ 東谷山山頂で小休止、日白山まであと一時間ほど・・・ 流石に山頂近くになると、か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

11/24大力山で虹を見る

久しぶりに山で虹を見ました。 2019(R1).11.24雨のち晴れ  粟が岳山行後、車中泊の朝を迎える。 予想外の小雨模様で、今日の山は中止にして早目の帰宅か??足元のスパッツを外そうとするも、 2008年11月以来の11年ぶりの大力山なので、心の人との思い出も懐かしく、長傘でも歩けるだろう・・・・と、宝泉寺の登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/23初冬の粟が岳

週末の予報が新潟のみ晴れマーク・・・タイヤもスタッドレスに交換したし、先々週の御神楽岳から拝んだ粟が岳を登らないのも寂しい。山麓の残り紅葉もあるだろう・・・急遽、向かうことにする。 直前連絡で、あいにく三条の友人とは都合がつかず、会うことはできなかったが、山頂部の新雪、稜線の強風、日帰り&泊り装備の方々と交差、人気の粟が岳を無事歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9/7-8初秋でも猛暑の高谷池テント泊で火打山、リンドウ三昧

新テントの張り初めで、 昨年7/21-22以来再訪の高谷池・火打山へ行ってきました。  黄金色に光る高谷池の池塘 2019(R1).9.7-8  定例のアプローチで、AM6:10登山口出発。入域料の実証実験で声をかけられたが、強制でもないようだし、昨年の徴収金の明確な使用結果が不明なので、保留とする。  通い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

8/3-4猛暑でも花三昧、巻機山

8/4ネコブ・下津川の稜線越しに日の出 花は、コバイケイ・キスゲ・ハクサンフウロ・タテヤマリンドウ・キンコウカはもとより、残雪跡にはイワイチョウ・ミヤマユキノシタ・ハクサンコザクラ・イワカガミと沢山の花々が雲上の楽園で咲き誇っていました。  猛暑で人出もそれなりかな?、前夜発避難小屋泊 一年ぶりの巻機山です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6/22-23登頂時のみ晴れの妙高山

6/8-9は降雨の避難小屋泊のみの滋養保養山行 6/16は名残のレンゲツツジ花見の半日ハイク  そろそろ、まともに歩きたいな・・・  ・・・雨でも、行くだけで気分転嫁になるさと・・・デジイチは自宅待機、メモ代わりにコンデジ装備で  昨年同行程にて、妙高山を歩いてきました。  6/23光善寺池からの妙高山山頂 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/1-2飯豊のハクサンイチゲ詣で、頼母木・杁差岳

九年ぶり再訪、足の松尾根から頼母木・杁差岳でした。  九年前の二泊三日行程記事は → コチラ  さすが人気の花ルート、道中、お会いした方で親しくお話しさせていただいた方々は・・・   ヒメサユリの大朝日山頂小屋で同泊、 ワタスゲの高谷池・笹ヶ峰下山途中で再会の、こちらが本拠、地元新潟の岳人様と再々会!。  駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/29大崎八海山神社から四合目まで

2019(H31).4.29   前日の日向倉山の疲れが抜けないので、今日は、山頂をめざさない花を楽しむ山歩き  大崎八海山尊神社から霊泉小屋経由、行ける所まで・・・結果、四合目(ロープウェイ山頂駅)までの往復  通い慣れたルートでしたが、今年の寡雪(四月からの降雪、前々夜の新雪)で、霊泉小屋から先は残雪。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/28新雪の日向倉山

2019(H31).4.28晴れ   昨年に引き続き・・・行かないと気が済まない、日向倉山  山頂から、未丈が岳の眺め  深夜、自宅発。三国峠降雪の報に、夏タイヤの我が愛車、登山口まで届くか?休憩・様子見ながら、、明け方、新潟入り。  奥只見シルバーライン入口の駐車場にて準備。気温が高いので凍ってはいないだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/3曇天でも歩けて幸せ、東谷山・日白山

2019(H31).3.3  北関東よりも新潟側の天気が持ちそうなので、残雪期の定例地、 昨年3/18以来の、二居峠から東谷山・日白山を歩きました。  東谷山山頂部から日白山を望む  宿場の湯脇の駐車場に一番乗り。昨日の雪の様子から、ワカンは不要だろうと、ピッケル(アイゼンはお守りにザックに詰め込み)片手に出発時・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/4日本平山途中撤退、ダム湖畔紅葉巡り

2018(H30).11.4   粟が岳山行の翌日は、日本平山へ向かいましたが、登山道崩落個所は通過できたものの、金が谷の渡渉点で撤退、ダム湖畔へつり道往復で紅葉と景色を楽しみました。  二十数年前は無事登頂、 前回2011年はトコヤ先のブナ林まで歩けましたが、今回は更に道が荒れていました。  夜明けと共に登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/3錦秋、山閉い行事の粟が岳

好天気予報の週末、新潟の山の天気も良さそうなので、久しぶりの遠征(やや体調不安もあり、泊り山行は控え、日帰り二山)  粟が岳は→ 2013.6/15-16ヒメサユリ山行以来  同行程(小屋一泊)の紅葉山行は→ 2008.11.3-4以来  ・・・・月日の経つのはあっという間で・・・  一日快晴、粟庭先の鞍部から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/28-29キンコウカ満開の巻機山へ・・・

2018(H30).7.28-29 ブーメラン台風12号で、当初は週末の山行をあきらめていましたが、金曜の夕方の直前予報で、新潟の避難小屋のある山ならどうにか・・・?と、急遽出かけることにしました。  昨年ワタスゲ満開の山の、今年はキンコウカ満開でした。  7/28午後の巻機山、見事なグリーンの山肌(前巻機山山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/21-22暑かった、火打山(高谷池ヒュッテ・テント泊)

好天の為、心の人と共に、二週連続テント泊(ゴアじゃないシングルウォールテントでも凌げそうなので)  昨年同様、高谷池テント泊  7/22朝の天狗の庭にて・・・ 2018(H30).7.21-22 前夜自宅発、途中、道の駅にて車中泊。未明起床。 笹ヶ峰林道通行時間AM5:00過ぎに入場,AM5:30駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/17展望とハクサンチゲ満開の平標山&仙の倉山

2018(H30).6.17   昨年に続き、ハクサンイチゲ詣での再訪です。  仙の倉山登山道沿いのハクサンチゲ花畑から平標山を望む  新潟方面に大きく張り出した高気圧・・・・未明起床、自宅発。  今にも降り出しそうな曇天霧雨模様の雲に、月夜野IC付近で行先を暫し迷うも・・・  朝の三国トンネルを抜ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/9-10雨の中、利根川水源の山へ・・・

下山時にようやく展望が開けてきました。  中の岳稜線 天気予報とにらめっこ、体力テストと天気イマイチで静かに山を楽しめるでしょう・・・と、昨年同様、定例地へ避難小屋一泊で・・・ 2018(H30).6.9-10 【行程】  南魚沼市十字峡登山口~林道~丹後山避難小屋・丹後山~水源碑(小屋泊)往復 6/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6/2-3、九年ぶり登頂、妙高山

2018(H30).6.2-3  今まで、新緑と残雪の季節に、山麓の池の平温泉から大谷ヒュッテ経由の妙高山山行は数回歩いていますが、登頂は稀で(残雪、トラバースが危険なため)、 2009.6.7以来、九年ぶりの登頂となりました。  やはり、今年は雪解けも早く、残雪の山歩きの時期も短いようですね。  装備は避難小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/28-29大崎里宮から八海山(不動岳まで)

 体力にやや不安ありながらも・・・・、4年ぶりの残雪と新緑の八海山詣で  4/29朝の不動岳から望む、阿寺山・ネコブ・下津川、巻機山  雪山装備はピッケル&アイゼン、真夏並みの陽気なので服装は夏モード  4/28は地元遭対恊の皆さんの入山・小屋明け・登山道管理日でもありました。  未明の北関東から魚沼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/1阿寺山

2018(H30).4.1  阿寺山山頂から望む、ネコブ山・下津川の稜線 【行程】広堀橋(除雪終了点)~阿寺山(冬ルート尾根道)往復  前日の山行疲れで、やめようか?とも思えど、晴れの空模様に、「行けるところまで・・・」  六年ぶりの阿寺山へ向かいます。  六年前の一泊山行の記憶は→ コチラ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

3/31日向倉山と六万騎山(花見)

2018(H30).3.31  体力のあるうちに、心の人との想い出の山巡り  深夜、自宅発、明け方、新潟入り。  奥只見シルバーラインAM6:15入り、トンネルを抜け、銀山平入り、登山口AM6:30着。  先着の車10台ほど、まだ、路肩にスペースがあり、駐車します。数名の方が歩きはじめています。  AM6:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報、3/31-4/1日向倉山と阿寺山

2018(H30).3.31ー4.1 天気の良い週末、下界の暑さに参り、「山へ涼みに行こう」と、心の人との想い出多き、二山を歩いてきました。 3/31は奥只見シルバーライン開通早々に、銀山平から日向倉山  ※堅雪で快調に歩けました。  山頂から未丈が岳(未丈が岳へ足を延ばす人も数組おられました)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/18二居宿から東谷山・日白山往復

2018(H30).3.18  絶好の山日和、残雪気限定のルート、心の人とよく通った(山中泊)、日白山を歩きました。  東谷山から望む日白山  AM6:40、宿場の湯手前の駐車場から歩き始め(ワカンとアイゼンをザックに括り付け・・・結果、未使用保険でした)。  勝手知ったる道のり、はっきりとしたトレースも多々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/17弥彦山&角田山で霧氷と花めぐり

2018(H30).3.17  雪割草開花の報に・・・・未明自宅発、一部高速を使い、新潟へ向かいます。 山は曇天、弥彦へ登ってから角田山へ向かうことにしました。 まずは、弥彦山  【行程】西生寺裏参道コース(往復)  真冬並みの気温で、山麓は雪解けしたばかりの様子、キクザキイチゲも雪割草も蕾。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more